ブラコンライフ 01

<平日のモーニングルーティン ~ver 妹がまだ起きていない朝~>


 365日、朝から異常なブラコンである妹に、愛される兄の気持ちをちょっとだけ聞いてくれないか。


 朝起きると、まず御対面するものが妹です。

 俺の上に妹が乗っていたり、隣で体を絡ませてすやすや寝ていたりします。いつ潜り込んでいるのか気がつく時もあれば、気がつかない時もあります。妹が寝ている場合は、そのままそっと寝かせたままにします。なぜなら、妹の寝起きは最悪だからです。珍しく俺より先に起きている時もあります。その場合は、頭を優しくそっと撫でてあげましょう。


 今日は、まだ隣ですやすや寝ているので、そのまま妹を放置し、俺は顔を洗い、歯磨きをして、コップ一杯の水を飲む。この一連の動作を行い、ソファに座り、今日の予定をチェックする。


 「今日の予定は、打ち合わせがあって、それから~・・・」


 予定を確認した後、朝食を食べ、支度を終える。

 書類の確認をしている頃に妹が起きてきた。

 まだ寝起きの妹は、あくびをして、ふらふらしながら俺に抱きつく。


『はぁ~・・・おにぃーちゃん、おはよ~・・・』


「おはよ。よく眠れたか?」


 俺は、妹の頭を撫でながら、挨拶を交わす。

 妹は、うん。と返事をした後、そのままソファに向かって横になった。


 時刻を確認すると、そろそろ家を出る時間になった。


「じゃぁ、行ってきます。」


『あっ、待って、おにぃーちゃん。』


 妹に呼び止められ、俺が振り向くと、ソファで横になっていたはずの妹が勢いよくジャンプし、そのまま抱きついてきた。


「えっ、ちょっ!!」


『忘れてたでしょー!』


「忘れてないよ。ソファに横になっていたからそっとしておいたほうがいいのかなーって思って・・・」


『そっか・・・忘れてたわけじゃないんだね?』


 妹の機嫌が拗ねる前に、俺は妹と目線を合わせるようにしてしゃがみ、微笑みながら頭をやさしくなで、ほら、と言いながら両手を広げ妹をハグする。

 

 ((朝から何やってんだ、俺は。))


 今日は、寝起きだったこともあるのか、機嫌を損ねることなく事なきを得た。

 俺レベルになれば、このくらいの対応は朝飯前。


「あ、そうだ。朝ごはん用意してあるから、良かったら食べて。」


『うん、わかった。ありがとう。おにぃーちゃん。』


「どういたしまして。あーごめん、もう時間だから行かないと。」


『うん、行ってらっしゃい。気を付けてね。』


「行ってきます。」


 妹との朝のコミュニケーションを終え、仕事へ向かう。

 


 出かけるときの恒例イベント。俗にいう、同棲、新婚カップルが憧れるシチュエーションとか言っていたり言ってなかったり、実際にやっていたりやってなかったりするアレの兄妹版である。

 まぁ、キスではないだけまだなんとかやっている。

 唇はない(はず・・・)が、時々、頬とかに一方的にされることもある。もちろん、俺はしない。

 正直、ハグもやりたくない。なんてこんなこと、妹には口が裂けても言えないが・・・。


 行ってらっしゃい、行ってきますのハグをいつからやっているのかわからないが、妹と必ずすることになっている(らしい)。もちろん、おかえり、ただいまのハグもある。なんなら、おはようのハグ、おやすみのハグだってしている。これについて、俺はもう何も感じなくなっているのだが、俺はもう手遅れなのだろうか。妹に洗脳されて、普通の男ならドキドキすることも、ドキドキしない俺は、もう手遅れなのだろうか。でも、きっと相手が妹だから何も感じないのは当然だと、そう思うようにしている。


 たとえ、俺と妹が本当の兄妹でもなく、血の繋がっていない全くの赤の他人だとしても、俺と妹が家族であることは事実だから。


 妹の異常なブラコンのせいで、おかげで?女性とのトラブルが起きないのはありがたいが、そもそも、俺に異性と交流があったとしても、全て男女の関係になることが、ほとんど起こりえないのだ。その原因が、妹に握られているとは、俺は知らずにこれまで生きていた。女性とドキドキするシチュエーションにまで事が発展しなかったり、それとも、俺が鈍すぎるのか、ドキドキするシチュエーションというものが、どういうものなのかわからなくなっている。


 この妹の異常なブラコンの件について、兄としてどうにかしたいと切実に思っている。


 以上が、ブラコンを異常にこじらせた妹がいる俺のモーニングルーティンだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます