第9話 結集する戦士達


 ――遡ること、数分。


 地球を発ち、威流が消息を絶った宙域に舞い戻った竜也と円華は――件の惑星で、凄まじい光景を目の当たりにしていた。


「……!? 竜也、あれは……!」

「おいおい、嘘だろ……!」


 エースを撃墜し、自分達を恐怖に陥れた大怪獣。その獰猛な牙が、星を囲うバリアに食らいついていたのだ。

 自分を発見している2機のコスモビートルなど、まるで意に介さず。全てを穿つ「侵略」の象徴は、星の一部すらも食い破ろうとしていた。


「バリアを……喰ってる……!」

「……威流があの星にいるのかはわからねぇが……あの大怪獣がバリアを食い破ってまで欲しがる獲物が、あの先にあるらしいな!」

「もうダメ……破られる!」


 仕掛けるなら、絶好の機会。しかし大怪獣は、コスモビートルのレーザー砲を背に受けても全く反応せず――ついに、そのままバリアを喰い破り、星の中へと進入してしまった。


 その瞬間を目撃した2人は、操縦桿を握りしめ――大怪獣を追うように、星の重力下へと突入して行く。青と黄のコスモビートルが、流星となって異星の血を目指して行った。


「入っていった……! バリアが……!」

「――追うぞ円華! 威流があそこにいるとしたら、今度こそお陀仏だ!」

「えぇ……!」


 目的はただ一つ。威流の救出、ただそれのみ。彼らはかけがえのない仲間との再会を夢見て――長らくベールに包まれていた惑星の中へと、踏み込んで行くのだった。


(威流……! お嬢様……!)


 そして。円華は突入の瞬間、祈るように瞼を閉じる。

 愛する人の帰りを待つ想いが、この異星の地にも届くように――と。


 ◇


 ――同時刻、地球では。


「……」


 日本の首都、東京にて――獅乃咲家の屋敷から、青空に彼方を1人の少女が仰いでいた。その隣に寄り添う母は、そんな娘の横顔を物憂つげに見守っている。


「葵。空ばかり眺めていても、何も変わりはしませんよ」

「お母様……」

「そろそろ部屋に戻りなさい。貴方への縁談の写真が、山積みなのですから」


 ――日向威流が戻らぬ以上、周囲は彼を死んだものと見なす。そして残された葵には、ここぞとばかりに縁談の話が次々と舞い込む。

 彼が行方不明になったと聞いた時から、今の状況になることを予見していた雅は、娘の将来に備えて動き始めていた。例えそれが、娘の幸せを奪うことであるとしても。


「……私は……」

「貴方は獅乃咲の家督を継ぐ義務があります。……いずれは、覚悟を決めねばならぬことですよ」

「わかって……おります」

「……」


 そんな母の思慮を、知ってか知らずか。葵は心ここに在らず、といった表情のままゆっくりと立ち上がる。か弱く、今にも倒れてしまいそうなその背中を、母は痛ましい表情で見つめていた。


(防壁に閉ざされた惑星……。円華、貴方はその可能性に賭けたのですね)


 そして、従者である「彼女」が宇宙に発ったと聞きつけた雅は。

 自分が用意した縁談も娘の涙も、何もかも「台無し」にしてくれることを祈り――部屋に戻って行く葵に代わって、空を仰ぐのだった。


(どうか、必ず……連れ戻してください。帰りを待つあの子の背は、もう……見ていられません)


 ◇


 ――そして、地球から遠く離れたこの惑星では。予期せぬ「大怪獣」の出現に、神官達が騒然となっていた。

 数百年に渡り伝説として語り継がれてきた「災厄の化身」を前に、彼女達は悲鳴を上げている。


「キャアァアッ! か、怪獣がぁあっ!」

「なんで!? なんでまた、この星に!? どうしてよぉ!」


 だが、臆する者ばかりではない。逃げ惑う神官達を一括し、現場指揮を執る神官長が――眼鏡を光らせ高らかに叫ぶ。


「泣き言を抜かしている場合かッ! 総員、第1種戦闘配備ッ! 空戦艇部隊は直ちに離陸だッ!」

「し、神官長!」

「案ずるな、我々にはルクレイテ様と――主神タイタノアが付いておられる。急げ!」

「は、はいぃっ!」


 その一声に突き動かされ、烏合の集となっていた神官達は、次々と神殿付近の飛行場に駆け込んで行く。そこには、この星の数少ない「矛」である彼女達の飛行艇が配備されていた。

 丸みを帯びた白い円盤が、ふわりと宙を舞い――矢の如き速さで飛び去って行く。地球の科学では解明不能な挙動で飛ぶ、その姿は……地球で云うところの「UFO」のようであった。


(なぜあの大怪獣が……! 一体、何が起きている!?)


 神官長の素早い指揮が功を奏し、神官達はパニックに陥る前に臨戦態勢に入ることができた。……しかし、当の神官長自身の表情は暗い。

 この星の「災厄」を象徴とする、最強最悪の怪獣。その力は未だ、計り知れないのだから。


 ◇


 ――そして、聖域近辺での大森林では。赤き巨神が、外宇宙からの侵略者にいたぶられていた。


『ひぃぃい! 嫌だあぁあ! なぜ、なぜ余がこんな目にぃい!』


 頭を抱え蹲るタイタノアを、大怪獣は容赦無く蹴りつける。その痛みと恐怖、そして殺気に晒され、この星の守り神は恥も外聞もなく泣き喚いていた。

 対話の可能性など微塵も感じさせない冷酷にして獰猛な眼光が、その巨大な「獲物」を射抜いている。


「ち、父上……!」

「くそっ、もう始まっちまってる!」


 その光景を目の当たりにした威流は――居ても立っても居られず、ホルスターから光線銃を引き抜き走り出していた。


「タケル様!?」

「オレがあいつを引き付ける、ルクレイテさんはタイタノアを連れて逃げるんだ!」

「い、いくら貴方でも無謀過ぎます! あの大怪獣に身一つで何が――!?」


 そんな彼を、懸命に引き留めようとするルクレイテの眼に――空を駆ける円盤の群れが留まった。


「あれは……!?」

「空戦艇部隊……! まずい、あのままでは!」


 円盤を駆る神官達は、森の上を滑るように飛び木々を揺らす。彼女達もまた――眼前の光景に、瞠目していた。


『こちらファイター1! 例の怪獣を発見、これより――!?』

『あ、あれは……!?』


 ――そう。彼女達の眼にも、痛めつけられる主神タイタノアの姿が映されたのである。醜態を晒している、巨人の姿を。


『ファイター1、ファイター2! 何があった!?』

『し、信じられません……主神タイタノアが!』

『主神タイタノアが、襲われています!』

『なんだと!?』


 大怪獣との戦いに臨もうと、自らを奮い立たせていた彼女達だったが――そのような状況を見せつけられ、動揺しないはずもなく。


『わ、我らの守り神が……きゃあ!』

『ファイター2、気をつけろ! ファイター1、ファイター2の援護に向かえ!』

『りょ、了解!』


 火炎放射への反応が、遅れてしまっていた。間一髪回避には成功したが……大怪獣が放つ炎の凄まじさを目の当たりにした彼女達は、操縦桿を握る手を震わせている。


「このままでは……被害が出てしまうだけですわ!」

「くっ……! なんとかタイタノアがあそこから抜け出せれば――んっ!?」


 威流とルクレイテも、その威力を改めて実感し、戦慄を覚える。――すると。


 大怪獣を追うように、遙か彼方から飛来した2機の戦闘機が、その目に留まった。青と黄色の機体が、空を切り威流達の視界を横切って行く。


「コスモビートル!? ――って、あの機体はまさか!」


 彼らと共に戦ってきた威流が――その機影を見間違えるはずはない。機体のシルエットを目撃した瞬間、彼は瞠目と共に声を上げる。


「……竜也! 円華ッ!」

「大怪獣が食い破った穴から来ましたのね……! しかし、このままではあの方達まで!」

「くっ……!」


 ……だが、2機のコスモビートルが加勢してきた程度では、この戦局を大きく変えることはできない。

 現にレーザー砲が通じなかったこともあり、円華も竜也も攻めあぐねているようだった。


『あ、あぁあ……! た、民が余を見ている……余の醜態をぉお……も、もうダメだおしまいだぁあぁ……!』


 一方、なす術なく痛めつけられているタイタノアは、空戦艇の編隊を見上げ慟哭していた。見られてはならない本当の自分を、全て見られてしまった……と。

 そんな彼のそばへ、危険を顧みず威流が駆け込んでくる。息を切らしながらも、彼は打ちひしがれる巨人に声を掛け続けていた。


「ハァ、ハァッ……しっかりしろタイタノア! 立ち上がるんだ、そのままじゃ殺されちまうぞ!」

『そ、そんなことを言われても……足が竦んで動けんのだぁあ!』

「ああもう! じゃあオレが引き付けるからその隙に――うっ!」


 すると。大怪獣の火炎放射をかわしながら、2機のコスモビートルがこちらに滑り込んできた。木に当たるギリギリで高度を上げ、弧を描くように地球製の戦闘機が舞い上がって行く。

 ――その一瞬の中で。パイロット達は、地上にいた威流の姿を、己の目に焼き付けていた。


「おい……見たか、今の!」

「えぇ! 間違いない……威流よ!」

「――おぉっしゃあ! 賭けた甲斐があったぜ!」

「だけど……喜んでる場合でもなさそう……!」


 だが、再会の喜びも束の間。彼らは未だ、最大の危機の只中にいるのだ。

 あの大怪獣を倒さない限り――威流の生還は難しい。そう考える2人の眼が、鋭さを増して行く。


「異星人の戦闘機部隊に、大怪獣。おまけに巨大ロボットと来たもんだ。……上にどう報告したもんかねぇ、コイツは」

「そうね。わからないことばかりではあるけど……確かなことが、一つだけあるわ」

「あぁ。……あの大怪獣だけは、間違いなく敵ってことだな!」


 地球の常識から逸脱した、不確定要素。それらに埋め尽くされた、この状況の中で――円華と竜也は、毅然とした面持ちで操縦桿を握りしめた。

 どんな星だろうと、どんな相手だろうと。地球守備軍の自分達がやるべきことは、変わらない。


「借りを返してやるぜぇっ!」

「貴様を倒して、威流を助け出すッ!」


 その一心の元、2人は己の愛機を操り、大怪獣に挑みかかって行く。彼らの勇姿を視認した空戦艇部隊からは、驚嘆の声が上がっていた。


『……!? あ、あれは救世主様と同じ機体!?』

『し、神官長! 地球の空戦艇が2機、大怪獣に攻撃を仕掛けておられますッ!』

『なんだとッ!? 是非ともお招きしてサインを――って違う! そちらの方々のフォローに向かえ! 直ちに!』

『了解っ!』


 それから間も無く空戦艇部隊は、威流に並ぶ「救世主」である彼らをサポートすべく、その後ろについた。

 そんな彼らの挙動からその意図を察して、竜也は口元を吊り上げる。


「見ろよ、どうやら異星人さん達は味方になってくれるみたいだぜ?」

「現地民が協力してくれるなら、頼もしいわ。……さぁ、行くわよッ!」


 ――そして、今。

 地球と、この星の戦士達が――反撃に乗り出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます