第10話 赤き巨星のタイタノア

 ――全てを焼き払わんとするかの如き、レーザー砲の嵐。その豪雨に晒された大怪獣は、天に轟く絶叫と共に爆炎を吐き出す。

 その炎の防壁をかいくぐるように、地球人と異星人の合同編隊が駆け抜けた。


「そこッ!」

『落ちろッ!』


 そして、コスモビートルと飛行艇による一斉射撃が、大怪獣の顔面に突き刺さる。灼熱の閃光が、巨大な貌を覆い尽くし――


『やった! 全弾命……中……!?』


 ――空戦艇のパイロットが、歓喜の声を上げようとした。

 しかし、その言葉が終わるよりも早く……煙の中から、大怪獣の貌が飛び出してきたのだった。煙幕を突き破り、全貌を露わにしたその姿には――傷ひとつ付いていない。


『な、なんて外皮硬度なの……! レーザー砲でも傷一つ付かないなんて!』

『このままじゃ――きゃあ!』

『ファイター3! もう限界よ、脱出しなさい!』

『は、はいっ!』


 その現実に、動揺する瞬間。空戦艇のうちの一機が、反撃の火炎放射をかわしきれず撃墜されてしまう。翼から火を吹き、墜落していく円盤を目の当たりにして、威流は唇を噛み締めた。


(全弾を直撃させても、かすり傷ひとつ付けられない……! このままじゃ、被害が拡大する一方だ……!)


 一方、火炎放射を回避した円華と竜也も、険しい面持ちで墜落していく円盤を見降ろしていた。……わずか一瞬でも判断が遅れれば、彼らもこのように堕とされるのだ。まるで、羽虫のように。


「竜也、異星人の戦闘機が……!」

「火に掠っただけで翼を持って行きやがった……! やっぱデカいだけあって、火力も今までとは桁違いらしいな!」

「向こうもカバーしてあげないと! あっちの機体の方が装甲が薄いみたいよ!」

「ちっ、世話の焼けるエイリアンだなッ!」


 その威力を見せつけられ、萎縮する空戦艇部隊。彼らの戦意が大きく削がれていることを、機体の挙動から察した円華と竜也は、彼らを庇うように乗機を前方に滑らせる。

 すると、大怪獣の狙いが囮となった彼らに向けられた。仲間達の行動に焦燥を覚えた威流は、タイタノアに向かってさらに声を上げる。


「タイタノア、すぐここから逃げるんだ! 奴の狙いはお前だ、ここを離れれば少なくとも、皆が襲われる確率は下がる!」

『そ、そんなこと言われたって怖いものは怖いのだぁあ! 足が竦んで……動けんのだぁあぁ……』

「くっ……」

「父上っ……ああもう、なんて情け無いッ!」


 だが、タイタノアは恐怖に囚われるあまり、逃げ出すことすら出来ず蹲っている。そんな父の醜態に、ルクレイテは歯を食いしばっていた。


「……!?」


 ――すると。大怪獣の顎がゆっくりと開かれ……火炎放射のための「充填」が始まった。歪で荒々しい歯並びの口に赤い灼熱が滾り、収束していく。

 その狙いは――機体から脱出中の、ファイター3のパイロットに向けられていた。落下傘で森の中に降りようとしていた少女神官が、その貌を絶望に歪めている。


「――いかん! 脱出中のパイロットが!」

「竜也、援護射撃を――きゃあ!」

「円華ッ!」


 それに気づいた円華と竜也は、狙いを変えさせようと牽制射撃に移った。だが、大怪獣は火炎放射の照準を少女に合わせたまま――鋭い眼から、青白い閃光を放ってくる。

 予想だにしなかった「第2の武器」に、円華は一瞬反応が遅れ――右翼に被弾してしまった。


(不味い、生身であの火炎放射を浴びたりしたら……!)


 エースパイロットである竜也と円華ですら、近寄れない。そんな状況の中、火炎放射の瞬間は刻一刻と迫っていた。恐怖に貌を歪める少女神官を見上げ、威流は唇を噛みしめる。


「い、いやぁあぁ! 誰かぁああ! 神様ぁあ!」

『ファイター3ぃぃいっ!』


 そして、仲間達の悲痛な叫びも虚しく――火炎放射の「充填」が、完了してしまった。今にもはち切れそうなほどに唸っている真紅の灼熱が、大怪獣の大顎から溢れ出していく。


『あ、あぁああ……! し、信者……余の、余の信者がぁああ……!』


 タイタノアも、自分の信者に迫る「死」を目の当たりにして……地面を掴む手に、力を込める。それだけで大地が抉れ、木々が根ごと掘り返されていた。


(くそッ! どうすることも――ッ!?)


 怪獣軍団から地球を救った「救世主」だろうと、今はただの無力な人間。眼前の光景にそれを思い知らされ、威流までもが目を伏せた――


『うわぁあぁあぁ! やめろぉおぉおっ!』


 ――その時だった。


 威流でも円華達でも、空戦艇部隊のものでもない「叫び」が、この戦場を席巻する。


 それは……その声の、「正体」は。


「なっ……!?」

「ち……父上!?」


 これまで、怯えて逃げることすら出来ずにいたのが、嘘のように。我が身を呈して、信者の盾になる道を選んだ――この星の守り神。


 ――「主神」タイタノアだった。


『しゅ、主神タイタノアがファイター3の盾に!』

『ああ……! やはり神は、我々を見放してはいなかったんだわ!』


 その光景に、威流をはじめとする全員が驚愕していた。

 タイタノアの信者である飛行艇部隊の神官達が、恍惚の表情で主神の勇姿を崇める中――彼の実態を知る威流とルクレイテは、信じ難いものを見るような眼で、タイタノアの巨大な背中を見上げている。


(タ、タイタノアが……! 仲間を、庇った……!)

(ち、父上が……!)


 誰にも譲れない、最後の矜持。タイタノアにとっての「信者」が、それだったのだろう。自らの臆病さや弱さを知る彼にとって、そんな自分を「神」として受け入れてくれる彼らは最後の拠り所であり、居場所なのだ。


 ――信者達にとってのタイタノアが、そうであるように。


「あんた……!」

『ひ、ひぎぃいい! 熱い熱い熱い! 死んじゃう〜ッ!』

「ち、父上……!」


 ……とはいえ、恐怖を払拭したというわけではなく。少女神官が無事に着陸した途端、彼は再び泣き叫びながらのたうちまわっていた。

 だが威流の目にも、ルクレイテの目にも、その姿はもう……情けなくは映らない。


「タイタノア、あんたって人は……」

『ふぐぅうぅ! ひぐぅう! 熱い、熱いぃいぃ……が……これだけは譲れぬぅ! 余の、余の信者達に手を出すなぁぁあ!』


 そして震える脚で、己の巨体を辛うじて支えながら。赤き巨星のタイタノアは、その鉄拳を構えるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます