第8話 招かれざる客

「おい、コラ待て! 逃げるんじゃあないっ!」

『ぬぁあぁ! だから余にそんなモノを向けるな無礼者ぉお!』


 ――威流とタイタノアの邂逅から、数日。2人の「合体」は、大いに難航していた。地球人のパイロットは光線銃を手に、地響きを立てて逃げ回る巨人を追い回している。


 ルクレイテの云う「秘術」。それは、人間が機械巨人の中に乗り込み、巨人の肉体を「操縦」することを指していた。


 ――過去の怪獣軍団との戦争の中。戦いにより脳や神経を負傷し、五体満足でありながら戦闘不能に陥った機械巨人が大勢いた。力を持ちながら、それを満足に震えない悔しさは――彼らをさらなる改造へと駆り立てる。

 機械巨人族は戦いたくとも体が動かせない「負傷者」、もしくは「死者」の意を汲み、「他者が代わりに肉体を操縦して戦う」機構を作り上げると――そのパイロットに、人間と同じ体格の異星人を選び出した。

 機械巨人族……つまりは人型に最も近い種族に、「死後」の自分達の体を託したのである。


 体型が似ているということは、そのぶん手足の感覚を共有しやすいということ。それを利用し、彼らは当時の異星人達と連携しながら、怪獣軍団と戦っていたのである。


 無論、タイタノアにもその機構はある。ルクレイテは臆病ながら「力」がある父の体を、「勇敢さ」に溢れる威流に託すことで、双方の長所を両立させて大怪獣に挑もうと考えたのだ。


「……分かってはいましたが。これは中々、手間が掛かりそうですね」


 ――が。それを実行するには、まず威流がタイタノアと合体しなくてはならない。なのに、タイタノアは協力するどころか、威流を恐れて逃げ回る一方であった。

 機械巨人族にとって、生きながら・・・・・自分の体を他人に操られる、というのはこの上ない恐怖。ただでさえ臆病なタイタノアには、地獄の責め苦なのだ。


 前途多難、という地球の言葉を改めて実感し、彼女は溜息と共に目を伏せる。


(タケル様のお仲間も、この星のことには勘付いておられる様子。星の近辺に、あの大怪獣が居ることを考えると……再び戦闘が起きるのは時間の問題。それまでに、どうにか手を打たないと……)


 追いかけっこを繰り返す2人を、神妙な面持ちで眺めながら。神代の巫女は、厳かに目を細めていた。


「だーかーら! あんたがオレを自分の体内に乗り込ませれば、後はオレがその体を動かして大怪獣をやっつけてやるんだから! あんたは安心して、オレに体を預けりゃいいの!」

『直接余が戦うよりそっちの方が恐ろしいわぁあ! なぜに地球人風情に余の御神体を預けねばならんのだぁあ! 怪我でもしたらどうするのだぁあ! 保険は下りるのかぁあぁ!』


 一方。そんな彼女の思案など知る由もなく、威流とタイタノアは互いに叫びながら森の中を駆け巡る。小鳥や先ほどの猟犬など、あらゆる動物達が方々へと逃げ出して行った。


「とりあえずその上から目線やめろって! 今は強力してあいつを倒さないと、みんな殺されるんだぞ! この星のみんなだって危ないんだ!」

『……!』


 崖を飛び越し、枝から枝へ跳び移りながら、威流は懸命に叫ぶ。やがて、その声に呼応するように――タイタノアは足を止め、森を揺るがす振動が止まった。


(立ち止まった! やっぱり、この人も自分の民を守ろうっていう確かな想いが――!)


 その反応を前に、威流はようやく自分の言葉が届いたのだと頬を緩める。……のだが。


『なおさら嫌だぁあ! せっかく皆の者が、余を神と崇めてくれておるのに――もし負けたりしたら、ゲンメツされてしまうではないかぁあ!』

「……だからオレが勝たせてやるっつってんだろ! グダグダ抜かしてないで力貸せや臆病神がぁあぁ!」


 今度はさらにスピードを増して、逃げ出してしまった。筋金入りの臆病神を前に、威流は柄にもなく声を荒げてしまう。


(……んっ!?)


 ――すると。どこか見覚えのある影が、群れをなして茂みから飛び出してきた。そのシルエットを目の当たりにして、威流は目を見張る。


「あの時の猛獣達……!」


 先日、大怪獣の影響により獰猛化していた猟犬達が、今度はタイタノアに群がっていたのだ。


『ひ、ひぎゃあぁあ! なぜこっちに来るのだあぁあ!?』

(そりゃ、あいつの方が肉は多いもんな……巨人なんだし)


 その殺気を前に、圧倒的な体躯がありながらタイタノアは情け無い悲鳴を上げ、再びのたうちまわる。そんな彼の様子を、威流はなんとも言えない表情で見つめていた。


『く、来るな来るな! 余を誰と心得る! お、おいヒュウガ・タケル! 何をしておる、早く、早くその銃でなんとかせいっ!』

「……はぁ」


 やがて、盛大な溜息と共に。彼は巨人の涙声に応えるように、光線銃で威嚇射撃を行い猟犬達を追い払う。

 その後、散り散りに逃げていく群れを見送り――頭を抱えて震えているタイタノアに歩み寄って行った。


「……あのさぁ。本当ならあんただって強いんだろう? なんでそんなに強い力があるのに、自力でどうにかしようって思わないんだ?」


 そんな威流の、呆れたような視線を背に受けて。タイタノアはキッと振り返り、涙声のまま訴える。


『余だって、余だって、好きで機械巨人族に生まれてきたのではないわい……! 生まれつきの体のことでアレコレ言われたって、無理なものは無理じゃ!』

「……!」


 その姿に、ルクレイテは冷ややかな眼差しを送るが――威流は、違っていた。目を見開き、胸元を握り締める彼の胸中には……「生まれ」ゆえの悲しみを叫ぶ婚約者の言葉が過っている。


『私は……私は、好きでこの家の娘に生まれたのではありません! 私だって、本当は……戦いたかった! 大切な人と、苦楽を分かち合って生きて行きたかった! こんな、こんな大変な時に、何もできない体なんてっ……!』


 大切な相手が死地に赴いているというのに、共に戦うことすら出来ない。その苦しみを知らず、いつまでもはぐらかすように笑っていた自分を――威流は、今になって見つめ直していた。


(誰も、生まれは選べない――か)


 やがて、逡巡の果てに彼は顔を上げ、神妙な面持ちでタイタノアの姿を見つめる。そこへ、父に軽蔑の眼差しを送るルクレイテが歩み寄ってきた。


「……」

「全く、情けない。父上、いい加減に腹を括ってくださいませ。これ以上駄々をこねると仰るなら、力尽くでも――」


 そしてこれ以上、威流の手を煩わせまいと「合体」を強制しようとする――のだが。


「……タケル様!?」

「いや……もういい。もう、いいよ」


 その直前、というところで。当の威流によって、制止されてしまうのだった。彼の口から出てきた言葉に、ルクレイテは瞠目する。


「タイタノア。もう、あんたには頼らないよ。出来もしないことを無理にやらせようとして、済まなかったな」

『ヒュ、ヒュウガ・タケル……!?』

「タケル様……!」

「あの大怪獣なら、自分で何とかするよ。あんたはあんたで、守り神としてこれからも頑張ってくれ。……じゃあな」


 さらにタイタノアも、驚きの声を上げて威流を見遣る。そんな彼を、地球人の戦士は物憂つげな視線で見つめた後――踵を返して、立ち去ってしまった。


(……オレは、力になりたいって真剣に思ってくれていた葵と、真面目に向き合わなかった。そんなオレに、タイタノアのことをとやかく言う資格なんて、ない……)


 ◇


「タケル様!」


 ――その後。森の中で静かに眠る真紅のコスモビートルを、あり合わせの屑鉄で補修している威流の元へ、ルクレイテが駆け寄ってきた。

 パイロットスーツの上着を脱ぎ、黒のTシャツ姿になっていた彼は、油汚れに塗れながらスパナを手に作業を続けている。


「ん……済まなかったな、ルクレイテさん。『合体』の件、せっかく色々考えてくれてたのに」

「貴方の……許嫁の方のこと……ですよね」

「あはは、やっぱそれも読まれてたか」


 超能力により内心を読まれていたことを悟り、威流は苦笑いを浮かべる。一方ルクレイテは、彼の心中を知りながら何一つ声を掛けられなかった自分を嘆き、苦々しくその貌を歪めていた。


「……お願いしている立場の私に、このようなことを申し上げる資格などない……ということは、重々承知しております。しかし!」

「いいんだ。タイタノアが戦いたくないって言うなら、それは尊重してやらなくちゃ。力があるとかないとか、そういう問題じゃないんだよ」

「本当に……それが、正しいのでしょうか」


 そんな彼女の苦しみの色を滲ませた顔を、真摯に見つめて。威流は目を細め、その本心を突く。


「……君だって心配なんだろう? タイタノア――お父さんのこと」

「……」


 ルクレイテは、すぐに答えることが出来なかった。

 戦いから逃げ出した憶病者でありながら、救世主に対して不遜な態度を取り続けていた父を――娘として、家族として案じていたと、認めてしまったら。それこそ、被害者である彼に顔向けできない。

 そう思いつつも、真っ直ぐ自分を見つめる威流の瞳に、嘘をつけるはずもなく。彼女は再び、観念したような表情を浮かべて目を伏せた。


「私は……人には生まれながらに、それぞれに課せられた役割があると思うのです。個人の都合で好きに生きるなど、許されることでは……」

「そう、かもな。……だけど、オレはずっと好きに生きてきた。だから、ここにいる」

「……」

「嫌々やってることに、本当の全力なんか出せないさ。オレが無理やりタイタノアに乗り込んだとしても、きっとあいつには勝てないって思う」


 そんな彼女の、苦悩に対し。威流は全く気にしていない、とばかりに屈託のない笑みを浮かべている。巫女はやがて、彼が呟く言葉に反応し――目を見開き顔を上げた。


「……好きに、生きる……」

「あぁ。好きに生きるから、その時に人は本当の強さを引き出せる。……そんな簡単なことにも気がつかないんだから、救世主って奴はダメダメだな?」


 好きに生きる。これほど、言うのが容易く――実践するのが難しい言葉はない。

 少なくとも……憶病者の父を神として祀り、嘘の伝説を流してきたルクレイテにとっては。


 ゆえに彼女はこれまで、長きに渡り自分を殺して「巫女」の役目に徹してきた。――そんな彼女が、敬愛する救世主に「好きに生きていい」と言われて、何も感じないはずがなく。


「……では、私も……好きに生きても、いいのでしょうか」

「そりゃあそうだろう。お父さんだって、ああやって好きに生きてるんだ。娘の君が我慢ばっかりってのも、フェアじゃないだろ」

「……そうですか。ではいつか……私も、『好き』にしようかと思います」


 ようやく、ありのままの自分を認めてくれる「ヒト」が現れたのだと――静かに、歓喜した。声を震わせ、叫びたくなるような想いを、理性で堪えながら。


「……」

「……どうされましたか?」

「いや。なんかルクレイテさん、ちょっと顔つき変わったかな……って」

「そ、そうですか?」

「あぁ。なんだか、凄く可愛かった」

「かわっ!?」


 そんな彼女の隠し切れない「変化」に、威流は小首を傾げながらも――その表情から漂う前向きさを感じ取り、屈託のない笑みで感想を告げる。

 一方、ストレートな言葉をぶつけられたルクレイテは耳まで真っ赤になり、今度は恥じらいゆえに目を伏せてしまった。


「……ろ、録音です。脳内保存です。永久保存版です……!」

「……? ルクレイテさん、何やって――!?」


 そんな彼女の様子に、威流がますます疑問を抱いた……その瞬間。


 天を衝く轟音と共に、激しい地震が発生した。木々が揺れ、葉が舞い飛び、鳥達が慌ただしく飛び去っていく。群れをなす動物達も、四方八方へ走り去っていった。


「この揺れ……地震!? いや、違う!」

「……! まさか!」


 突如この星を襲ってきた、謎の大地震。そのただらならぬ振動に、翻弄されながら――2人は、目撃する。


 爬虫類を彷彿させる、深緑の肌。

 黒い背びれに長い尾、獰猛な牙に鋭く紅い眼。二足歩行を実現させる、太く強靭な両脚。


 忘れるはずもない。あのシルエットは――怪獣軍団の親玉にして、唯一の「成体」である「大怪獣」そのものであった。


「あ、れは……!」


 あの日、火炎放射で自分を撃墜した諸悪の根源。森の向こうに出現した、その悍ましくも雄々しい立ち姿に――威流は、かつてない戦慄を覚えていた。


「この星に、資源はもうないって聞いたが……!?」

「……新しい資源になる『捕食対象』を見つけたのでしょう。それが眠りから覚め、活動を再開したことで……大怪獣の嗅覚が反応した……!」

「活動を再開……? ――まさか!」


 長らくこの星は、怪獣の「捕食対象」となるような強力な生物がいなかった。だから怪獣軍団はこの星から去り、地球を目指した。

 個々の体は格段に小さい怪獣軍団ですら、そうして背を向けるほど「獲物」が少ない星なのに――大食らいであるはずの「大怪獣」がここにいる理由など。


 ――もはや、一つしかない。


「はい……! 奴の狙いは、私の父です!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます