おまけ■五月三十日(土) 望 2

「考えてみたら、施設で未成年が酒飲むわけに行かないもんね、気づかなくてごめん」


 林田の母が、近所のコンビニで烏龍茶とコーラの二リットルボトルをかごに入れながら、いたずらっぽく笑った。


「他にほしい飲み物ある? 遠慮せずに言ってよ。メッツとか?」


「あ、メッツ好きっす」


「お菓子もあった方がいいよね。ポテチとチョコとビスケット、あとほしいのある?」


「……これいいっすか?」


「ねじり揚げ、おいしいよね! 入れて入れて。他に何かある? ……今回のこととは別でも、何か困ったこととかない?」


 林田の母の言葉に、望はつい口を開いた。


「……彼女が、今度両親と一緒に焼肉行こうって」


 その言葉に、林田の母は少し考えて、それから笑った。


「望は態度いいから、無理に大人っぽい言葉遣いしようとかしないで、丁寧語さえ使えばいい。あと、できないことはできない、無理なことは無理、やりたいことはやりたいって素直に言えばいいと思う。それで望のことが気に入らないって奴は、向こうが嫌な奴だから気にしなくていい」


「向こうが嫌な奴……」


 その発想はなかった。望が目をぱちくりさせると、林田の母は、望の肩をぽんぽんと叩いて笑った。


「何か嫌なことがあったらうちの仕事場おいでよ。茶くらいなら出すし、時間が合えばご飯くらいおごるよ」


「幼稚園、だっけ?」


「保育園。無認可だからアパートでやってる。もし子供好きなら手伝ってくれたらバイト代出すよ」


「マジっすか!」


 思わず大きな声を出した望に、林田の母はにっこり笑った。


「マジマジ。子供って意外とお兄ちゃん好きなんだよね。でもこの業界、女の子が多いから、お兄ちゃん来ると子供達大喜びだよ」


「彼女も子供好きなんすよ」


「二人でバイト来てくれてもいいけど、子供の前でいちゃいちゃしたら殴るよ」


「しませんよー」


 気が付くと、林田の母は他にもいろいろつまみやお菓子をかごに入れていた。「他にほしいものない?」と望に確認してからレジに並ぶ。


「もし彼女だけバイト探してるっていうなら一度連れてきてよ。よさそうな子なら条件の相談してバイトしてもらいたいよ」


「マジっすか」


「うん、うちにバイトで来てくれてるお母さんたち、ちょうど学校が終わるころに家に帰っちゃうのね。そのあとの時間が、学童の代わりに来てる小学生もいるし、けっこう大変なことが多いから、その時間来てくれる子がいると助かる」


「じゃあ、彼女が行くって言ったら連れて行きます!」


「ムリしなくていいよ。もし彼女がやる気あるなら、さっき教えたLINEででも連絡ちょうだい」


「ありがとうございます!」


 望が言ったとき、レジの順番が来た。林田の母親が電子マネーで支払う。


「ま、とりあえずは美佐ちゃんの偲ぶ会ね。……バイトでも他の用事でも、気楽に連絡ちょうだい」


 林田の母が笑った。


 望の両親は生きているが、二人とも行方不明だ。望は小学校に入る前に山麓園に来たので、その前の記憶がない。


 ……こんな人がお母さんだったらよかったなぁ。


ふっと望はそんなことを思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます