おまけ■五月二十九日(金) 夏凛

 夏凛がバイトを終えて山麓園に戻り、食堂に入ると、低い男の声が聴こえてきた。


「まさか全額一気に払ってくれるとは思わなかったよ。博之くん、大丈夫?」


 顔を確認すると、弁護士の橘だった。


「あ、夏凛ちゃん、お帰り。今日もバイト?」


「はい、そうっす。……博之のこと、ありがとうございました」


「ああ、本当に無実でよかった。まあみんな信じてたしね。ぼくもこの子はやってないって思って弁護できたから、気持ちのいい仕事だったな」


 にこにこ笑って橘が話す。


「……母のことは、聞いてますか?」


 博之の斜め前に座っていた栄美が橘に訊く。


「うん。全面自供。美佐ちゃんを自分のものにできたって嬉しそうに言ってるから、弁護団は精神鑑定を要請してる。ま、判断力が落ちてるとは思えないから、そんなに減刑できるとは思えないんだけどね」


「母さん、そんなに美佐さんが好きだったんだ」


 栄美がため息交じりに呟く。橘は苦笑いした。


「当然だけど、栄美ちゃんのことも大事に思ってるよ。ほとんどの資産が栄美ちゃん名義で残されてる。このままだとお父さん、栄美ちゃんに協力してもらわないと新しい会社も立ち上げられない。……でも協力しないよね?」


 確認されて、栄美は晴れ晴れした表情で頷いた。


「せっかくマルチやらなくてよくなったんだから、もう絶対やりません。大学卒業するまでのお金をお母さんが残してくれたんだったら、あたし、勉強してちゃんとした仕事に就く」


「よかった。協力のし甲斐があったよ」


 言って、橘は立ち上がった。それから夏凛の顔を見る。


「西尾の事務所でバイトした分、西尾から受け取ったから、博之くんから受け取っといて。その分くらいあるって言ってたよね」


「もちろんっす!」


 博之が元気に答える。


「次に博之がこんなんに引っかかったら、殴り殺すかもしれない」


 夏凛が呟くと、橘は苦笑いした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!