8-3

   ***


 午前6時


 寝坊する気でいたのに、ついいつもの時間に目が覚めてしまう。佳菜子は二度寝しようと目を瞑ったが、なかなか眠れない。


「どうして休みの日ってこうなのかしら。まぁ、あたしは年がら年中お休みみたいなもんだけどねぇ~、……っとぉ」


 大きく伸びをして、ベッドから起きる。

 朝食の準備はまだしなくても良いだろうし、もし祥太朗が案外早く起きたとしても、その時はその時だ。

 ゆっくりコーヒーでも飲みながらじっくり新聞でも読もう。


 階段を降り、玄関の郵便受けを開ける。新聞はもう届いていた。歩きながら、挟まっている広告を抜き取る。広告はリビングのソファの上に無造作に置き、新聞だけを持ってダイニングへ向かう。


 食器棚を開けてカップを取り出す。

 やかんに水を入れ、コンロの上に置き、火をつける。コーヒー1杯分の水しか入れていないので、すぐに沸くだろう。カップの中にインスタントコーヒーを入れ、食卓に新聞を広げた。


 やかんからしゅわしゅわと音が鳴る。佳菜子はピーというあの笛の音が嫌いだ。どうせ火にかけている間はそこから動かないのだし、音が鳴らないように注ぎ口の蓋は開けたままにしている。沸騰すれば音でわかる。


 湯を注ぎいれ、軽くかき混ぜる。出来たばかりのコーヒーを持って、佳菜子は食卓に着いた。


 さて、あの子は何時に起きてくるかな。


 熱いコーヒーをゆっくり啜る。

 ここのところ、朝晩はかなり冷えるようになってきた。それなのに、祥太朗は暑がりだから、夜中によく布団を蹴り飛ばしている。


 ちゃんとお布団かぶってるかしら。


 昨夜の『自発的に起きるまで起こさなくて良いからな』という言葉を思い出す。


 じゃあ、起こさなきゃ良いのよね。


 佳菜子は、カップと新聞を持って、可愛い息子の寝顔を見に行くことにした。


 彼を起こさないようにそぅっとドアを開ける。

 珍しく、しっかり布団をかぶって寝ていた。


 昨日の夜は結構冷えたし、さすがの暑がりさんでも寒かったのかな。


 ふふふと笑って、学習机の上にカップと新聞を置く。いつもはけたたましいアラーム音と共に突撃するので、こんなにぐっすり眠っている顔を見るのはだいぶ久しぶりだ。


 ベッドの脇に立って寝顔を観察する。


 この子は、自分の寝顔が父親に似ていることなんて知らないんだろうな。


 年頃の男の子に向かって言うことではないが、やっぱり自分の息子は可愛い。


 寝顔を観賞し、満足した佳菜子は学習机に座った。引き出しをチェックしたい衝動に駆られたが、ぐっとこらえる。ぱらりと新聞を広げ、頬杖をついた。


「いまごろ父親とどんな話をしているのかしら」


 どこかで、パキ、というかすかな音が聞こえた。


   ***


「出られないって、どういうことだよ! 父さん?」


 水面から丸く盛り上がってきた父の顔は、ぐにゃぐにゃと動き、形を定めないまま宙に浮かび上がった。


『半人前以下の愚か者め。私はお前の父などではない』


 ぐにゃぐにゃとした水の塊はもはや父の顔ではなくなっている。いや、あの顔も本当に父の顔だったかどうかなど、俺にはわからないのだ。


『人間など、すぐに見た目に騙される。せっかくお前の父は、私からお前を守ったのにな』


 私から……お前を……守る……?


「――てことは、アンタ、俺のじいちゃんかよ!」

『そうだ、と言いたいところだが、私はお前なぞ孫とは認めん。魔法使いになりかけていると知り、こうして試してみたが、やはり人間の血が邪魔をしたな。お前は半人前以下ですらない』


 半人前以下ですらない、ときましたか。


 やっぱりあの程度では認められねぇのかよ。

 でも、これからもっともっと練習すれば俺だって、きっと……。


『産まれたばかりであれば、適当な女の腹に入れてやろうと思ったのだが、そこまで育ってしまっては仕方ない。せめてもの情けで生かしておいてやる。この、夢の中でな』

「はぁ? マジかよ! 冗談じゃねぇよ!」


 俺は水の塊――祖父に向かって叫んだ。


『冗談ではない。もっとも、お前がここで修業を積み、自力で出られるようになるのなら、私は止めないが』


 何だよ、そんな方法があんのかよ。


 とりあえず、その力さえ身に着ければ出るのは自由らしいということを知り、俺は安堵した。


『愚か者め。満足に水柱も立てられないような奴が何百年かかると思っている』


 ――なっ何百年?

 絶対生きて出られねぇじゃん!

 もし仮に俺だけは長く生きられてとしても、母さんも千鶴も皆死んでるじゃん! 浦島太郎かよ!


 マジかよ、俺、どうなっちゃうんだよ。


 水の塊はふわふわと地面に降り、また先ほどの父の姿になった。


「父さん……?」

「ほら、また騙される。君は僕が『父さんだよ』と言えば、どんな姿でも信じるのかい?」


 さっき聞いた父の声だった。

 しかし、この声も、父の声とは限らないのだ。

 じゃり、じゃり、と足音を立てて、ゆっくりと祖父が近付いて来る。


「騙されるよ……。見たことはなかったけどさ、母さんから聞いてた父さんに似てたから。話し方っつーか、雰囲気とかさ。でも、今日は何か変な感じはあったんだ。父さんならきっと、俺の形をなんて言わない。それにきっと、先生になってなんて言わねぇよ……!」

「ほう、少しは親子の絆なんてものがあったのかな。1つ良いことを教えてあげよう。たしかにこの姿は君の父の姿だよ。声も。話し方も。所作もすべて……」


 じゃり、じゃり、じゃり、じゃり……。


 俺との距離はだんだんと詰められていく。


「止めろよ、もうその姿でいんの止めろよ! 父さんみたいに話すなよ!」

「では、どんな姿がお望みだ? せっかくお前が怖くないように気を遣ってやったのだぞ? ――そうだ。お前の母親になってやろうか」


 さっきまでと口調が変わる。俺の頬に手を触れて、祖父は父の顔でニヤリと笑った。


「止めろって!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます