魔法使いと珈琲を

作者 宇部 松清

2-2」への応援コメント

このエピソードを読む

  • どうやって魔法を実現するのか? 非常に興味津々です。
    それと、本作品が処女作なんて信じられません。それこそ魔法!

    作者からの返信

    時織拓未様

    さぁ、呪文も杖もない魔法の世界が始まりますよ!(ほんとに?)

    いやはや、処女作とはいってもですね、ちょいちょい改稿しておりまして(笑)
    ストーリーはほぼ変えてないんですけど。初稿は酷いものですよ、視点もバラバラで。いや、そこはいまもですね(大笑)

    2018年12月18日 20:39