魔法使いと珈琲を

作者 宇部 松清

1-3」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ファンタジーが、絶版の下りで、ノンフィクションと化してる。クール!

    作者からの返信

    時織拓未様

    そうなのです!
    実はノンフィクション!!

    2018年12月18日 20:37

  • 実にファンタジックな滑り出しですね!
    ただし、目標は『父親を捜す』という極めて現実的なお話。

    ファンタジーらしさと現代社会っぽさ(?)の、見事ないいとこ取りな感じだなあと思います(^^)

    これはこの続きのバランスにもよりますが、現実世界パートの風景描写がもうちょっとあると、より『父親を捜す』雰囲気というか、社会性が生まれるのでは、と感じました。

    作者からの返信

    岩井喬様

    コメントありがとうございます。
    ちょこちょこと改稿はしているものの、恥ずかしながら処女作のため、かなり稚拙な部分があるかと思います。
    最後までお付き合いいただければ幸いです。
    貴重なご意見、ありがとうございました!

    2018年5月21日 15:08