第91話

「(どうして……いえ、どうやって「彼」が、ここに……?)」


 不可解さに首を傾げながら、私は仰々しいほどの佇まいでマントをなびかせている仮面の男を見つめる。

テスラさんたちの話によると、この城へ侵入するには相当の準備と覚悟――なによりも能力が必要だったという。侮るつもりはないけれど、これまでの彼の力量を見てきた限りで考えると、とても信じられない思いだ。

 ……とはいえ、あの2人が駆けつけてくれた時ほどの高揚感はまるでない。それどころか失望あるいは怒りにも近い感情がわき上がり、私は無意識のうちに顔をしかめてしまった。


「こんな場所にまで顔を出してくるのね、あなたは。でも――」


 だから、つい……お兄様の姿をした「敵」に混乱させられて苛立つ気持ちも手伝ってか、私は剣呑な物言いでミスティナイトに向かって言った。


「危ないから、下がってて! この敵は、今までのやつらとはわけが違う……あなたの力じゃ怪我をするだけよ!」


 気持ちだけで加勢されても、かえってそれが足手まといになって不利につながることがある……今の状況は、まさにそれだ。だいたい、みるくちゃんや先輩たちと違って私はこの男をあまり信用していなかったし、もっと言うと評価する気もなかった。


「(いつも私とめぐるが、ピンチ――でもないところに現れては、意味深な物言いと振舞いだけを残して去っていく、謎の男……)」


正直言ってそれが、私のミスティナイトに対する認識だ。みるくちゃんが言うには、裏で私たちの活動を支援しているそうだが……それを実感することはほとんどなく、代わりに目にするものと言えばただのドジな道化っぷりか、素人漫才のようなやり取りのみ。とても言葉通りに受け取れるものではない。

せめて、お兄様の半分ほどでも威厳とスマートさがあれば印象も違ってきたのかもしれないが……そんなものは欠片も感じられず、さらには仮面で素顔を隠している胡散臭さがどうにも不誠実に映るため、私は好感を持つことができなかった。


「どうしたんだ、すみれ……?」


 そこへふいに、お兄様の姿をした「それ」が私に向き直り、優しい声で話しかけてくる。その響きは、私の心の中に染み渡るようで……偽者だ、と理解して自分に言い聞かせているのに気持ちが挫け、反抗しようにも身体が思うように動いてくれない。

 と、その時だった。


「……あれは偽者だ、サファイア。聡明で冷静な君なら、すでにわかっているのだろう?」

「……っ……」


 まるでこちらの胸の内を見透かすように、ある意味傲然とも感じる口調でそう言われて私はかっ、と胸のうちが熱くなるのを覚える。

ひょっとすると、ミスティナイトはこちらのことを評価してくれていたのかもしれない。……だけど、この状況下ではむしろ侮られたようにも感じた私は、まさに逆鱗に触れる、という言葉のたとえどおり、中にしまい込んでいた激情に火をつけていった。


「あなたに……あなたに私の何が、あなたにわかるって言うの!?」

「サファイア……」

「いつもいつも、もっともらしいことを言うだけ言って、勝手にいなくなって……! 何もわからないくせに……力も持たないくせに、偉そうなことを言わないで!!」


 あのメアリに対してさえ、冷えるような怒りは抱いてもここまで怒りをむき出しにして叫んだりはしなかったのに……そんな攻撃的な言葉を口走ってしまった自分に、私自身が驚きを感じる。そして、そんな様子を見かねたのか隣にいためぐるが私の肩に触れながら、とりなすように声をかけてきた。


「落ち着いて、すみれちゃん! こんなところで味方同士が喧嘩したって、何もいいことはないよ……!」

「味方……味方ですって! あんな役立たずが、今まで私たちに何をしてくれたって言うの!?」


 完全に八つ当たりだとめぐるに内心で謝りつつも、荒ぶる気持ちを抑えきれず……私は怒声で答えてしまう。それをやや気圧されるような表情で受け止めながら、彼女はなおも私をなだめようと口を開きかけた。すると――。


「……。確かに、そうだな」


 ぽつり、と。

 小さな声ながらも凛とよく通る響きで、ミスティナイトは私に向かって言った。


「私には、力がない。目の前で大切な人を連れ去られた時も見ているだけでなにもできず、愛する存在が悲しみに打ちひしがれている姿を目の前にしても、慰めの言葉をかける資格すら持ちえない。こんな無力な自分に嫌気がさし、いっそ消えてしまえば楽になれるのでは、と卑怯に走りそうになったこともあった……」

「あ……」


 その淡々とした物言いに、違和感……それ以上に後ろめたさを抱いた私は、さっきまでの激情を鎮めて口を噤む。そして、さすがに言い過ぎたことを詫びようとしたけれども、それよりも早くミスティナイトは顔を上げ、私に向き直って続けた。


「……しかし、いやだからこそ――私は決めた。そして、誓ったのだ! 正義という宿命的な重圧と呵責に疲れ、くじけそうになった力ある乙女たちを安らげ、癒す存在であろうと! そのためなら、たとえ道化と言われようとも理想を貫く……そして、排除してみせよう! 君たちが疑い恐れるものがいかに弱く、そして偽りに満ちた存在であるかを――、っ!」


 そう言ってミスティナイトは懐から何かを取り出し、風を斬り裂くような鋭い腕の振りでそれを投げつける。彼の放ったものが一輪のバラだとわかったのは、その刃と化した茎がお兄様の胸に深々と突き刺さったのを見た時だった。


「ぐっ……!?」

「お兄様っ!」


 苦悶して歪むお兄様の顔を見た私は、思わず身を乗り出し手を伸ばしながら悲痛の叫びをあげてしまう。……だけど、その目前でお兄様「だった」ものは泥が渇いて崩れるように原形を失い、やがて細かい粒になって跡形もなく消えていった。


「なっ……!?」

「……あれは、君が大切に思う兄などでは決してない。もし本当に兄ならば、この状況で君を惑わせるようなことをするはずがないのだから――」

「…………」


 そんな言葉をどこか上の空で聞きながら、私は虚空をつかんだ手をゆっくりと引き戻し……唇をきゅっ、と引き結ぶ。

 もちろん、あれが偽者だとは言われるまでもなく、わかっていた……つもりだ。でも……。


「(万が一、「違って」いたとしたら……その可能性を考えただけで、動けなかった……)」


 そして私は、悔しい思いをかみしめつつミスティナイトに目を向ける。彼は仮面のせいでその表情こそあらわにしないものの、私をまっすぐに見据えると張りつめた気を放ちながら言葉を繋いでいった。


「美しき乙女……サファイア。正義を信じ、そして自分自身を信じるのだ。輝く未来は、希望とともに己の進む先にある。……忘れるな」

「……っ……」


 その言葉自体には感銘を抱いたけれど……先ほどの後ろめたさから素直に頷けなくて、私は思わず視線をそらす。

 言うに事欠いて役立たず、なんて酷すぎる暴言だった。それは間違いなく反省すべきで、今でも謝罪の言葉が喉元にまでせり上がっている。

 ……ただ、どうしてだろう? この人に対しては反抗的になりすぎるというか、感情を抑えることがうまくできない――。


『……あーらら、いいところだったのに。ホント『天ノ遣』ってやつは空気の読めねぇ連中ばっかりだよな~』


 そう言って、へらへらとした口調の中に若干の苛立ちをにじませながら、「影」――ブラックカーテンは私たちに向き直ってくる。それに対して私は言葉を返しかけたが、一瞬早くそれを遮るようにしてミスティナイトは私たちの前に立ち、「影」に対峙していった。


「……妙だな、ブラックカーテン。今まで黒幕として幹部たちを操り、存在すら消していたお前が、わざわざこんな途上で彼女たちの目の前に姿を現したのはどういうわけだ?」

『んー? ちょっとした気まぐれってやつかな……って言えば、信じるか?』

「まさか。色々と小賢しい悪だくみを積み重ねてきたやつが、肝心なところで仏心を起こすとはとても思えない。……この2人の乙女たちのことが、そんなにも怖いのか?」

「えっ……?」


 ミスティナイトが口にした意外な指摘に、私は思わず息をのんで彼の後ろ姿に視線を向ける。

 私たちのことを……ブラックカーテンが恐れている? まさかそんな、と否定して首を振ろうとしたその時――


『……あぁ、怖いね。マジ、半端ねぇよ』

「……っ……!?」


 口調こそ飄々としていたが、「影」の全身から漂ってくる気がその言葉と共に急激に膨れ上がって、はっきりとした敵意――いや、殺気となってこちらに迸ってくる。その圧迫感に私とめぐるは息苦しさを覚え、思わず顔をしかめて後ずさってしまった。


『さっすが、『天ノ遣』が用意した対魔族の『決戦兵器』ってやつだよな~。しかも、本人どもがそれを自覚してないところがなお怖ぇ。いつ爆発するかわからねぇ爆弾を目の前に置かれてて、何も感じないやつがいたらそりゃバカだろ』

「ばく……だん……っ?」


 物騒な言葉で自分たちのことをそう称されて、私とめぐるは困惑の思いとともにお互いの顔を見合わせる。

 『決戦兵器』という呼ばれ方も、今初めて聞かされたものだ。快盗天使の先輩たちの後継として引き受けた『天ノ遣』としての立場だったが、私たちにはそれだけの期待、さらには意義が託されていたのか……?


『……お? ははっ、見てみろよ。知らぬは本人ばかりなり、の典型じゃねぇか。赤いやつなんて、自分がそうだと全然わかってない感じだぜ』

「え……ってあ、あたし!?」


 話を向けられても、めぐるは最初誰のことかわからずきょとん、としていたが……周囲の視線が自分に向けられるのを感じてようやく理解して、驚いたように目を丸くする。そんな反応を呆れたように見やってから「影」はため息をつき、言葉を繋いでいった。


『あぁ、そうだ。お前の力は、魔界――エリュシオンの血を引く者にとっては、最悪の相性なんだよ。でなきゃ、エリュシオンの王自身がエリューセラ……魔界の巫女にしようと自分の『神器』を使者にして、わざわざ派遣なんてするかっての』

「…………」


 ――天月めぐるには、魔界の巫女――『エリューセラ』になる資格と力がある。


 少し前、魔界からこの世界にやってきたアインがめぐるの存在についてそう語っていたことを思い出す。そしてエンデもまた、偽の命令とはいえめぐるを魔界へと招き……衰えて力を失いかけた魔王の代わりにしようとしていた。だから、私にとって「影」の言うことには思い当たる節があり、適当に聞き流すことができない。

だけど……それと『決戦兵器』にいったい、どういう意味と関連性が……?


『……それと、そこにいるもう一人の青いやつ。その様子だと、自分になんで「お兄様」を他所からあてがわれたのか、まったく覚えてないようだな……?』

「なっ……!?」


 さらに重ねられたブラックカーテンの一言は、懸命に鎮めようとした私の思考と感情を打ち砕き、完全に真っ白な無へと帰してしまう。

 なに……それ、どういうこと?

お兄様が、「他所」から来た……って、つまり……!?


「耳を傾けるな、サファイア!……それ以上、無用な戯言をほざくなッッ!!」


 珍しく苛立ちをあらわにした声で叫びながら、ミスティナイトは無数のバラの刃を「影」に向かって投げ放つ。それに斬り裂かれた「影」はにたり、と嫌らしい笑みを浮かべたかと思うと――いくつもの影の塊となって地面に落ち、それは次々に人の形をとっていった。


「ひっ……!?」


 私の横で、めぐるが表情を引きつらせながら声のない悲鳴を上げる。その「ヒトガタ」はいくつかがところどころ崩れたり、影のままでぼんやりと揺らいだりしていたけれど……それぞれがお兄様――如月唯人の姿をしていた。


「っ、ブラックカーテン、貴様っ……!」

『……はははっ、どうした青いの? これだけたくさんのお兄様とお目にかかれて、嬉しいだろ? もっと喜んでくれていいんだぜ……』


「「すみれ……」」


 「影」の高らかな嘲笑とともにお兄様の凛と響く声が、複数入り混じって私の鼓膜を震わせる。

 優しげな笑みと、穏やかな表情。普段なら、それを目にするだけで心が弾み、幸せな思いが胸いっぱいに広がっていくのだけど――。


「…………」

「っ? ダメだよすみれちゃん! あたしがなんとかするから、ここは下がって――」

「――どいて」


 底冷えするような重い、感情の抜け落ちた自分の声をどこか他人事のように聞きながら、私はめぐるをぐいっ、と乱暴に押しのけ、前に進み出る。

 先ほどの「お兄様」に感じた時のような戸惑い、逡巡は全くなかった。その代わり、……燃え上がる炎のような灼熱が全身を中から外へと包み込み、気が遠くなるかと感じるほどの痺れが頭の先にまで達したそれが「怒り」だと理解した次の瞬間、私は奥歯を砕かんばかりに噛みしめ、目を逆立てながら両手に薙刀状のブルームを構えていった。


「……ない……。……ゆるさ、ないっ……!!」


「「どうしたんだ、すみれ……?」」


「絶対に、許さないぃぃっっ!!!」


 床を蹴り、私は一気にお兄様の「偽者たち」めがけて突進をかける。そして、怒りとともにブルームへすべての力を注ぎこみ、そのことごとくを薙ぎ払わんと大きく振るった――。


「なっ……!?」


 しかし、上下に斬り裂かれたそれらはあっという間にその形を黒い霧に変えて、四方から私の身体を包み込まんと覆い重なってくる。

 この程度の妖術で、私をとらえるつもりか……? 怒りのせいでそんな攻撃的な思考を抱きながら、なおも斬撃を放つつもりで振りかぶった――その時だった。


『くくくっ……かかったな、青いの』

「……っ……?」


 目の前に浮かび上がる、「影」――ブラックカーテンの顔。その邪悪の笑みを間近にすることでぞくっ、と血の気が失せるとともに恐怖が沸き起こり、私はそこでようやく、激情にかられて自分の身を危険にさらしてしまった今の状況を理解する。

 ――が、すでに遅かった。


『最初から、俺の狙いは「兵器」のあいつじゃねぇ。そこに力を注ぎこみ続けている「泉」のお前だったんだよ……!』

「……あ、ぐっ……!?」


 ……息ができない。意識が遠のく。

 まるで、あの時……そう、幼い日に水鏡の底へと引きずり込まれた時のように……辺りは闇に閉ざされて……。


「っ、すみれちゃぁぁんっっ!!」


 そんな、めぐるの悲痛な呼びかけの声を聞いて、何とか言葉を返そうと口を開きかけたけれど――。

 力尽きた私は、そこで……意識を手放してしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ツインエンジェルBREAK ~光と闇の水平線~ @TA-BREAK_kadokawa

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ