第54話

「こっ……これって、いったい……!?」


 見たこともないくらい綺麗なその大剣を両手の中に収めながら、あたしは状況の変化が理解できずにその場で固まってしまった。

 しなやかに伸びた刀身。その刃はまるで空気すら切り裂くことができるかと感じられるほどに鋭く、星屑をちりばめたような輝きをまとっている。

 何よりも、剣なんて一度も握ったことがなかったのに……すごく、手になじむ。ローズ・クラッシャーも扱いやすい形状だったけど、この剣からはまるで自分の腕の一部が武器に変わったかのような一体感が伝わってきていた。


「って、エンデちゃんはどこ? どこに行っちゃったの!?」

『――ここです、エリューセラ』


 ふいに頭の中に響き渡る涼やかな声を感じて、あたしは左右に目を向ける。……だけど、その姿はどこにも見えない。そんなふうに困惑していると、あたしのもとにすみれちゃんがそっと歩み寄り、剣を握る手にやさしく触れながら「……落ち着いて」と声をかけてくれた。


「す、すみれちゃん……?」

「エンデは、おそらくその剣よ。……私が今持っている矛と、同じ理屈」

「えっ? じゃ、じゃあ……!?」

『その通りです。今の私は、内に封印された神々の武具へと姿を変えた……あなたさまの剣。どうか、ご存分にお使いください』

「そ、そう言われても……、っ!?」


 気持ちの整理がつかないまま立ち尽くしていると、ふいに正面から空気を震わすほどの力を感じて、我に返ったあたしは反射的に顔をあげる。すると目の前で、巨大化したクラウディウスがその手をかざし……掌を中心に漆黒の渦を生み出そうとしているのが見えた。


『っ、超重力波だと……!?』

「この期に及んで無駄話に気を取られるとは、ずいぶんと余裕だな――、ッ!!」


 そして、クラウディウスの凶悪に彩られた目がかっ、と開かれたかと思うと、波動の弾はあたしたちのいる場所目がけて勢いよく放たれる。それをかわそうと思い、横に体重を移動しかけたその時――。


『めぐるさま……翔んでください、前に!』

「え? う、うんっ!」


 エンデちゃんの思念に弾かれるようにして、とっさに重心を変えたあたしは床を蹴ると前に向かって飛び上がる。と同時に、あたしの身体には今までよりも鋭い跳躍力が加わって――あっという間に波動が目の前に迫る位置へと移動していた。


「わ、わわっ……!?」

『呼吸を合わせて! 剣をお振りください、『ベクター・ヴァーチカル』!!』

「べ……『ベクター・ヴァーチカル』っ!!」


 エンデちゃんの『声』に従って、あたしは無我夢中で手に持った剣をまっすぐ上下に振り下ろす。すると、その刀身から一条の光の波が生み出されて――あとわずかの距離に迫っていたはずの波動の弾は真っ二つに切り裂かれたかと思うと、……何もなかったかのように霧散して消え失せた。


『――なっ!? ば、バカな……!!』

「す、すごい……!」


 驚愕して声をあげるクラウディウスだけでなく、あたしもその威力のすさまじさに呆然としながら、床へと降り立つ。

 『エクスカリバー』……ヨーロッパの古い伝説だけじゃなく、いろんな物語にも出てくるほどの聖剣がそういう名前だったと、あたしですら知っている。

でもまさか、それがエンデちゃんだったなんて……!


『っ……エンデ! いや、『エクスカリバー』よ!』


 と、その時。クラウディウスが吼えるような大声で、あたし……ではなく、この手に持つ剣に向かって呼び掛けてくる。その空間を揺るがすほどの響きには、怒りと失望……そして、心が押しつぶされそうなほどの憎悪が込められていた。


『貴様は……貴様はまたしても、この俺に仇なそうというのか!? イデアに失望し、その両の手を穢しながらも……ディスパーザの慈悲で新たな器を得たというのに、それを反故にして同じ轍を踏むというのか、貴様はっ!!』

『っ……!』


 その言葉を受けて、息をのむエンデちゃんの動揺があたしの胸の中に伝わってくる。でも、彼女は『……それも、承知の上です』とぽつりと呟き、……何も感じなかったようにあたしに呼びかけてきた。


『……めぐるさま。もはや、時間がありません。あなたさまは何も気にすることなく目の前の敵、クラウディウスを倒すことをお考え下さい』

「う、うん……」

『……エンデ、いいのか? お前のその力は、ディスパーザさまが――』


 そう、すみれちゃんの手の中に収められた矛――アインちゃんがきらり、と輝きながら、あたしの剣に向かって思念を伝えてくる。それに応えるかのように、胸の内でエンデちゃんが少しだけ苦笑するのを感じたけど……それは一瞬で消え、すぐに凛と引き締まった思念が次の言葉を紡ぎ出していった。


『めぐるさま。クラウディウスの力の供給源は、あの額の『天使の涙』ですが……あれほどの巨体を維持しえているのは、ディスパーザさまの力を持つ『魔王のメダル』があってこそなのです』

「う、うん……それで?」

『つまり、それを奪い取ることができれば、マナの流れは不安定となって――やつの身体は崩壊することでしょう。それゆえに、以後の攻撃対象を『魔王のメダル』に絞ることを提案いたします』

「そ、そうなの? でも、それってどこに……?」

『おそらく、クラウディウスの中心部です。現状ではあの巨大な肉体によって覆われているため、視認することはできないと思いますが……』

『お、おいおい……! あのむき出しになった額を狙うだけでも、ボクたちの攻撃はマナの障壁によって阻まれてたんだぞ? なのに肉体の内部なんて、無理に決まってるじゃないか!?』


 アインちゃんはそう言って、エンデちゃんの策に異議を唱える。すみれちゃんも戸惑った表情を浮かべ、本当に大丈夫か、と言いたげにあたしにちらっ、と視線を送ってきた。

 と、その時――。


『くくっ……何を考えているかと思えば、無謀なことを……』


 クラウディウスが口を歪めながらそう言って、笑みを浮かべている。おそらく、こちらで話している内容は『魔王のメダル』を通じてあの怪物にも伝わり、その無謀さを嘲っているのだろう。


『この『天使の涙』すら攻撃ができないお前たちが、『魔王のメダル』を奪うだと……? 策もなくついに自暴に走ったか、エンデよ……くくくっ……』

「……っ……」


 怒りと悔しさをにじませながらすみれちゃんが、クラウディウスに向かって鋭い視線を向ける。当然あたしも激しい感情があり、アインちゃんも同様だった。

……でも。


『――――』


 なぜか、エンデちゃんの冷ややかに落ち着いた感情が胸の内に伝わってくる。

 彼女は、何を考えているんだろう。絶望? 諦観? ううん、むしろ……これは――。


『……信じてください、エリューセラ。どんなに欺瞞と愚昧の我が身と罵られようとも……あなたさまへの想いだけは真実と、ここに誓います』

「…………」


 もちろん、あたしも正直言って、無謀な提案だと内心では思う。だけど――。


「……うん、わかった。それでいこっ」


 エンデちゃんの覚悟……そして、誠意を受け取ったあたしは、それに賭けてみようと心に決めていた。


「めぐる……?」

「あたしは、エンデちゃんを信じるよ。だからみんなも、あたしとエンデちゃんを信じて。……いい?」

「……ええ、わかったわ」


 すみれちゃんはあたしの言葉に軽く目を見開いてから、にっこりと笑顔で頷いてくれる。それを受けてアインちゃんも、『……わかったよ』とため息交じりの思念を伝えて、同意を示してくれた。


『感謝します、エリューセラ。私を信じてくれて……』

「そんなの、当然だよ。……じゃあみんな、行くよ!」

「了解っ!――はぁぁぁあぁっっ!!」


 まるで引き絞られた弓から勢いよく矢が放たれたように、すみれちゃんがクラウディウスに向かって突進する。あたしもそれに続いて駆け出し、一気に間合いを詰め――そして、その攻撃範囲に入るや巨腕が天高く振り上げられるのを見てとった瞬間、お互いに無言で左、右へと散開した。

 刹那、轟音が響く。岩のような敵の拳が衝撃波とともに、あたしたちが寸前までいた床に叩きつけられるのが視界の端に映った。

 見せつけられる、圧倒的な脅威と力の差。……だけどそれは、ほんの一瞬とはいえクラウディウスが動きを止めたという証でもあった――!


「すみれちゃんっ!」

「……っ、食らいなさい、魔王ッッ!!」


 あたしの声が届いたのか、小刻みにステップを変則的に踏んでクラウディウスに迫ったすみれちゃんは、手に持っていた矛を振りかぶる。そして、渾身の力を込めた突きの連撃を巨体に向けて繰り出していった。


「エンジェルローリングサンダー・黄昏ッッ!!」

『っ、……ふん……無駄なことをっ!!』


 次々と矢継ぎ早に放たれるすみれちゃんの攻撃を、クラウディウスは動揺すら見せずに先回りして障壁を展開し、それらをことごとく防いでいく。

 空中で激しく飛び散る火花と、耳をつんざくような衝撃音。もっとも、見た目とは裏腹にクラウディウスがダメージを負った気配はない。

 だけどそれは、想定の範囲内。あたしはその隙に死角へと回り込むと、瓦礫、そして壁を足場にして飛びあがり、……さらにはエンデちゃんが空中に展開した障壁を踏みしめると、さっきよりもはるかに高い位置から大剣を振り下ろした。


「――っ、『ベクター・ヴァーチカル』っっ!!」


ハンマーと剣の違いはあったけど、あたしは全身の力を込めてクラウディウスの額――からわずかに目標がずれた場所に斬撃を叩きつける。その動きの変化に、怪物は『天使の涙』を守ろうと展開しかけた障壁を即座に移動させ、さらに巨大な腕を交差させて攻撃を受け止めた。


『っ、……ぐ……ふんっ!!』


 続いてクラウディウスは、攻撃を阻まれて空中に制止した状態のあたしに目がけて両腕を振るい、その鋭い爪で切り裂こうと襲いかかってくる。だけど、その寸前であたしの大剣はひとりでに動いてそれを撃ち返し、……あたしは弾かれた勢いで地上へと降り立った。


『くっくっくっ……暁の『天ノ遣』よ。たとえエリュシオン最強の武具を持とうとも、狙い通りに扱うことができねば玩具と同じというもの。剣技を持たぬ貴様では、宝の持ち腐れというところか……!』

「……っ……」


 傲然と嗤うクラウディウスの言葉に唇をかみしめながら、……あたしは油断なく思考をまとめつつ、さっきの違和感に思いを馳せる。

 牽制攻撃だったけど、あわよくばと考えたあたしは確かに『天使の涙』を狙って、斬撃を仕掛けたつもりだった。だけど、その寸前でエンデちゃんは「なぜか」介入して剣の軌道を変え……その鼻か、口のあたりに攻撃をずらしてしまった。


「(これって、どういうことだろう……?)」


 エンデちゃんのことを信じる、とは言ったけど……やっぱり、意図が分からないままだと少しだけ、不安になる。そう思ってあたしは、彼女に話しかけようとした――と、その時だった。


『……なるほどな。エンデ、お前の考えてることが分かったよ』

「えっ……?」


 すみれちゃんの矛がきらりと光って、アインちゃんの思念が伝わってくる。その響きにはどこか得心したような、そして何かを確信した笑みのような感情が含まれていた。


「あ、アインちゃん……? それって、どういうこと!?」

『要するに、めぐるの判断が正しかったってことさ。……だったら簡単な話だ、ボクたちはとにかくクラウディウスを攻撃して、隙を作りだせばいい――頼んだぞ、すみれっ!』

「わ、わかったわ……?」


 小首をかしげながら、すみれちゃんは戸惑った表情でこちらに顔を向けてくる。あたしも、何のことなのかさっぱりわからないんだけど……。


「信じよう、すみれちゃん。エンデちゃんと、アインちゃんのことを……!」

「……そうね。私も、そう信じるあなたを、信じるだけっ……!」


 そう言ってあたしたちは頷きあい、お互いの武器を構える。そして渾身の気合を込めると、クラウディウスに向かって攻撃を仕掛けていった――。


「食らいなさい! 『ベクター・ストライク』っっ!!」

『っ、……ぐっ、ぉぉ……っ!?』


 次々と現れる漆黒の障壁に構うことなく、すみれちゃんは連撃の刺突を目にも止まらぬ速さで繰り出す。その勢いは、鉄壁の防御で攻撃を阻んでいるはずのクラウディウスの巨躯に真っ向からぶつかり、……どころか、彼女自身が鋭くて大きな槍と化したように、徐々に押し戻すほどの勢いで激しく迫っていった。


『――行ってください、めぐるさまっ!!』

「わかった! 『ベクター・ホリゾンタル!!』っっ!!」


 散らばる瓦礫を素早く避け、飛び越えて移動して、すみれちゃんの連撃に対峙するクラウディウスの背後に回ったあたしは、エンデちゃんの剣を振りかぶると横薙ぎに力いっぱい斬撃を放つ。すると、その刀身から今度は真一文字の閃光が迸り――障壁を展開する余裕もなかった怪物の背中に大きな傷をつけていった。


『っ、ぐわぁぁっっ……!? き、貴様っ――、!?』

「……こっちを忘れないで。『エンジェルローリングサンダー・昇天』ッッ!!」

『ぐっ、ぐぉぉぉぉっっ!?』


 反射的に振り返ったクラウディウスの注意が逸れた瞬間を狙い、すみれちゃんが怒涛の連撃を怪物の喉元へと見舞う。それは、刃だけでなく柄の半ばまでも突き刺さるほどの必殺の一撃となり、その穿たれた傷口からはどす黒い血……ではなく、漆黒の波動がものすごい勢いであふれ出してきた。


『……巨大化したクラウディウスは、その身体ゆえとっさの動きに遅れが生じ、その弱点を補うためにこちらの考えを「読んで」いたのです。つまり――』

『それよりも速く、そして想定以上の攻撃を加えることで、判断はいやが上にも遅れることになる。まして――』


『なぜだ……なぜだ、ディスパーザよ! なぜ、俺に力を貸さぬっ?』


 傷つき、うめき声をあげながら……クラウディウスはあたしたちではなく、「誰か」に声を限りにして呼びかけていた。


『貴様もあの、失われた世界の者どもの声を聞いたのであろう? あのような哀れで惨めな命運を受け入れることが、貴様の出した答えだとでも言うのか!?』

「……っ……!?」


 すると、その言葉を聞いたすみれちゃんは、何かに気づいたのか……はっ、と息をのんで目を見開く。その表情の変化に、あたしはどうしたのか、と話しかけようとした……けど、その時だった。


『こうなったら……こうなったら貴様など、もう当てにはせぬ! 俺は、俺の力と、意志ですべてを壊し――そして、取り戻してみせるだけだッッ!!』


 そう言ってクラウディウスは、あたしたちに向けて両手をかざし――さっき放ったものよりも巨大で、禍々しい漆黒の渦をつくり出す。そして、それがこちらに向けられて今にも射出されようとしたのを見てとったあたしたちが身構えた、次の瞬間……!


「――ファントム・インパルス!!」

『ぐぁぁぁぁっっ!!』


 その叫びとともに、広間の瓦礫の隙間から一条の電撃が放たれて漆黒の渦の中心を正確に撃ち抜く。それによって渦はクラウディウスの手の中で炸裂し、直撃を至近で受けた巨体はたたらを踏むようによろめいて後ずさった。

 援護の、攻撃……? それを繰り出してくれるのは、すみれちゃん以外なら「あの人たち」だけ……!


「テスラさん、ナインさんっ!?」

「……ご心配をおかけして、すみません。かなりダメージを負ってしまいましたが、この方に助けてもらって……」


 そう言って、瓦礫の隙間から姿を見せたテスラさんの背後には……いつの間に移動していたのか、アストレアさまが立っていた。


「アストレアさま……っ!」

「完全ではありませんが、もう心配はありません。さぁ……!」

「……感謝します」


 アストレアさまに促され、テスラさんとナインさんはあたしたちのもとへとやってくる。その顔色は、アストレアさまが告げたように万全とはとても言えなかったけれど……瞳の輝きだけは強く、そして頼もしい力に満ちているようにも見えた。


「めぐるさん、すみれさん……今がチャンスです! 私たちがやつの動きを止めますから、お二人はそこを狙って必殺の一撃を叩き込んでください!!」

「わ……わかりましたっ!!」

「行きますよ、なっちゃん! 全力で……受け取って!!」

「了解っ……はぁぁぁぁっっ!!」


 ナインさんが振り上げた大剣に、テスラさんの放った電撃が宿って光を放つ。それを受けた彼女は、クラウディウスの目前にまで迫り――。


「ファントム・アウトレイジっっ!!」


 最大量の電光をまとった閃撃は巨大な衝撃波と化し、クラウディウスに襲いかかる。すぐさま怪物は手をかざし、障壁を生み出そうとしたが……二人の全力で放った必殺のそれはまるでガラスでも打ち破るように粉々に破壊し、その勢いを失うことなくむき出しになった胸元で炸裂した。


『ぐっ……おぉぉぉっっ!!』


 クラウディウスの巨体が、ぐらり……と、揺れる。その瞬間――。


「っ?……めぐる、あれを見て!」

「あ……あれはっ……!?」


 すみれちゃんの指さした先に目を向けて、あたしはあっ、と思わず声をあげる。テスラさんたちの攻撃を受けたクラウディウスの胸元は、土壁が崩れるように削り取られ……その奥には、きらり、と輝く小さな光点がはっきりと見えた。


「『魔王のメダル』が、あんなところに……?」

『……えぇ。クラウディウスのあの身体を構成しているのは、膨大な量の『マナ』。つまり、力を繰り出したり、ダメージを受け続けたりすれば……やつは、その身体を維持することができなくなるのです』

『……とはいえ、それを言葉で説明するとやつに伝わっちまうからな。実際に見えるようになるまで、黙ってるしかなかったってわけさ』

「そうだったんだ……」


 改めてあたしたちは、エンデちゃんの洞察力の深さに感動する。それと同時に、彼女を信じてよかったと心から思っていた。


「……めぐる、あれで決めるわよ」

「うんっ! ルンルンアタック……じゃなかった、フォーメーションRのあれだねっ!」


 そう答えるあたしに、すみれちゃんは苦笑交じりに……でも、なんとなくだけど嬉しそうに頷いてくれる。

それから、あたしたちは呼吸を整えて――一気に全身の力を解き放ち、疾風のごとく駆け出していった。

 あたしは正面から、クラウディウスの間合いの内側に迫る。すると、その突撃を予想通り「読んで」いたのか、怪物はあたしに対峙すると障壁を展開――だけどっ!


「はぁっ……!」

『……なっ……!?』


 障壁が届く寸前であたしは右にステップし、転がってもいいくらいの勢いで怪物の視界から外れる。その一瞬の隙をついて、今度はすみれちゃんが背後に回り……構えていた矛をその足元目がけて横薙ぎに払った。


『っ、ぐぅぉぉぉっっ!!』


 巨体ではその斬撃をかわすことができず、クラウディウスは咆哮をあげてぐらり、と体勢を崩す。そこへ、


「これで――とどめだぁぁぁっっ!!」


 すみれちゃんの攻撃と同時に天高くジャンプをかけていたあたしが、大きく振りかぶった大剣を渾身の力込めて振り下ろした。

 さらに、その反対側にはすでに攻撃の準備を整えた、すみれちゃんが矛を構えていて――そしてっ!!


「エンジェルジェットスライダー・降臨っっ!!」

「エンジェルローリングサンダー・昇天っっ!!」


 降臨(ディセント)と昇天(アセンション)。二つの聖なるベクターが重なり合い、巡り合う先に存在するものは――。


「「セイクリッド・ホライズンッッ!!」」


 聖なる光と闇が混ざり合う、ただ一条のきらめき……っ!


『ぐっ……? っ、ぐわぁぁぁぁぁっっ!!』


 その同時攻撃を中心部に受け、虚空に浮かんでいた『魔王のメダル』がきぃぃん、と金属音を立ててはじけ飛ぶ。それによって、クラウディウス……かつてのカシウス・アロンダイトはついにその肉体とともに、その場に倒れていった――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます