恋愛短編 『華道ガールと書道ボーイのミックス展覧会』

作者 くさなぎ そうし

秋の章 書道ボーイのワンコイン文化祭」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 閲覧いたしました。

    ざっと読んだだけでしたが、かなり濃密で読み終えた後しばらく感動の余韻に浸っておりました^_^

    流石に大賞を取るだけのことはあるかなと存じ上げます(^^)

    私も見習わなくてはいけないかなと思いました❗️

    勝手な事と存じ上げますが、かなり感動して、くさなぎ様の作品を全て閲覧したくなり、フォローさせていただきましたm(__)m

    いやー、久し振りに面白い作品に出会えました!

    作者からの返信

    コメントありがとうこざいます( ^ω^ )

    とんでもない!

    ただのマグレですので、お気を確かに(笑)

    全てに読む価値があるとは思いませんが、書道ボーイの長編を書き上げている最中です。

    小説を書かれる方は7時間の幸福がおすすめですね!

    ありがとうございます!

    もしまたお会いできたら嬉しいです!

    2018年7月26日 20:32

  • 遅ればせながら拝読しました。
    一番感情移入がしやすいのはやはり花鈴ちゃんですね。
    けれども、自分の道を極めるため、その道で根を張り花を咲かせるため、恋愛を糧として取り込もうとする愛染さんと涼介くんの生きる世界の厳しさがとても鮮烈で印象深かったです。

    愛染さんはその後すっぱり彼との関係を断つことができたのかが気になりますね。
    長編も楽しく読ませていただきます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます^^

    なるほど、ご意見参考になります! 是非、長編で生かさせて頂きますね!

    長編では、今の所、二つのエンディングバージョンを考えております。

    お付き合い、頂けたら嬉しいです^^

    2017年10月4日 21:44

  • なんだかすごく深みのある作品でした。
    書道や華道を恋愛にすごく上手く絡めているなって思いました。
    しっかり取材したのかそれとも心得があるのか、説得力もあって、さすが受賞作だって納得しました!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます( ^ω^ )

    心得はかじった程度ですが、極めていけば、奥が深くなっていくのではないかという思いで書かせて頂きました。

    こちらの話、長編として再出発しております。

    必ず読んでよかったなといえる作品にできるよう精進していきます。

    またお会いできることを願っております。

    お読みくださって本当に嬉しいです、ありがとうございます!

    2017年9月20日 21:25

  • 大賞が決まって『読もう読もう』と思いながらようやく時間ができましたので拝読させて頂きました。

    とても15000字とは思えないほどに重厚な男女の物語に圧巻です( ; ゜Д゜)

    あっという間にすらすらと読み進めることができました。

    これは大賞待ったなしですな。

    「先生!弟子にしてください!」←

    作者からの返信

    コメントありがとうございます( ^ω^ )

    ご冗談を(笑)

    僕のレベルではまだまだです。だからこそ、もっと精進してプロの作家になれるよう頑張ります!

    お読み頂きありがとうございます、またお会いできる日を願っております( ^ω^ )

    2017年9月18日 19:12

  •  驚きの展開でした。

    作者からの返信

    最後までお読み頂きありがとうございます。

    短編という立ち位置上、中途半端な終わり方をしてすいません。

    もし長編にする機会があれば、またお会いできることを願っております。

    2017年7月20日 20:49

  • ……タイトルに、騙されました。
    勝手に勘違いしただけですが、華道ガールと書道ボーイの切磋琢磨ライトな青春恋愛物だと勘違いして読み進めていた分、そのギャップがインパクト大でした。そして、思わず考えさせられてしまう読みごたえが凄い作品です。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます(^ω^)

    ですよね、すいません(´-`)

    ライトに書くつもりだったのですが、文字数の都合上、インパクトのあるシーンを重視しました。

    お読み頂き本当にありがとうございます、嬉しいです(^ω^)

    2017年7月9日 18:54

  • 深い。深すぎます。

    高校生の甘酸っぱい胸キュンストーリーかと思いきや……。

    さすがは先生です。そんな単純なお話ではありませんでした💦

    深く考え込ませるお話。
    ありがとうございます。

    作者からの返信

    コメント最後まで、ありがとうございます(^ω^)

    高校生ぽくはないですよね(笑)

    実際にこれがあったら、中年の世界のようにも感じてしまうでしょうが、そこはもう道の世界ということで(笑)

    また桜井さんの物語でお会いしたいと思ってます。

    読んで頂き本当にありがとうございます(^ω^)

    2017年7月7日 00:01

  • こんにちは~^^

    真っ新な紙の中に「文字」というアートを想像してから筆を流していく……余白の使い方も大事なファクター、という考え方からすれば、書道でも「書く」ではなく「描く」という表現が合っていますね^^

    初恋というものは、えてして実らぬもの……彩華ちゃんが本当の愛に染まる時を、楽しみにしたいです。
    同時に、二人の切り開く「答え」も気になるところですな☆(続編期待♪)


    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    最後までお読み頂き、本当に嬉しいです。

    最後の彼のお話、文字数の関係上、大分、省略させて頂きました。

    今回のような短編では群像劇は圧倒的に不利ですが、敢えて、投稿しようと思い、愛宕さんに意見を頂けてよかったです。

    もし、この作品が長編になった時、再びお目に書かれたら、どんなに嬉しいことかと想像してしまいました。

    また会えることを願っております。

    本当にありがとうございます、元気が出ました!

    2017年6月21日 21:03