「 蓮華の花守 - 予兆 」(九)

 

 

――― 翌朝 ―――



睡蓮スイレンは女官仲間に夜間の話をしてみるが、皆 口々に " 自分では無い " と述べ、職務を続けた。


「 きっと、警備の者よ ――― あなた達 怖がりなのね? 」と、睡蓮スイレンの話を聞いた花蓮カレン女王が湯船の中でクスッと笑みを浮かべたかと思いきや「 それよりも、遂に明日ね……嫌だわ…大嵐でも来ないかしら? 」と、朝から早々に表情を曇らせた ――― 。


「 でも、陛下……いつかはお世継ぎを御産みになりません事には ――― 」


紅魚ホンユイが 敢えて、少々 突っ込んだ言葉を掛けると女王はしかめた顔をうつむかせたまま の後、女官達に口を開く事は無かった。




「 良い? 睡蓮スイレン ――― ライル様が良さそうな方なら、今回の縁談を必ず成功させる為にあなたも頑張るのよ? 」


湯殿の後片付けをしながら、紅魚ホンユイ睡蓮スイレンに念を押す様に強い口調で告げる。

彼女や珠鱗しゅりん ――― ある程度 歳を重ねている臣下達は、リエン国に必要なのは次期国王と考えており、女王付きの女官と言えども、ればかりは女王の意思を優先する事ばかりは出来ないと思っている ――― 。


「 はい…! ――― そう言えば、ロータス国って、どんな所なのですか? 」


「 リエンと違って熱いとは聞くかな? 地面とか渇いてるらしいよ? 」と、答えた緋鮒ひぶなの言葉に睡蓮スイレンは " 渇いている地面 " とは、どの様な状態なのだろうかと関心を寄せた ――― 。


( ロータス国の記憶も私には無いみたいね…――― )





三日目の今日は、宮中全体が慌ただしい雰囲気に包まれており、花蓮女王の機嫌も 余り良いとは言えず、睡蓮スイレンも休憩の時間まで何かを考える様な暇も無く ――― 無心で自分の出来る事に務めた。


「 今日は人少ないね~? 」と、東天光トウテンコウが緑色のお茶を飲みながら食堂の円卓に座る顔ぶれを眼鏡越しに眺める。

自分以外には、睡蓮スイレン白夜ハクヤ日葵ひまりの三名しか座っていない ――― 。



日葵ひまり、帰らなかったんだね? 」白夜が日葵に問うと、日葵は笑顔で「 王子様も気になるし、睡蓮スイレンや先生も心配だからね! 」と橙色の異国の飲み物を口にした ――― 既に二杯目である。


「 父さんは? ――― 帰ったの? 」


「 うん!しゅんちゃんと朝から診療所に帰ったよ ――― でも、後で帰って来るって言ってたから夜には戻ると思うよ? 」



睡蓮スイレン白夜ハクヤに昨夜の足音についての女官達と女王の話をすると、白夜は「 そう…――― 警備の者か。 」と、腑に落ちない様子で返事をした。


「 足音って? 」 ――― 訊ねて来た東天光トウテンコウに、睡蓮と白夜の二人が昨夜の出来事を話すと、東天光は怪訝けげんとした表情で黙り込み、日葵ひまりは「 " 何とか様 " じゃ無いのかい!? 」と迷わずに晦冥カイメイを疑った。


「 いや、晦冥 様なら気付くか…――― あの人は、中途半端に気配を残すような事はしないような気がする。 」と白夜ハクヤも眉をひそめると、ぐに何時いつもの穏やかな表情に戻り「 そう言えば、桔梗ききょうは? ――― 元気にしてる…? 」と、日葵ひまりに訊ねた。


睡蓮スイレンの前で初めて白夜ハクヤ桔梗ききょうの事をたずねて来たので、色恋の話が大好物の日葵ひまりまでと何かが変わっている事に瞬時に気付いたが、今日の所は突っ込む事は止める事にした。



「 そうそう、睡蓮スイレンちゃん ――― 後で、医院の人達が花蓮様の所に向かうと思うからよろしくね? ――― あ!あたしは行かないけどね。 」


東天光トウテンコウの言葉通り、睡蓮スイレンが女王の私室に戻ると小規模ながらも宮中の医者が列を作って佇んでいた ――― 。


「 あの…これは? 」圧倒された睡蓮スイレンが恐る恐る尋ねると、蝶美チョウビが「 女王さまの体調の確認だよ♪ 歯とか肌とか血液とか、ぜ~んぶ 診るんだよ ――― スゴイよね? 」と明るい笑顔で答える。

良く見たら、姫鷹ヒメダカの姿もったので睡蓮スイレンは彼女に微笑むと、姫鷹も片目を閉じて睡蓮に微笑んだ。



長時間、医者と過ごした花蓮カレン女王の苛立ちと疲れが最高潮に達した頃 ――― 夕刻の湯浴みの時間になる。

明日は人前に出るので、花蓮カレン女王はまで以上に自身の脚に磨きをかけねばと考えており、までと同じ様に 脚の手入れを蝶美チョウビに任せていた ――― 。


「 女王さま、この後 爪に装飾もしましょうね! 」


蝶美チョウビの言葉にまでと同じ様に花蓮カレン女王は無言で頷くと、睡蓮スイレンのほうを見て微笑んだ。


( ? ――― 女王様がこちらを見てる……? )


睡蓮スイレンが微笑み返すと、女王は今度は目をつり上がらせて睨むような瞳で見つめ返して来た ――― 。

の燃え上がる様な女王の瞳が何を意味するのか睡蓮スイレンには解らなかったが、睡蓮は女王の瞳 ――― 視察の時に感じた様なまでとは違う雰囲気の彼女に微かな恐れを感じていた。



湯浴みを終え ――― 女王の着替えの手伝いが終わると、女官達はまでと同じ様に蝶美チョウビに女王を任せて、二人の背後で 明日からの日程の確認を行い始めた。

までと同じ様に、花蓮カレン女王は自身の鏡台の鏡に映る睡蓮スイレンの姿を見ている ――― 。




「 見て!睡蓮スイレン ――― 綺麗でしょう!? 」


蝶美チョウビによる手足の爪の装飾が終わると、花蓮女王は いの一番 ――― 真っ先に睡蓮の名を呼び、自身の手 ――― 特に両脚を嬉しそうな笑顔で見せた。


「 はい…!とても…――― とても、綺麗です! 」


微笑みながらの睡蓮スイレンの返答に満足した花蓮カレン女王は、再び キッとした表情に変わり、紅魚ホンユイのほうを見つめると「 紅魚ホンユイ、あなたは 今日は まだ 帰らないで! ――― どうせ、夫も子供も居ないのだから暇でしょう? 」と、嘲笑う表情で紅魚を見つめた。



花蓮カレン女王のの言葉に棘があった事は、紅魚ホンユイ ――― そして、他の女官達もぐに気付いたが " 女王 " 相手に 何処迄どこまで 意見して良いのか判らず、全員が固唾かたずを呑む様に各々おのおのの出方をうかがう ――― 。


睡蓮スイレンは " 言葉に棘がある " と断定するまでには至っていないが、女王が紅魚ホンユイに冷た気に言葉を掛けた事には気が付いており ――― 湯殿での瞳と重なり、女王の様子がまでとは何かが違う様な気がしていた。



「 ええ、おっしゃる通り暇ですので何なりと ――― 」

" 女王は今朝の自分の言葉を根に持っている " と考えた紅魚ホンユイは、図らずもの瞬間から花蓮カレン女王の母親役を買って出る事となる。



顔色ひとつ変えない紅魚ホンユイ花蓮カレン女王は不満そうに見つめると、「 蝶美チョウビ、いつもありがとう…! 皆はもう休んで? 明日はよろしくね。 」と、までとは違い、女官達に初めてねぎらいの声を掛けた。


女王の言葉を素直に受け取った蝶美チョウビまでを知らない睡蓮スイレン以外の女官達 ――― 紅魚ホンユイ珠鱗しゅりん緋鮒ひぶな の三名は、女王の雰囲気が以前とは違う事を感じ取ってはいたが、不敬罪になる可能性を恐れ ――― 女王の部屋を離れても女王の変化について話題にする者は誰ひとりいなかった。


――― と、言うより 、各々は明日からの見合いの準備で雑談をする余裕など無かったのだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人