「 蓮華の花守 - 晦冥と睡蓮 」(三)

  


睡蓮スイレン何処どこの部屋に泊まるか聞いた? 」

蒼狼せいろう蝶美チョウビと共に 王族の居住棟に戻りながら、白夜ハクヤ睡蓮スイレンに訊いたのだが、睡蓮はまだ部屋の事を聞かされていなかった。


「 わかりません……。 」と、睡蓮スイレンが不安気な表情をするのを見て、蝶美チョウビには彼女が何故そんな顔をしたのか理由が解らなかったが「 たぶん、珠鱗しゅりんさまや紅魚ホンユイさまのお部屋があるトコと一緒だよ? 戻ったら、聞いてみよっ?」と、睡蓮スイレンを励ます様に優しく微笑む。



「 俺達は王族の居住棟の隣の棟に居るから…――― と、言っても、女性は立ち入り禁止なんだけど…… 」

離れた場所で、睡蓮スイレンの危機をどうやって察知すれば良いのか ――― 白夜ハクヤは、まだ解決策が見出せていなかった。


「 そう!寄宿所だって近いのに、俺も今日から其処そこなんですよ! 忙しいのは四日目からなのに ――― 」と、少々 不満気に言いながらも 蒼狼せいろう晦冥カイメイや行方不明者について何か探れないかなと考える。


「 ふ~ん。。。蒼狼せいろうくんがそうなら、アタシも近くにいなきゃダメなのかなぁ? 」


「 何にしても、君等の部屋って男子禁制で 晦冥カイメイ様は入れないよね……? 」と、白夜ハクヤが問うと「 うん!――― と、思うよ? 」と蝶美チョウビは元気良く頷いた。


( ――― それなら大丈夫かな……? )

白夜ハクヤは考えながら「 判ったら教えてね? 」と睡蓮スイレンに念を押し、睡蓮スイレンも「 はい! 」と頷いた。






 

  

――― 未の上刻( 十三時過ぎ )―――



睡蓮スイレン蝶美チョウビが女王の私室に戻ると、其処そこには ――― ・・・・



「 ああ、君か 睡蓮スイレンさん ――― どうかな? 女官の仕事は 」


「 !!! 」


女王の部屋には晦冥カイメイが訪れており、睡蓮スイレンは言葉を失った。



「 こんにちは~ ! 晦冥カイメイさまぁ 」と、無邪気な様子で 彼の近くに蝶美チョウビが駆け寄って行くと「 フフ……こんにちは、 蝶美チョウビ ――― 相変わらず元気だね。 」と微笑みながら「 アメを食べるかい? 」と晦冥カイメイは桃色の包み紙で包まれた アメ蝶美チョウビに手渡した。


「 わぁ~!! ありがとうございます! 」


睡蓮スイレンさん…… " 睡蓮スイレン " と呼んでも良いかな? ――― 君は何色がお好きかな? 」


「 !? 」 ――― 睡蓮スイレンは、立っているのがやっとの状態だったが、優し気な様子の晦冥カイメイ に戸惑ってもいた。

( ――― このかたは 黒い矢とは関係無いの……!? )


晦冥カイメイかたわらには花蓮カレン女王が紅魚ホンユイに髪を櫛で梳かさせながら、睡蓮スイレンから見て横向きの状態で椅子に座っており ――― 顔だけを此方こちらに向けて睡蓮自分を眺めているので、性分のせいもあって何も告げないまま部屋を飛び出して行く事も出来ず ――― 必死で、どうやっての部屋から離れるかを考えていた。


「 白!睡蓮スイレンは白が好きです! ――― ね?睡蓮スイレン 」と、代わりに答えた蝶美チョウビ睡蓮スイレンの様子がおかしい事に気付く ―――

睡蓮スイレン? なんか、お顔が。。。真っ青だけど ――― え? もしかして、風邪!? 」


「 えぇっ!? ――― やだ!そうなの!?睡蓮スイレン 」と紅魚ホンユイも 女王と自分達の身体を心配して真っ青になる。


「 ” 白 ” ですか ――― 残念ながら白色は無いので、貴女にはこちらを…… 」と、晦冥カイメイ は 自身よりも身長が低い 睡蓮スイレンと目線を合わせる様に身をかがませて彼女に黒色の包みの アメを差し出した。


「 ――― い…要りません……!! 」 後退あとずさりしながら睡蓮スイレンは小さな声で呟いた。

片手は、ころもに忍ばせている白夜ハクヤから貰った白い貝殻を衣の上から握り緊しめている。

彼女のの様子を、花蓮カレンは静かに じっと見つめていた。



「 ――― 甘い物はお嫌いかな? 」


「 遠慮しないでもらいなよ~睡蓮スイレン! ――― はい! 」と、蝶美チョウビが代わりに晦冥カイメイの手から受け取り、睡蓮スイレンに手渡して会話を続けた。


「 さっき、ちょうどアメのお話をしてたんですよぉ ――― ハチスさまがよく配ってたお話! 」


「 そうでしたね。私もアメを手に入れると配りたくなるのは ハチス先王の影響かもしれないな? 」


晦冥カイメイ は、蝶美チョウビにこやかな表情で微笑み合うと「 では、そろそろ参りましょうか? 陛下 ――― 」と、花蓮カレン女王の手を取って彼女を立ち上がらせた。

二人が何処か行く様子に、睡蓮は思わず ほっとして胸を撫で下ろしたのだが、彼女を見つめ続けていた花蓮女王は、歩みを進める事無く 微笑みを浮かべた ――― 。


睡蓮スイレン、付いて来てくれる……? 」


女王は頼む様に睡蓮スイレンに言葉を掛けたが、女王からの申し出とは " 付いて来い " と同じ意味である。

晦冥の手を取って、微笑みを浮かべて佇む彼女の申し出に睡蓮スイレンは戸惑いを隠せずにいたが、選択権は無い ――― 。


「 あの。。。でも、睡蓮スイレン 風邪っぽいから女王さまにうつっちゃったら ――― 」

「 そ…そうですよ!陛下、付き添いならわたくし蝶美チョウビが ――― 」

見合い前の女王の身体を心配した蝶美チョウビ紅魚ホンユイが口を挟んだのだが、「 睡蓮スイレンが良いの!! 」――― と、珍しく声を荒げた様に女王が大きな声で自分達を睨みつけたので、蝶美チョウビ紅魚ホンユイは一瞬、瞳に驚きの色を浮かべて 黙り込むしか無かった。


「 ねっ?良いでしょ?睡蓮スイレン ――― 行きましょ! 」と、花蓮カレンは右手を晦冥カイメイの手に預け、左手で睡蓮スイレンの手を引きながら睡蓮の返答を確認しないまま 悦びを浮かべた表情で部屋を後にした ――― 。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!