「 蓮華の花守 - 一日目の食堂 」(二)

   

 

―――――― 午の下刻 ( 十ニ時過ぎ )



食堂の円卓を睡蓮スイレン白夜ハクヤ達一行が 二台程 独占している。



「 ちょっと、日葵ひまりちゃん! こんな良い男と どこで出会ったのよ!? 」

「 あたしも知りたい! 」 ――― と、酒は無いが夜の飲み屋のノリで姫鷹ヒメダカ東天光トウテンコウ何処どこから如何どう見ても、美青年で愛妻家の春光しゅんこうの姿を見て日葵ひまりに問うと、葵目アオメも少し頬を染めながら無言で頷く。


「 それは、話せば長くなるねぇ! 」と、日葵ひまりが思い出の日々を脳裏に浮かべて幸せそうな笑顔で医院の三名へ告げると、春光しゅんこうも「 まぁ、そうだね。」と、日葵ひまりと見つめ合い、仲睦まじげに微笑んだ。



「 なかなか良い食堂じゃの ――― わしも今度から此処ここに食べに来るかのう? 」


「 でもね!秋陽しゅうよう先生 ――― 前はもっと美味しかったんだよ? 」と、蝶美チョウビ秋陽しゅうように告げると「 だよねぇ!? アタシも前のほうが好きだった! 」と緋鮒ひぶなが同意する。



「 ――― なんで、こんなに人が……? 」

白夜ハクヤが知り合いだらけの円卓を訳が分からないと言った表情で眺めていると「 良いじゃないですか? 賑やかで楽しいですよ。 」と 蒼狼せいろう が 特に気にせず麺を啜る ――― 。


( 最近、知り合いが揃った時はろくな事が無いんだが…… )と、考えながら白夜ハクヤは周囲を警戒した。



秋陽しゅうよう日葵ひまり春光しゅんこう ――― 姫鷹ヒメダカ葵目アオメ東天光トウテンコウ の 六名は、睡蓮スイレン達が来るであろう時間に合わせて食堂に張り込んで世間話をしており、女王の御見合いに医院は余り関係無いだろうと言う事で、医院の三名も出来る限りで睡蓮スイレン達を見守る事を秋陽しゅうようと約束していた。


――― 睡蓮スイレンは、余り 会話に参加する事は無かったが、皆が居る光景を楽しそうに眺めながら食事をしている。





「 さ~てと、アタシは先に戻ろっかな ――― 皆さん、サヨナラ! 蝶美チョウビ睡蓮スイレンちゃん また後で~! 」

緋鮒ひぶなは席を立ち上がり食器を手に持つと、皆に手を振って仕事に戻って行った ――― 。

一行は色々と話したい事が有るのだが、睡蓮スイレンの事情に無関係で女王や 晦冥カイメイに近い 蝶美チョウビが居るので 口を閉ざしている。



「 あの、葵目アオメさん…――― こないだは、お手紙を有難うございました。 」

睡蓮スイレンがお礼を言うと、日葵ひまり春光しゅんこうには自分の事情を説明済みだが、蝶美チョウビの前なので葵目アオメは優し気な笑顔で無言で頷いた。

「 今度、お返事しますね。 」――― と、睡蓮スイレン葵目アオメに微笑んだのを決して、白夜ハクヤは見逃がしてはいない ――― 。



葵目アオメさんって、女王さまみたいだね! 」


寡黙かもく葵目アオメの様子を見て、蝶美チョウビが無邪気に笑うと、姫鷹ヒメダカは「 あ~…確かに。 」と苦虫を噛み潰したような顔をしながら( " 女王様 "と聞くと何だか……――― )と彼女らしい妄想を頭の中で繰り拡げ始めた。


「 ? ――― 花蓮カレン様も寡黙な御方なんですか? 」と 蒼狼せいろうが訊くと、「 うん、そうだよ ――― ねっ?睡蓮スイレン 」と 蝶美チョウビが相槌を求めたので睡蓮スイレンも彼女に続く「 はい…!…――― 女王様はお静かな方です。 」




「 なんだい? ハクちゃんと せいちゃんは会ったんじゃないの? 」

「 ――― あの、 せいちゃんって俺の事ですか? 」と、蒼狼せいろうが口を挟んだが白夜ハクヤ日葵ひまりは気にせず会話を続けた。


「 部屋の出入りをされる時のお姿は何度か見たけど、喋ってはいないから…――― 」


ハチス 様 は そんな事は無かったのよぉー! 」と姫鷹ヒメダカハチスに想いを馳せると、葵目アオメも淋しげな表情で同意する様に頷き、東天光トウテンコウも温かい緑色のお茶を飲みながら、しみじみと「 なんか、友達みたいな王様だったよねぇ…――― 」とハチスの姿を思い返す――― 。


「 あ!それ解ります ――― その辺に居そうで居ない御方って言うか 」と蒼狼せいろうも笑い「 ハチスさまは、よくアメをくれたよ! ――― 女官のみんなに配ってたの! 」と蝶美チョウビも笑うと「 俺もアメ 貰ったな……持ち歩いてるのかな? 」と 白夜ハクヤも笑う。


睡蓮スイレンは、リエン国の人々は ハチス先王の話をする時は何時いつも楽しそうだなと考えながら、皆のその様子を見て自身も微笑んだ。

残念ながらハチス先王の記憶は無いが『 アメ 』と云う言葉には覚えがあった ――― ( アメ…… たぶん、食べた事あるような気がする…―――? )




ところで ――― ハチス 様と言えば、蝶美チョウビさんは山兎恵ヤマトエさんと南海沼ミナミヌマさんには会った事ある? 」と、蒼狼せいろうが切り出すと「 あるよ~!――― あれ!? そう言えば、最近 見てないかも?……アタシが女王さまに付きっきりだからかなぁ? 」と、蝶美チョウビは愛らしく小首を傾げた。


「 ――― 晦冥カイメイ様が側近になられた理由って知ってる? 」と、 白夜ハクヤ蝶美チョウビに訊ねると、医院の三名や秋陽しゅうよう達三名も 皆、彼女の言葉に注目したが「 ん~ん!知らな~い! 」と、嘘か誠か ――― 本当なのだが、彼女は首を横に振った。



「 君は、女王になる前の花蓮カレン様にも仕えていたの? 」 白夜ハクヤは続ける ――― まるで、尋問の様だ。


「 ううん!違うよ? ――― アタシ達は皆、女王になった女王さまから仕えてるよ? 」


「 女王になる前の花蓮カレン様に仕えてた女官の人達って誰だったか知ってる? 」


「 え~っと……ゴメンなさい、わかんないや…! ――― そう言えば、引き継ぎ(?)みたいなのは無かったかも? あれ? あったっけ? 」と、普段は笑顔を絶やさない蝶美チョウビが真顔で考え込み始めると「 医院と同じね……。 」と、姫鷹ヒメダカ葵目アオメ東天光トウテンコウのほうを見ながら呟いた。

葵目アオメ東天光トウテンコウも真顔で頷く。



「 ――― 知り合いの中で 最近、見かけない人って居る? 」蒼狼せいろうの質問に蝶美チョウビは不信感と退屈を覚え「 ちょっとぉ~!さっきから何なの?意味わかんないんだけどぉ! 」と眉をひそめながらも「 見かけない人……いっぱいいるよ? ――― だって、アタシ達は女王さまに付きっきりだもん! 」と頬を膨らませた。


「 だから、こ~んなに たくさんの人と ご飯 食べたの久しぶり! ――― 緋鮒ひぶなもそうだよ! 睡蓮スイレン、友達いっぱいなんだね! 楽しかったぁ~ アリガトっ! 」


「 え? 」


睡蓮スイレンは、蝶美チョウビの明るく愛らしい笑顔を見て、思わず微笑み返したが( どちらかと言うと、 白夜ハクヤさんのおかげよね……? )と、円卓に座る顔ぶれを改めて眺めた ――― 。

良く見ると、日葵ひまりだけは まだ何かを美味しそうに黙々と食べ続けていたので、思わず睡蓮は微笑んだ。




一行は、取り敢えず明日のお昼も合流する事にしての日は解散する。


「 まっ 、時間が合ったら あたし達とは夜も会いましょう ――― ねっ? 白夜ハクヤくん 、夜よ?夜。」と、別れ際に姫鷹ヒメダカが妖しげな笑顔で " 夜 " を強調して来たので、白夜ハクヤは( ――― 絶対に会ってはいけない気がする…… )と危機感を募らせた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー