「 春光と日葵 」

 

 

睡蓮スイレン、あいつ等は晦冥カイメイ様に近い ――― あの二人の所に長居はしちゃ駄目だ! 」


「 は…はい! 」


何時いつもは並んで歩いてくれる白夜ハクヤが、自分より少し前を歩いている事に睡蓮スイレンは気が付いていた。

( ――― 何かお急ぎになられているのかしら…? )


「 あの……白夜ハクヤさん、私 明日から七日間は宮中に泊まり込みで仕える様に云われて……――― 」


「 俺 や 蒼狼せいろうもそうだよ ――― 大丈夫、必ず守るよ。 」


「 は…はい…! ごめ ――― ありがとうございます…。 」と、理由は自分では解ってはいないので " 何となく " 睡蓮スイレンは頬を紅く染めてうつむいた。


( 今、" ごめんなさい " と言おうとして、" ありがとう " と言ったよな……? )


白夜ハクヤは、睡蓮スイレンがどんな表情をしているのか見たいのを桔梗ききょうを想って我慢したのだが、心の中で睡蓮スイレン と 睡蓮の花を見た日の事を思い返す ――― 。


( ――― 嬉しいと言う意味なのだろうか……? )




二人が白夜ハクヤいえに戻ると、中には懐かしい顔 ――― 日葵ひまりの夫 の 春光しゅんこうの姿があった。


「 やあ、二人とも御帰り! 久し振りだね。 」


春光しゅんこうさん!? 何で? 」と、最近、眉間にしわを寄せがちな白夜ハクヤの顔が綻ぶと、睡蓮スイレンも「 お久しぶりです…! 」と彼に頭を下げた。



「 宮中の鍵を増やしたり、作り直すとかで 今日は鍵師の何人かで下見に来たんだ。 ――― で、僕は此処ここに帰りに寄らせてもらったと言うか……何日か泊まらせてくれるかな? 」


「 勿論ですよ! 空いてる部屋はあるんで好きに使って下さい。」と白夜ハクヤは笑顔で答えたが「でも、日葵ひまりは……家に独りなんですか? 」と日葵の心配を始める。


日葵ひまりならホレ、畳の上に倒れておるぞ? 」と、秋陽しゅうよう偶然たまたま 手に持っていた扇を指した方向を白夜と睡蓮が見ると、相変わらず、ふっくらとした膨よかな体型の日葵ひまりが、王宮までの階段疲れで水分を含んだ濡れた布を額や脚などに乗せて寝込んでいた。


日葵ひまりさん!! 」睡蓮スイレン幼子おさなごの様に日葵の所に駆けて行く ――― 。


「 僕が日葵ひまりを置いて来れる訳が無いじゃないか? ――― でも、連れて来るのは正直 苦労したかな? 」と春光しゅんこうは持参した異国の紅いお茶を飲みながら笑った。



睡蓮スイレン~…! 聞いたよ!? 花蓮カレン様の女官になったんだって? 」と、日葵ひまりにしては珍しく弱々しい声で睡蓮スイレンに話しかけた。


「 はい…! まだ数日しか仕えておりませんが、日葵ひまりさんや桔梗ききょうさん、東雲シノノメさんに教わった事が役に立っています。 」


「 なんか、しばらく見ない間にしっかりしてるじゃないのさ……! 手紙も読んだよ?アレ自分で書いたのかい? 」


「 はい! 」


五名は宴の様な食事を繰り広げながら、久しぶりの再会を楽しんだ。

話は次第に、晦冥カイメイや 呪術、宮中で消えた者達の話題にも及んで行く ――― 。


シノちゃんからも聞いたけど、呪術とか行方不明って…… ――― しゅんちゃんも気を付けてよ!? 」


「 うん…。 」 ――― 鍵も何か関係あるのだろうかと春光しゅんこうは考え込み始めた。


「 あー…そうだ、父さん ――― 俺と睡蓮スイレンは明日から七日間は宮殿の中に寝泊まりしなきゃいけないんだ ――― だから、家の事はよろしく? 」


「 それは良いが……睡蓮スイレンもか!? 」と秋陽しゅうようが驚いた様子に、いまだに晦冥カイメイの名を覚えていない日葵ひまりも目を見開いて続く「 ちょっ…大丈夫なのかい!? " 何とか様 " って奴もいるんだろ!? 」


花蓮カレン様の見合いの為にだから…――― 晦冥カイメイ様も忙しいと思うし、何処どこかの王子様と御付きの人や、他の女官の人達も居るし、人は多いから ――― 」


「 人は多いかもしれないけど、それ 皆が忙しくしてるんだよね? ――― 白夜ハクヤくん、睡蓮スイレンさんが矢に襲われたのも花蓮カレン様の即位式の行進の最中だったんだよ? 」

春光しゅんこうの言葉に、四名は静まり返る ――― 特に、睡蓮スイレンは蒼褪めてしまっている。


「 あ……怖がらせてごめんね、睡蓮スイレンさん ――― でも、二人共 油断はするな。 」

穏やかな春光しゅんこうにしては珍しく、語尾を強めて白夜と睡蓮の顔を真っ直ぐ見つめた。




「 明日、医院長達にも目を光らせてくれる様、またお願いしておくかのう…… 」秋陽しゅうようも腕を組んで深刻な表情で呟く。


「 先生、あたしも行くよ! 話聞いてたら、その姫鷹ヒメダカ先生って人に会ってみたくてさ! 」


「 医院か…――― 医院の鍵も作り直すなら、僕も日葵ひまりや先生と一緒に行けるんだけどなぁ…… 」



酒が入ってるせいなのか、三名の大人達は直ぐに別の話題へと移って行ったが、春光しゅんこうの言葉で酔いが醒めつつある白夜ハクヤと、まだ酒を飲む年齢に達していない白面シラフ睡蓮スイレンは蒼白の表情で沈黙したままだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!