「 翡翠と藍晶 」

 

 

「 ――― と、言う訳で 宜しいかしら? 睡蓮スイレンさん 」


の日の夕刻、女官長の珠鱗しゅりんが明日から女王の最初の見合いが無事終了する迄の七日間、宮中に泊まり込みで女王に仕えて欲しいと睡蓮スイレンに申し出る。


れは、珠鱗しゅりんの考えと言うより女王の考え ――― 側近である晦冥カイメイの考えと言ったほうが正しい。

つまり、睡蓮スイレンには選択権は無い ――― 。



「 は…はい!分かりました。 」


「 必要な物は全て支給されるから何も心配いらないわよ? ――― 身一つで来なさい。 」と、紅魚ホンユイが睡蓮に微笑み、「 睡蓮スイレンちゃんの部屋は明日 ――― たぶん、この中の誰かが案内するんじゃないかな? 」と、緋鮒ひぶなも陽気に笑うが睡蓮スイレンはとても笑える心境では無かった。


( 七日間、ずっと宮中 ――― 晦冥カイメイと云う方の近くに……… )

――― 独りになってしまう時間など、幾らでもありそうで睡蓮スイレンの顔色に蒼が増して行く。


蝶美チョウビは、そんな睡蓮スイレンの心中を察した訳では無く ――― 彼女らしく屈託の無いの笑顔で「 たぶん、白夜ハクヤさんも泊まりこみだね! 」と睡蓮に微笑んだ。


白夜ハクヤさんも……―――? )




蝶美チョウビの予想通り、同じ頃 ――― 白夜ハクヤにも同様の内容が晦冥カイメイの口から告げられていた。


「 ――― と、言う訳で 宜しくお願いしますね? 」


「 承知致しました。 」


表面上は何時いつも通りだったが、白夜ハクヤ晦冥カイメイを取り囲む空気は氷の様な冷たさを醸し出している。


「 部屋は明日 ――― この中の誰かが案内させて頂きますね。 」と、藍晶らんしょうが微笑むが、瞳は笑っていない。



( 七日間、ずっと宮中 ――― たぶん、睡蓮スイレンもだな……… )

――― 彼女が独りになってしまう時間など、幾らでもありそうで白夜ハクヤはどうやって切り抜けるか考え始めていた。

睡蓮スイレンに情が移りつつあるのが気掛かりではあるが、彼女を守る約束は別問題であり、決して忘れてはいない ――― 。






「 ああ!わかった! ――― 君が白夜ハクヤの妹だね? 」


女王の部屋の夜間の見張りを務める翡翠ヒスイが、家路を急ぐ睡蓮スイレンを見るなり彼女に声を掛けた。

彼自身には何も思わなかったのだが、彼の手にする鎖の付いた大鎌の鋭い刃に睡蓮スイレンは物恐ろしさを感じる。


彼女のの様子に気付いたのか、もう片方の見張りの 藍晶らんしょうが「 君の事はちゃんと気付いていたのだけど、挨拶はまだだったね? 僕は 藍晶らんしょう ――― こちらは 翡翠ヒスイだよ? 」と優し気に声を掛けるが、此方こちらの青年もまた、手には大鎌を持っており、今にも振りかざしそうな雰囲気を漂わせている。



「 はじめまして、睡蓮スイレンと申します……。 」


「 兄妹で陛下に仕えるなんて凄いね ――― 滅多に無いと思うよ? 」


白夜ハクヤの妹なら僕達の妹でもあるな! でも、僕の事を呼ぶ時は " お兄様 " と呼ぶようにな! 」


( ? ――― 兄妹と思われてる? )



睡蓮スイレン! 」 ――― と、睡蓮を迎えに来た白夜ハクヤが現れると、「 来た来た!またね、睡蓮スイレン 」「 お疲れ様 」と 翡翠ヒスイ藍晶らんしょう は二人の事を双子の様によく似た笑顔で見送った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!