「 蓮鶴 」



――― 翌朝、白夜ハクヤ達 武官は王宮の水場にやって来る 黒い旅鳥の捕獲をにんじられる。



「 ……白夜ハクヤさんが欠伸あくびなんて珍しいですね? 」と、どうやって鳥を捕獲しようか考えながら、蒼狼せいろう白夜ハクヤの顔を眺める。


「 そう? 」


「 昨夜は、睡蓮スイレンさんを慰められたとか? 」


「 だから!!睡蓮スイレンと俺はそういうのじゃ無いから…… 」


「 まあ、そういう事にしておきますよ。――― ところで、こいつらどうします? 」


 

――― " 鳥は殺しても、生かしたままでも良い " かく、全てを捕獲するようにと命じられている。



「 何で、俺達が捕獲しなきゃならないんだ? 庭師とかの仕事だろ!?」銀龍ぎんりゅうがぼやきながら白夜ハクヤ達に近づいて来る。


「 武器を持ってるかららしいですよ? 」


「 なんだそりゃ!? 俺には鳥を殺す趣味はねぇぞ…… 」


「 でも、彼方あちらの方々は抵抗無いみたいですね……。 」


白夜ハクヤ銀龍ぎんりゅう蒼狼せいろうの視線の先を見ると、手当たり次第に旅鳥や野鳥達を斬り捨てている武官達の姿があった。

他にも、所々に弓矢や槍を躊躇ちゅうちょ無く突き刺している者達もいる。

宮中の水や花、石畳が 次々と鳥達の赤い血に染まって行く・・・・――― 。



「 唐揚げは好きだが、俺には無理だ! 」銀龍ぎんりゅうは赤く濁る水を見て、顔をしかめてそう言った。


「 捕まえてどうするんだろ。食えるの?こいつら…… 」


白夜ハクヤは 黒と白の羽を持つ鳥 ――― 一羽の『 蓮鶴レンカク 』の姿を見つめた。

蓮鶴レンカクは、湖や池などの水のある場所で生息する、はす睡蓮すいれんる所には必ず現れる旅鳥だ。



「 ……呪術って、生贄使うとか言いますよね? 」蒼狼せいろうの言葉に、彼と白夜ハクヤは眉をひそめて顔を見合わせた。

白夜ハクヤさん、やっぱり銀龍ぎんりゅう 殿にはお話しませんか? 睡蓮スイレンさんの事じゃ無くて、行方不明者の件だけでも。 」


「 ……う~ん、そうだな。 」



白夜ハクヤ蒼狼せいろうが小声で話す中、銀龍ぎんりゅうは容赦無く鳥を斬り殺す盈月えいげつの姿を目にし、若干 引いていた。


( あいつならると思ったが……あそこまでとは… )


盈月えいげつの近くに、蒼褪あおざめた様子の佳月カゲツがいる事に銀龍ぎんりゅうは気付き、自身に声を掛けようとした白夜達に気づかずに彼女のほうへ歩き始める ――― 。



「 行っちゃった……。 」


「 後から言えば良いさ ――― まずは捕まえよう。 」






「 おい、佳月カゲツ ――― 大丈夫か? 」


「 ! ――― はい、大丈夫です! 」


「 無理に殺さなくても良いんだ。抵抗があるなら向こうに行けよ? 似たような考えの奴らがいるから…… 」


「 ……いえ、大丈夫です!どこをどう斬れば良いのか迷ってただけですから! 」


「 そりゃお強い事で……。 」


「 これぐらいで泣き事を言うのはお前ぐらいだろう? 」

殺した野鳥を手にした盈月えいげつが笑みを浮かべて銀龍ぎんりゅうのほうへ振り返る。


「 結構、いるぜ? 泣き言仲間。 」


親指で反対側を指した銀龍ぎんりゅうが言う通り、何時いつの間にか武官達は「殺す者」と「殺さない者」とで広場の左右に別れていた。



「 あ!晦冥カイメイ様…… 」



佳月カゲツがそう呟いたのと同時に、晦冥カイメイが現れた事に気付いた武官達は次々と彼に敬礼を始める ――― 。

の様子に微笑みながら晦冥カイメイは彼等の中央を通り、の日も 一際目立って見えた 白夜ハクヤの姿と、彼の隣に居る自分好みの青年の姿を真っ先に瞳に映し出す。


白夜ハクヤ…! 丁度良かった、君を探していたのだよ。 」


「 ……どのような御用でしょうか? 」


白夜ハクヤ蒼狼せいろうも、以前の様な気持ちで晦冥カイメイを見る事が出来なくなっていたが、彼に悟られないように平静を装った。

蒼狼せいろうは、晦冥カイメイが やけに自分のほうを見る様な気がして不審に思い始める。


「 これを睡蓮スイレンさんに渡して欲しい。花蓮カレン様…――― 女王陛下からの令旨りょうじだ。 」


晦冥カイメイ白夜ハクヤに渡した「りょう」と呼ばれる文書 ――― れは、女王直々の命令書である事を意味する。


睡蓮スイレンにですか!? 」


「 昨日のお詫びに、睡蓮スイレンさんを自分付きの女官にょかんにされたいそうだよ。 ――― 解ってはいると思うが……睡蓮さんに選択権は無い。可能なら明日から仕えて欲しい。 」



家移りの時もおかしいと思っていたが、今回も晦冥カイメイに都合良く動いてるかの様な花蓮カレン女王に白夜ハクヤ睡蓮スイレンを渡してはいけないと直感した ――― 。


「 畏れながら…! 彼女は過去の記憶を失くしておりまして、花蓮カレン様の女官が務まるとは思えません。どなたか別の方をお選び下さい。 」


白夜ハクヤ晦冥カイメイの会話に、他の武官達が何事だと言う様な顔で二人の姿を見つめる。

白夜の真横にいる蒼狼せいろうは、昨日 医院で聞いた話は 真実なのだと 改めて思い知らされていた。


「 優秀な女官なら足りているから心配は要りませんよ? 若い彼女は花蓮様のお話し相手になればれで問題無い。 ――― それに、御見合いの件で もう何人か 直ぐに女官が欲しいのだよ。ハチス 様が 直々に御選びになった君の妹ならば私も安心だ。これは女王陛下の御命令なのだよ? 従うしか無い。 」


全てを見透かしているかの様に微笑む晦冥カイメイと、彼を倒すべき敵かの様に鋭い目つきで静かに見続ける白夜ハクヤの向かい合った姿に、勘の良い者達は一触即発の闘いの気配を感じ取っていた ――― 。



「 でしたら、俺も 睡蓮スイレン… ――― 花蓮カレン様の御近くに配属して下さい…! ――― ハチス 様には、花蓮様にお仕えする様に言われておりました。お約束を果たしたいと思います。 」


白夜ハクヤの言葉に、晦冥カイメイは無表情で何かを考えてる様子で黙り込み、蒼狼せいろうのほうを見つめた ――― 。


「 構いませんよ……白夜ハクヤ ――― それと君・・・。 ――― 君も ハチス先王に選ばれた剣士でしたよね? 二人を 私の直属の配下にしてあげましょう。」


「 え!? 俺もですか……!? 」

普段、初対面に近い者 ――― 特に、目上の者には " 僕 " を使うようにしている蒼狼せいろうは、思わず " 俺 " と口にした事を気付かぬ程に驚いた。




「 楽しみにしておりますよ 」 ――― 白夜ハクヤ蒼狼せいろうにそれだけ告げると、晦冥カイメイは 『 鳥を殺している者達 』と 『 殺していない者達 』を見比べて、そのまま殺していない者達が集まっている側を視察した。



「 落ちている羽も一本も残さず集めて下さいね。一番 必要なのは羽ですから…… 」


微笑みながら鳥をあやめ無かった武官達にそう告げると、晦冥カイメイは 石畳の上に倒れている一羽の蓮鶴レンカクの屍を憐れむ様な瞳で見つめた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー