「 睡蓮と白夜の夜 」



睡蓮スイレン? ――― 何やってんの? 」


夜更けに物音がしたので、目覚めた白夜ハクヤが寝惚けながら角燈ランタンを持って自身の部屋の扉を開けると ――― 同じく、角燈ランタンを持った睡蓮スイレンが廊下に立っていた。

正確には、白夜ハクヤの部屋の扉が開いたので驚いた睡蓮スイレン其処そこに立ち尽くした。



「 すみません…! 起こしてしまいましたか……? 」


「 うん、まぁね…――― どうしたの? 」


「 ごめんなさい……! 」


申し訳無さそうに頭を下げた睡蓮スイレンを見て、" 俺が目にする睡蓮スイレンは、大抵 頭が下に向いてるんだよな…… "と、再び 白夜ハクヤは気になり始めていた。


いや睡蓮スイレン 怒ってないから…――― 何かあったの? 」


言おうか言うまいか・・・少し考えてから睡蓮スイレンは「 眠れなくて…… 」と、正直に告げた。

寝台の中で、今日起きた出来事 ――― 晦冥カイメイの事や花蓮カレンの事を考える内に、すっかり 頭と目が冴えてしまい、響き渡る波の音も気になり、なかなか眠りに付けず ――― 次第に、波に呑み込まれてしまいそうな感覚に陥り、部屋に独りで居るのが怖くなって、何処どこかの窓から紅炎コウエンの姿でも見えないかと廊下をウロウロしていた所を白夜ハクヤに見つかってしまったのだ。



( さて、どうするか……。 )


" 眠れない " と聞いて、自分はどうすれば良いのか白夜ハクヤは睡魔と闘いながら考え込んだ。

ハッキリ言って眠いが、彼女をそのままにして部屋に戻る事もしたくない ――― 眠れない理由が晦冥カイメイ絡みなのもわかりきっている。

そして、決して忘れる訳にはいかない桔梗ききょうの存在 ――― 。



「 あの、もう部屋に戻りますので……起こしてしまって、すみませんでした! 」


「 ……うん。 ――― いや、待って!睡蓮スイレン




――― " お茶 淹れるよ。 "



そう伝えると、白夜ハクヤ睡蓮スイレンを連れて水屋(台所)のほうへ向かった。

二つの角燈ランタンの灯りの中、睡蓮スイレンはお茶を用意する白夜ハクヤの後ろ姿を見て、までと同じ様に白夜ハクヤが誰かに似ている様な感覚におちいる ――― 。


( ……誰? 私はどなたの事を思い出そうとしているの? )


「 はい ――― どうぞ。 」


「 ありがとうございます…… 」


食事をする台の椅子に座り、二人は無言でお茶を口に淹れる ――― 実に結構な事ではあるが、男女で有りながら面白味の無い夜の営みではある。

夜の静けさの中、海の波の音だけが室内に鳴り響いていた ――― 。



( ―――……わからない。何も思い出せない……。 )


何も思い出せない事に落胆した睡蓮スイレンが また うつむいたのを、白夜ハクヤは眠気と格闘しながら ぼんやりと眺めていた。



「 あの……東雲シノノメさんと初めてお会いした時に、東雲さんは私をどこかで見た覚えがあるような気がするとおっしゃったのですけど…――― 」


「 ……あいつ、君にそんな事 言ったのか。 」

白夜ハクヤは呆れ顔で東雲シノノメの言葉の意味を素直には受け取らず、良くある使い古された口説き文句だと判断した。


東雲あいつにしては珍しいな ――― 睡蓮スイレンに気があるのか……? )


「 私と白夜ハクヤさんはお会いした事はありませんか!? 」


「 え…――― ? 無い……と思うけど……? 」――― 珍しく、真っ直ぐ見つめて来た睡蓮スイレンを見て、白夜ハクヤは睡魔との闘いから戻って来た。

東雲シノノメ睡蓮スイレンも、らしくない・・・・・ ――― と、彼は二人の新たな一面を新鮮に感じていた。


「 どうして、そんな事 聞くの? 」


「 いえ……何でもありません 」 ――― 再び 睡蓮スイレンが俯いてしまったので、遠慮から白夜ハクヤは何も聞く事が出来なくなってしまったのだが、質問の真意が解らずに段々と頭と目が冴え始めていた。


( ――― めちゃくちゃ気になるんだけど……! )



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!