「 花蓮と晦冥の夜 」



「 あ… 葵目アオメさん ――― 私は葵目さんの事 好きですよ? 」


長い話がようやく終わり ――― 念の為、高ぶった神経を落ち着かせる薬を処方して貰った睡蓮スイレンは、帰り際に微笑みながら葵目アオメに声をかけた。



「 あ…ありがとう……! 私も睡蓮スイレンさんの事 好きですよ…! 」


微笑みながら見つめ合っている睡蓮スイレン葵目アオメはたから見たら男女による愛の告白の現場を、内心、複雑に思いながら白夜は固まった様な笑顔で見守った。

( 問題無い、問題無い……俺には桔梗ききょうがいるし問題無い!! )



( 動揺してるな…… )――― 東雲シノノメは呆れ気味にだが、蒼狼せいろう姫鷹ヒメダカ白夜ハクヤのほうを見て、少し楽しみながら心の中でそう呟いた。

因みに、東天光トウテンコウ葵目アオメ睡蓮スイレンの美しい友情(?)に 眼鏡を外して涙を流している。



「 あ! これ白夜ハクヤくんに♪ ――― あたしの専門分野だから何でも聞いて? 」


「?」


白夜ハクヤ姫鷹ヒメダカから渡された書物の題名を見ると、見なかった事にして ぐに 彼女に突っ返した。



―――――― 『 房中術ぼうちゅうじゅつ 』。


( ※房=寝室。性生活の技法書。)





全員は『 晦冥カイメイの事 』、『 黒い矢の事 』、『 行方不明者の事 』等を、次に会う時も情報交換する約束をして、思い思いに心の中でまとめながら解散した。

これで 睡蓮スイレンの置かれた状況を知る者達は、白夜、東雲、桔梗、秋陽、日葵、春光の他に姫鷹、葵目、東天光、蒼狼の計十名と 紅炎の一頭となった ―――――― 。



「 ――― そうか…そのような事があったのか…… 」


白夜ハクヤ睡蓮スイレン東雲シノノメ、そして、蒼狼せいろうは 白夜のいえに帰ると、畳のある茶室で秋陽しゅうようにも晦冥カイメイや医院での話を伝えた。


「 まさか、あの葵目アオメという者が 女性の心を持っておったとは……! 」


「 そこかよ ――― !? 」と、白夜ハクヤの突っ込みに秋陽しゅうようが声を上げて笑った様子を見て、睡蓮スイレンも ほっとして笑みが零れる。

睡蓮スイレンは、白夜ハクヤ秋陽しゅうようと一緒に暮らすようになってから、親子によるの何でも無い日常のやり取りを見るのが 一番 好きだった。



「 お前も 何時いつになったら帰るつもりだ!? 」


「 いや、こうなったら とことん首突っ込もうかなと思いまして ――― 」

白夜ハクヤの問いに蒼狼せいろうは出されたお茶を飲みながら答えた。


「 ご家族と一緒だと、こういう住まいで暮らせるのかぁ…――― 良いですね! 俺は 寄宿舎なんでガチャガチャしていますよ。 ――― まあ、れはれで楽しいですけど 」


「 良い良い、お主も東雲シノノメも夕飯も一緒にどうじゃ?今日はわしが作るか……――― 」

「 いえ、仕事があるので 少ししたら帰らせて頂きます。 」東雲シノノメは、 秋陽しゅうようの言葉に被せ気味に即答した。



「 あ! 洗濯物と紅炎コウエンのご飯! 」


「 いいよ、睡蓮スイレン。今日は俺がやるから…――― でも、自分の分だけ取り込んで? 」


「 いいえ!私が ――― ! 」



睡蓮スイレン白夜ハクヤが譲り合う様子を見て、蒼狼せいろうは小声で東雲シノノメ秋陽しゅうように探りを入れ始める。


「 あのー…睡蓮スイレンさんって、白夜ハクヤさんの妹さんじゃ無いんですよね? 」


「 うん、話せば長くなるんだけど…――― 」


「 海で見つけた時の話だけすれば良かろう ――― それが一番 早い。 」






――― 子の下刻 ( 午前零時過ぎ )


水底の様な夕闇の色が、黒く闇で染まった其の夜 ――― 花蓮カレン女王は自身の寝台の上に、薄衣一枚で自慢の美しい両脚を伸ばして優雅に寛ぎ、女官達に手入れさせた足指と爪の確認を入念に行いながら睡蓮スイレンと出会った瞬間の記憶を鮮明に蘇えらせ、苛立ちを隠せないでいた。


直に、何処にあるのかも知らない国の第三王子 や 第四王子やらと続けざまに見合いをしなければならない事も彼女の心を酷く苛立たせている。


女王は、誰かと結婚する気も無ければ 婚約する気も無く ――― 怠惰な時間に終わると分かりきっている見合いが面倒で仕方が無かった。

それに、人前に出るのは避けたいと女王は考えている。


だが、信頼している晦冥カイメイが見合いだけはする様に言ったので乗り切るしかない。

乗り切る為には・・・――― そう考えた瞬間、花蓮は ある方法を思い描き、実現させる事を決める ――― 。



「 …… 誰か? 誰かいる? 」


「 女王陛下 ――― 如何なさいました? 」


女王の部屋の前の見張りを務めている、若く麗しい男の武官が花蓮の絹糸の様に細い声に気付き、廊下の奥 ――― 少し遠くに佇んでいる彼女に膝まづいて返事をする。


「 彼を呼んで欲しいんだけど…… 」


「 はっ! 直ちに ――― 。 」


――― 四人居た 見張りの一人が晦冥を呼びに彼の部屋へ向かう。


見張りの務めを放棄する事にはらないので心配は要らない。

彼の部屋は女王の部屋の間近く――― 王族の居住棟にるのだ。




「 このような闇深い時刻に困りますね…… 」


寝間着のまま部屋を出たくなかった晦冥は、何時いつもの様に彼好みの煌びやかな布地を寝間着の上に羽織って花蓮の部屋を訪れた。

自身の寝室には、宝石の様な色取り取りの少年達を待たせてあるので、彼は手短に終えて戻りたいと考えている。


「 お話したい事が…… 」


花蓮は部屋の扉を慌てた様子で無作法に閉め、晦冥と二人きりになったのを確認すると、彼にある提案を始めた ――― 。

 



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー