「 夢の中の誰か 」



「 とんでもない手紙が届いてしまったのう……。 」


夕刻 ――― 、白夜ハクヤいえでは睡蓮スイレン白夜ハクヤ秋陽しゅうようの三名が食事をする台の上に女王の命令書を広げ、まるで、通夜か葬式かの様に暗く沈黙していた。


外は雨が降っており、静かになると波の音と雨風の音が響き、まるで嵐の中に居るかの様な錯覚さえ覚える ――― 。



「 ごめん、睡蓮スイレン……断りきれなかった。 」


「 この文書の前では仕方あるまい……。本来ならば、二人の出世を喜ぶべき所なのじゃが……。 」


「 ……。 」


「 ……。 」


「 ……。 」


呆然として言葉を失った状態の睡蓮スイレンは、自分を見ておびえ泣いていた花蓮カレン女王の姿を思い返していた ――― 。


( あんなに怯えていらっしゃったのに、私をお近くに……? お詫びとおっしゃられているけど、私は 女官にょかんになる事なんて望んでいないのに…… )


女王の女官になると言う事は、それだけ 晦冥カイメイと会う機会も増えるかもしれない。

彼の近くに、行きたくないのに行かなければならない・・・・――― 女王は事情を知らないとは云え、睡蓮スイレンは女王の命令に理不尽さを感じていた。

白夜ハクヤ蒼狼せいろう晦冥カイメイぐ近くに身を置く事態になってしまった事にも責任を感じている ――― 。



「 あの……ごめんなさい、白夜ハクヤさん。 」


「 ? ――― 何の事? 」


「 もし、あなたや蒼狼せいろうさんに何かあったら…… 」睡蓮スイレンは悲し気な表情で自身のてのひらを ぎゅっと握り緊めた。

即位式の黒い矢が 晦冥カイメイの呪術による物なら、次は二人が狙われる可能性も無いとは言い切れない。

 

「 大丈夫だよ!? 俺等は何か起きた時に、何とかする為に宮中にいるんだから! ――― 俺等の事より、ちゃんと自分の心配をするんだ 睡蓮スイレン。これは、どう考えても 晦冥カイメイ様の仕業だ……。君を守るつもりではいるけど、俺達は ずっと君のそばにいられる訳じゃ無いんだから…… 」


――― 白夜ハクヤのその言葉を聞いて、睡蓮スイレンは 慌てて彼に頭を下げ始める。

白夜 と 蒼狼の事を " 弱い " と言ってしまった様に伝わったのだと勘違いしたのだ。


「 ごめんなさい…!!白夜ハクヤさん と 蒼狼せいろうさんのお力を疑ったつもりは無かったのですが……失礼いたしました…! 」


いや、そんな事は気にしなくて良いし、怒ってないよ? ――― 睡蓮スイレン、絶対に晦冥カイメイ様と二人きりになるな。あの人の 直ぐ近くにいる人達の事も信じちゃ駄目だよ? ――― 花蓮カレン様にも……一応、用心したほうが良いと思う。 」


睡蓮スイレンは真剣な表情で白夜ハクヤの瞳を見つめ、無言のまま頷いた。

白夜ハクヤは " もしかして、俺は怒りっぽい奴のように思われてるのか? " と、睡蓮スイレンへの接し方について悩み始める ――― 。

睡蓮スイレンは、東雲シノノメ葵目アオメさんには懐いてるんだよな……。 )



「 そういえば、こないだ 花蓮カレン様に付いている女官から見覚えがあると言われたと言っておったのう? 」


「 ええ。 」 ――― 睡蓮スイレン珠鱗しゅりんの姿を思い浮かべながら、秋陽しゅうようの問いに答えた。


「 一緒に過ごせば、お主かそのむすめか…どちらかが何か思い出すかもしれん? 悪い事ばかりでは無いかもしれぬな…… 」


蒼狼せいろうも、最初は困惑してたけど " 行方不明者の件を探る " って言って、張り切ってたよ? 」


「 そうじゃな、それも奇妙な話じゃからな…… ――― それにしても、花蓮カレン様は何故、あやつをそばに置かれるのか…… 奴にそそのかされておるのかのう……? 」

――― 秋陽しゅうよう白夜ハクヤは、其々それぞれ腕を組んだ状態で溜息を吐いた。

睡蓮スイレンは 逃げ出したい気持ちを押し殺して、そのまま夜を過ごし ――― 布団の中に入っても なかなか寝付けずに朝が来るのを待った。



―――――― の後、何時いつの間にか眠りについた睡蓮スイレンは、また夢を見た。

誰かが自分を抱きしめている夢だ。


腕の中に居るので相手の顔は見えないが、肩と二の腕の部分が睡蓮スイレンの瞳に映し出されている。

夢の中の睡蓮スイレンは、白い衣装に包まれたの腕が 男性の腕である事だけは理解出来ていた。


白夜ハクヤの様に鍛えられた腕では無いが、東雲シノノメ光昭こうしょう蒼狼せいろう葵目アオメ春光しゅんこうとも違い、秋陽しゅうようとは 年齢も違う ――― 。

だけど、間違い無く 自分が知っている人物の腕であると感じていた。



――― 足下には、たくさんの 白いはすの花が水面から大きく姿を突き出して咲き誇っている。



「 …ず……か…な。 」



の男性が何か言葉を口にした所で睡蓮スイレンは夢から目覚め ――― 目覚めて直ぐに夢の記憶は薄れてしまったが、男性に抱きしめられている夢だった事は覚えており、睡蓮スイレンは布団の中で恥ずかしさに身悶えした。


( ……でも、何故かしら? とても安心できる……幸せな気分の夢だった。 )


自分の過去の記憶なのだろうかと考えながら、睡蓮スイレンは 安心感に包まれたまま ――― 再び深い眠りへと入って行った ――― 。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー