「 睡蓮花 」(一)


「 ええっ!? じゃあ、あなたが睡蓮スイレンさんの……!? 」


――― の日、秋陽しゅうようが近所に出来た友人と御茶の約束をしてしまったので睡蓮スイレンの医院通いに白夜ハクヤが付き添って来たのだが、葵目アオメは思わず声を上げ、両手で口を覆って驚きを隠せずにいた。


「 ……あの、良かったら最後まで言って頂けませんか? ――― 俺の事、睡蓮スイレンの何だと聞いてるんですか? 」


「 いいえ!こっちのお話です!!御気になさらず~! 」葵目アオメは全力で両掌を横に振って、笑って誤魔化した。


「 それよりも!!あなたは怪我とか体調悪いとか無いわけぇ?!! お姉さん、暇だから 無料で診てあげるわよ? ――― ほらっ!来いっ!!!ここに座れっ!! 」


「 !? 」


片手で患者が座る為の椅子をバンバンと叩きまくる飢えた姫鷹ヒメダカただならぬ雰囲気に、白夜ハクヤは思わず眉をひそめて無言で後退り ――― 「 …… 睡蓮スイレン、この先生 本当に大丈夫なの? 」と、睡蓮スイレンに小声で聞いたのだが「 ? ――― 姫鷹ヒメダカ先生は良い方ですよ? 」と、睡蓮スイレンは相変わらず、姫鷹ヒメダカの良い面しか見えていなかったので二人の会話が成立する事は無かった。


「 と…とにかく、あなたはあちらへお待ちください…! 睡蓮スイレンさんはこちらへ!――― ほらっ!先生、仕事!! 駄々こねないで下さいっ!! 」



――― こうして、今日も 葵目アオメは 一人で喋り続ける羽目になる。






「 暇そうなのに、賑やかな医院だね? 」


「 はい…! 姫鷹ヒメダカ先生と葵目アオメさんが いつも朗らかとされていらっしゃいますから。 」


医院からの帰り道 ――― 白夜ハクヤ睡蓮スイレン桔梗ききょうの事を何時いつ言おうかと考えながら歩いていた。


( でも、唐突に言うのは変だよな…。睡蓮スイレンとは、折角 真面まともに会話できるようになったのに、また ぶち壊して ややこしくなったら面倒だ……。 )


ところで、 睡蓮スイレン ――― 髪型が変わってるけど、医院で結って貰ったの? 」


「 はい……!葵目アオメさんにして頂きました。 」


――― " 可愛いね " と言おうとしたが、髪を結ったのが男の葵目アオメと聞いて白夜ハクヤの穏やかな表情はままの状態で固まった。



葵目アオメって、あの 医院長のそばにいた男の……――― 」

東雲シノノメさん!! 」


「 は? ――― 東雲シノノメ!? 」


「 二人とも何やってんの? あ……久しぶり!睡蓮スイレン ――― また会えたね! 」


「 はい!お久しぶりです! 」


睡蓮スイレン白夜ハクヤの進行方向から東雲シノノメが歩いて現れ、三人はの場に立ち止まった ――― 。


東雲シノノメこそ、宮中で何やってるんだよ!? 」


「 仕事だよ!ついでに帰りにお前ん家 寄ろうと思ってた所 ――― そういえば、睡蓮スイレン こないだは手紙ありがとう!ちゃんと読んだよ。 」


「 はい…! 」


東雲シノノメ何時いつも通り笑顔を向けたので、睡蓮スイレンも笑顔になった。

の様子に白夜ハクヤの独占欲が 彼に何も思わせ無かった訳では無いが、白夜ハクヤは会話を続けた ――― 。


「 仕事って……――― ハチス 様の…? 」


「 いや、今日は医院に用があって来たんだ。 」


「 そうなのですか!? ――― 私達は医院からの帰りなのですよ! 」


「 そうなんだ? それで二人でここを歩いてたんだね。 」


「 あそこの医院長には気を付けろ……! 」――― 白夜ハクヤは本気の眼で東雲シノノメに忠告した。


「 ああ、姫鷹ヒメダカ先生でしょ? 慣れてるよ。 」


姫鷹ヒメダカ先生をご存じなのですか!? 」


「 うん、真鯉マゴイ先生や、東天光トウテンコウ先生とかも ――― 皆さんにお世話になってるよ? 宮中でも亡くなる人はいるからね。 」


「 その医院長が睡蓮スイレンの主治医なんだよ! 」


「 えっ!? マジで! 」


三人は、まさかの共通の知人で盛り上がると、再び 白夜ハクヤの家で合流する約束をしての場は解散した ――― 。


( あとで、東雲シノノメさんに お手紙のお返事をお聞きしなければ……! )


睡蓮スイレン、どこか寄りたい場所はある? 」


「 いいえ、無いです! 」


即答した睡蓮スイレンに、相変わらず自分には余所余所よそよそしいなと白夜ハクヤは思う。

今まで一緒に居た東雲シノノメに対する態度や、髪まで触らせている葵目アオメとは雲泥うんでいの差である事に、彼等と自分の何が違うのか白夜ハクヤは僅かに気になり始めていた。


「 ………じゃあ、真っ直ぐ帰ろう? 」


「 はい…! ――― あ… でも…… 」


「 " でも " ? 」


「 少し お花が見たいです…! ――― 睡蓮すいれんの花を…… 」


そう言うと、睡蓮スイレンは 宮中の建物や道の水場に溢れている睡蓮と蓮の花のほうを見た。

花達は 水の上に葉が青々とびっしり茂り、蕾よりも花開いた姿のほうが多くなっている ――― 。



日葵ひまりさんから株分けして頂いた睡蓮も育っているのでしょうか……? 」


診療所うちの? ――― こないだ見たけど、育ってたと思うよ。 」



睡蓮スイレンは水面に映る自分の顔を見つめた ――― 以前よりも顔色は良い。


( 相変わらず、何も思い出せないわね…… " 睡蓮スイレン " ? )


睡蓮スイレンは 少しだけ気を落とすと、水面に映った自分の姿の後ろに白夜ハクヤの姿が映り込んでいるのを目にする ――― 。


睡蓮スイレン? 」


「 あ… ごめんなさい! ぼーっとしておりました!! 」


いや、気分が悪くないなら良いんだ。 ゆっくり見なよ? 」


「 は…はい! 」


周囲を見渡した白夜ハクヤは、遠くで 警備中の蒼狼せいろうの姿を見つけ出し、暫く彼を観察してみようと視線を向けた ―――( 今日は知り合いが続くな……。 )

間も無くして、視線に気が付いた蒼狼せいろうは、にこやかな笑顔で白夜ハクヤ達のほうに顔を向けた。


" こないだと相手が違いますね? " ――― 何か言ってる様子の蒼狼せいろうが そう口にしたような気がして、白夜ハクヤは " 違う!そういうのじゃない " と 首と手を横に振ったが、蒼狼せいろうは微笑んだまま、否定する白夜ハクヤの姿を見て見ぬふりをした。


「 あ… ! 」


知人が続けて現れる偶然を不思議に思い始めていた白夜ハクヤと、真面目に周囲を監視していた蒼狼せいろうは、次に現れたの人物を見て、離れた場所にいながらも同時に声を出す事となった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー