「 睡蓮花 」(二)



睡蓮スイレン! ――― 向こうから晦冥カイメイ様が歩いて来た!! 」


「 えっ……!? 」


" 晦冥カイメイ " の名を聞いた瞬間、睡蓮スイレンの胸に黒煙を放つ矢が突き刺さった時の様な重い痛みが走る ――― 。

白夜ハクヤへ対する緊張とは比べ物にならない、闇に引き摺り込まれるかの様な恐ろしさが襲い掛かり、彼への恐怖心を 決して 忘れていないと睡蓮スイレンは思い知らされる ――― 。



睡蓮スイレン……? 」


何時いつもの雰囲気から一変した睡蓮スイレンに気付いた白夜ハクヤは、彼女を別の場所へと連れ出す事を諦めつつ、何故、そこまで晦冥カイメイに脅えるのか不思議に思いながらも晦冥カイメイから彼女を隠す様に睡蓮スイレンの前に歩み出る。

しかし、人より背が高く、程良く筋肉の付いている身体の白夜ハクヤの存在は 大勢の中に居ても 良く目立ち ――― 晦冥カイメイの瞳には真っ先に彼の姿が飛び込んで来た。


晦冥カイメイ白夜ハクヤの前に立ち止まった様子を、二人から離れた場所から蒼狼せいろうも見ている ――― ( ……御二人とも、デカっ! )



白夜ハクヤ、久し振りですね。 」


「 はい、お久し振りです。 ――― その節はお世話になりました。 」


白夜ハクヤ晦冥カイメイに敬礼を終えると、自分の背後にいた筈の睡蓮スイレンがいなくなってる事に気付く ――― 。


「 どうしました? 花が気になるのかい? 」


「 いえ、そういうわけでは…… 」


「 宮中の暮らしは慣れたかな? 」


「 …はい。 」


どうでも良い話は 早く切り上げて、睡蓮スイレンを探しに行きたいのだが ――― このまま 自分が晦冥カイメイと話し続ければ、晦冥が彼女を追う事も無いと考え ――― 白夜ハクヤは適当に話を引き延ばすほうを選ぶ事にした。


「 あの……晦冥カイメイ様は、今日は此方こちらに どのような御用で? 」


花蓮カレン様をお迎えに来たんだ。 」


「 え!? ――― 花蓮カレン様ですか? 」


「 王宮内を覚えて貰う為に、最近 色んな場所にお連れしているのですよ。 ――― でも、私が 少し目を離した隙に、御一人で何処どこかに行かれてしまってね…。宮中は君達の御蔭おかげで警備が行き届いているが、困ったものだよ……。 」


「 ですね……!」


自身が目を離した隙に何処どこかへ行ってしまった睡蓮スイレンを想い、白夜ハクヤは心の底から晦冥カイメイに共感した。

白夜ハクヤの相槌の仕方が気に入り、晦冥カイメイは彼を見て微笑む。

の笑顔は、宮中の一室に年若い少年達を閉じ込めている様な男には とても見えなかった ――― 。


睡蓮スイレン ――― 家か医院に戻ってるのなら良いんだけど…… )






――― 無我夢中で咄嗟とっさに逃げ走った睡蓮スイレンは、何時いつの間にか大きな池の前に辿り着いていた。

走り疲れた彼女はの場に立ち止まると、息を整える為に何度も大きな呼吸を繰り返す。


「 あ……! 」


声がした様な気がして、睡蓮スイレンが辺りを見渡すと ――― 華やかな黒い衣装と装飾品に身を包んだ、細く小柄の黒髪の少女が脅えている様子で自分のほうを見ている事に睡蓮スイレンは気が付いた。

―――――― 見覚えのある、同じ年頃に見える少女だ。



「 ……花蓮カレン様? ――― あなたは花蓮様ですよね……!?」


「 ……!? 」


睡蓮スイレンは、慌てて 東雲シノノメに習った通りに膝まづくと、彼女に向かって頭を下げた。


「 い……いや……!! 」


「 え…? 」


「 来……来ないで!! 」


「 え…――― あの!? 」


睡蓮スイレンは何が起きたのか理解出来ず、ただの状況を見守る事しか出来なかったのだが、暫く花蓮カレンの様子を眺め ――― 女王が必死に自分から逃げ出そうとしている事に気付く。

着慣れていない何枚にも重なった衣装の裾が逃げ行く女王の足下の邪魔をして、花蓮カレンの場から上手く逃げ出す事が出来ず ――― 何度もつまずきながら、泣きそうな顔で睡蓮スイレンのほうを振り返りながら逃げ進んだ。


の姿は、まるで 晦冥カイメイに怯える自分の姿の様だと睡蓮スイレンは思っていた ――― 。


「 あのっ…!花蓮カレン様!? 私は何もしません……! あのっ…… 」


「 いやあぁぁぁっ!! ――― ごめんなさいっ!! ごめんなさい……!!! 」



「 ――― 陛下!? 」


睡蓮スイレン!? こんな所まで来ていたのか!? 」


池の近く迄 来ていた晦冥カイメイ白夜ハクヤ花蓮カレンの悲鳴を聞きつけて現れると、恐怖心からの場に座り込んでうずくまっていた花蓮カレンぐに立ち上がって晦冥カイメイの胸に飛び込んで行った ――― 。

女王と入れ替わる様に、白夜ハクヤ睡蓮スイレンそばに駆け寄る。


睡蓮スイレン? 何があった!? 」


「 何も…私は何も…… 」


白夜ハクヤに呟く様に小さな声でそう言いながら、睡蓮スイレンは目の前に現れた晦冥カイメイに心の全てを奪われて行った。

彼女の顔はみるみる青褪あおざめて行き、恐怖で呼吸する事さえ上手く出来なくなっている ――― 。


「 ……白夜ハクヤ、その方は花蓮カレン様の即位式の時に矢に襲われた方だね? 」


晦冥カイメイが口を開いたのと同時に、睡蓮スイレンは小さく悲鳴を上げながら咄嗟とっさ白夜ハクヤの腕に摑まった。

自分の腕に触れた睡蓮スイレンの手が、何時いつかの病室の時の様に震えている事に気付き、白夜ハクヤは 不思議に思いながらも 晦冥カイメイに対して身構える ――― 。


「 はい、自分の…――― 妹のような者です。 」


「 ……花蓮カレン様、大丈夫ですよ? あの方の名は " 睡蓮スイレン " ―――… 何も怖がる必要は無い存在です。」


「 !? ――― …… " 睡蓮スイレン " ? 」


花蓮カレン晦冥カイメイの背後に身を隠しながら、狐につままれたかの様な表情で睡蓮スイレンを見つめた。

白夜ハクヤの背後に顔を隠す睡蓮スイレンと、晦冥カイメイの背後から顔を出す花蓮カレンと違いはあるものの、四人の姿は其々それぞれ 姿見の鏡に映っている自分自身を見ているかの様に向かい合わせとなっていた ――― 。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー