「 泥沼の三面鏡 」

 

 

―――――― 今宵の夕食は、かつてない緊張感に包まれていた。


・・・と、言っても緊張感に包まれているのは桔梗ききょうが来ている事を帰ってから初めて知った白夜ハクヤ桔梗ききょうの二人のみである。

睡蓮スイレン白夜ハクヤは、何時いつもの様に台の端の方に天板部分を挟む様に向き合って座り、の二人の横隣りに桔梗ききょうが座り ――― 秋陽しゅうようの席から見ると、三人は三面鏡の様に並んで座っていた。



始めの内は、王宮を包む波の音が良く響く程に静けさが漂う食卓だったが、次第に桔梗ききょうは自分でも意外だったが 睡蓮スイレンの食事する姿に見入っていた ――― 。


睡蓮スイレンさんて、とても綺麗な食べ方をなさるのね……! 」


「 え…? そうなのでしょうか……!? 」


自分では考えた事も無かったので、取り敢えず、睡蓮スイレンは目の前の食べかけの料理を眺めてみたが 何がどう違うのかサッパリ判らなかった。



「 そうじゃな、わしも人間は色々見て来たが 睡蓮スイレンは同じ年代のむすめより品がある。 」


「 うん、睡蓮スイレンは隙がありそうで隙が無いような所がある。……別に変な意味じゃないよ!? 」

――― 桔梗ききょうが睨んでいたので、白夜ハクヤは慌てて最後の部分の言葉を付け足した。



「 もしかしたら、あなたは どこかのお嬢様なのかしら……? 」

自分が睡蓮スイレンから感じる脅威は、彼女から滲み出る この品格からでは無いかと桔梗ききょうは考え始めていた。


「 どちらにしても、ご両親は さぞかし心配しているじゃろうな…… 」

秋陽しゅうようは同じ親として何とも言えない気持ちになったが、彼の息子の白夜ハクヤは全身に悪寒を覚えていた。

( どちらにしても、俺は睡蓮スイレンの両親に殺されかねないな……。 )



睡蓮スイレンは、皆が想像する不確かな自分の話より、秋陽しゅうようが口にした確かな事実のほうに関心を持っていた。


「 あの……先生は私の年齢をご存じなのですか? ――― 私、自分が何歳なのかも覚えていなくて……教えて頂けませんか!? 」


「 はて?お主に言っていなかったかの!? 」


日葵ひまりが言い忘れたんじゃない? 」


最後の白夜ハクヤの言葉に、秋陽しゅうようと白夜と桔梗ききょうは " それに違いない! " と全員一致でうなづき納得した。



「 君は、十四から十六歳くらいだと思うよ? 」


「 十四から十六歳……! どうして、その年齢だと判ったのですか? 」


――― 身体を見たから・・・とは言えず、白夜ハクヤは笑顔で誤魔化した。



「 肌や骨格、肉の付き方などで、大体の年齢は判るのじゃよ 」


「 そうなのですか……!」


睡蓮スイレンは気が付かず流したが、桔梗ききょう白夜ハクヤ睡蓮スイレンの年齢を知っていた意味を理解し、れに気付いて目を逸そらした彼を 再び 突き刺す様に睨みつける。



「 もし、リエン国の生まれなら成人と見なされるのは ――― まあ十八歳から二十歳頃じゃな。結婚出来るのは、女子おなごの場合は十六歳からじゃ。 」


秋陽しゅうようの言葉に、睡蓮スイレンは十六歳になっているのだろうか・・・と、睡蓮スイレン自身と白夜ハクヤ桔梗ききょうは同時に考える。

年齢によっては、白夜ハクヤ睡蓮スイレンの結婚の問題は遠い先の話になる ――― 。



白夜ハクヤは『 自分の心は桔梗ききょうにある 』 ――― と、桔梗ききょう睡蓮スイレンも目の前に座るの夕食の席でハッキリと感じ取っていたが、桔梗ききょうと一緒に居る自分の姿を見つめる睡蓮スイレンの視線や表情が気になっている自分の気持ちにも気付いていた。

風習に従うなら睡蓮スイレンを選ばなければならない ――― 他の女性桔梗といる姿を見せる事が睡蓮スイレンを傷つける事になるのは避けたいと彼は考えていた。



白夜ハクヤ桔梗ききょうとは違って、睡蓮スイレンの夕食の一時ひとときに懐かしさを覚えていた。

今日みたいな食事の風景を、以前にも何処どこかで経験している様な気がするのだ ――― 。


白夜ハクヤさん、桔梗ききょうさん、先生…… ――― 私が 誰かを思い出そうとしたお三方がいらっしゃる……。やっぱり、この方々は 以前の私が知っている誰かに似ているのではないのかしら……? )



中でも、一番 懐かしく感じるのは・・・・・



「 ? ――― どうかした? 」


「 いえ…!何でもありません……! 」


睡蓮スイレン何時いつもの様に白夜ハクヤと目が合って、頬を紅く染めてうつむく姿を白夜ハクヤが優しい表情で見つめている事に桔梗ききょうが気付かぬ筈が無く、 桔梗ききょうが 一番 見たくなかった光景が現在いま、彼女の目の前で繰り広げられていた ――― 。



「 そういえば、睡蓮スイレンは海老が好きだよね? 」


「 えっ!? 」 ――― まさに、一口分の大きさの海老を頬張ろうとした瞬間だった。


「 君は いつも海老を食べる時が 一番 幸せそうな顔をしているよ? 」


「 そ…そうなのですか? お恥ずかしい限りです…… 」


白夜ハクヤ何時いつもの様に優しそうに微笑んでいるので、揶揄からかわれた訳でも非難された訳でも無いのは理解出来ているが、の事実は 食い意地が張っているという事では無いかと思い ――― 睡蓮スイレンは茹でられた海老と同じ様に顔を真っ赤にさせた。

食に関する自分の姿について、三人から色々言われた事で自分が思ってる以上に自分は見られているのだなと睡蓮スイレンは初めて知る。


( ど…どうしましょう…!どんな顔して食べれば良いのか、わからなくなって来たような気が…… )


「 なぁに、食欲があるのは良い事じゃぞ 睡蓮スイレン! それと白夜ハクヤ…!」

秋陽しゅうよう白夜ハクヤに目配せして、蒼褪めた顔をしている桔梗ききょうの事を知らせた。


「 ! ――― …… 」「 御馳走様でした!! 」


の瞬間 ――― 桔梗ききょう白夜ハクヤの差し出した手を振り払いながら立ち上がったのを睡蓮スイレンは目撃した。


「 皆さん、お皿は水屋のほうにお願いね? 」

桔梗ききょうは自分の食べ終わった食器を持つと、水屋(台所)のほうへと向かい始め ――― 彼女を追いかけようと白夜ハクヤも立ち上がった。


桔梗ききょう! 」

「 ついて来ないで!!この後、お手洗いに行くから!! 」



( 桔梗ききょうさん…? 白夜ハクヤさん……? )

睡蓮スイレンは、桔梗ききょうに初めて出会った時の事や秋陽しゅうよう白夜ハクヤに掛けた言葉を思い出しながら、不穏な空気の二人をただ見守った ――― 白夜と桔梗の姿は、彼女の瞳の中には彼女が目覚めてから出会った人々の中の どの二人組とも違う雰囲気を纏って映っていた。



睡蓮スイレン、今日買った書簡紙じゃが わしも何枚か貰っても良いかの? 」


「 あ…はい!もちろんです! 」


わしも、大至急 東雲シノノメ日葵ひまり春光しゅんこうに伝えねばならぬ事ができてのう……! 」



―――――― 勿論、内容は『 白夜ハクヤの泥沼の三角関係 』についてだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!