「 睡蓮と珠鱗 」



「 あら…? あなた…… 」


店の中にいた客の女性 ――― 独りの若い女の子が睡蓮スイレンを見て立ち止まった。


「 なんでしょう…? 」


「 いえ、あの……あなたと どこかでお会いしたような気がして 」


「 え? ――― あ……申し訳ありません! 私 過去の記憶を無くしておりまして…――― お会いしていたとしても覚えてないのです……ごめんなさい! 」


「 まあ…!それは大変そうですわね!? ――― あ…!申し遅れまして、わたくし は " 珠鱗しゅりん " と申します。」


睡蓮スイレンと申します。 」


――― 二人は向かい合って立ったまま、軽めに頭を下げて微笑みあった。



「 ここにいらっしゃるという事は、睡蓮スイレンさんは お近くにお住まいなのですか? 」


「 はい……――― 」睡蓮スイレンは、白夜ハクヤと一緒に暮らしている事を彼女に説明しようと思ったのだが白夜ハクヤの事を何と説明したら良いのか迷い ――― 言葉を失った。

自分にとって彼は何なのか ――― 考えて考えて出した言葉は・・・


「 武官の知人……恩人(?)…の所にお世話になっております。 」


「 まあ!王宮周りは治安の良い所ですけど、何かあった時に心強いですわね…! 」


の後も 少し雑談を続けると、珠鱗しゅりん睡蓮スイレンに軽く頭を下げて去って行った ―――。

睡蓮スイレン珠鱗しゅりんの事を何か思い出さないかと、去り行く彼女の後ろ姿を見つめ続けた。


( そういえば、東雲シノノメさんも同じような事をおっしゃっていたような……? )


「 あ!いたいた!お嬢さん!! ――― 狭い店…と言うか、自分には非常に窮屈な店なんですけど…あまり一人でウロウロしないでくれよ! 」


「 あ……ごめんなさい!光昭こうしょうさん ――― あの方とお話しておりましたので… 」


まだ店の入り口の所にいる珠鱗しゅりんの姿を見て、光昭こうしょうは仰天する。


「 えっ!? ――― あれは花蓮カレン様のお付きの女官では!? シャリンだかシュリンだかの名前の……自分らも滅多に会う事は無いんですよ!? ――― そりゃ貴重な瞬間だな!一体、何をお話されてたんですか!? 」


「 何の話という事も無く、ご挨拶した程度なのですが… ――― 花蓮カレン様に付いていらっしゃるという事は、あの方は これまで ずっと宮中にいらっしゃったのですか? 」


「 そうっすね。 まあ、女王になる前の花蓮カレン様にも彼女が仕えていたかどうかは自分にはわからんのですけど、結構前から 宮廷内で見かけていた気はしますね。 」



――― その様な人物と自分はどこで出会ったのだろうかと睡蓮スイレンは考えるが、やはり答えは出て来ない。


珠鱗しゅりんさんの勘違い……? )


「 ささっ! ――― お嬢さん!早く桔梗ききょうさんの所に戻りましょう!! 」


「 はい… 」



睡蓮スイレンは後ろ髪を引かれる思いで光昭こうしょうの後を付いて行った ―――。


珠鱗しゅりんさん…またお話できるかしら……? )




睡蓮スイレン桔梗ききょう秋陽しゅうようの三名は家路に着くと、秋陽しゅうようは歩き疲れた足を休める為に畳のある部屋に寝ころび ――― 桔梗ききょうは夕食の支度を始め ――― 睡蓮スイレン紅炎コウエンのご飯の準備を始める。


「 いやぁ~ 何だかんだ言うても、荷物持ちに丁度良い 光昭こうしょうがいて助かったのう! 」


「 あの、桔梗ききょうさん ――― 今日はお泊りになるのですよね? 」


「 ええ、そうよ? 」

――― 少し引きつった様な笑顔で桔梗ききょう睡蓮スイレンに返事をした。


「 あの、後で 日葵ひまりさんと東雲シノノメさんにお手紙を書こうと思っているのですが…――― お帰りになる時に お預けしても宜しいでしょうか? 」


「 ええ、構わないわよ? 」




「 そう言えば、日葵ひまりは全然 顔を見せぬがどうしておる? 」

秋陽しゅうようはごろごろしながら桔梗ききょう日葵ひまりの事を訊ねた。


「 元気ですよ? ――― ここに来ないのは階段を上るのが嫌みたいです 」


「 まったく…痩せる話はどうなったのじゃ!? 」


「 それじゃあ、桔梗ききょうさん ――― 紅炎コウエンのお世話が終わったらお手伝いしますね? 」


「 ええ、ありがとう…… 」




―――――― もうすぐ、白夜ハクヤが帰って来る。



自分の心がの場に耐えられるか、桔梗ききょうは少し不安を感じていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人