「 不可解な鏡 」(二)

 

 

( お二人は何を真剣なお顔でお話されているのかしら……? )


睡蓮スイレン秋陽しゅうよう東雲シノノメの長話を気にかけた時と同じ瞬間、桔梗ききょうは思いきって睡蓮スイレンに話を聞いてみる事にした ――― 。



「 ねぇ、睡蓮スイレンさん……あなた 白夜ハクヤから海での話は聞いたのよね? 」


「 え !? 」


余り会話する事が無い桔梗ききょうに話しかけられた事にも多少驚いたが、白夜ハクヤに助けられた話を聞かれた事にも睡蓮スイレンは戸惑いを隠せず、再び 自身の頬を赤く染めてうつむいた。


桔梗ききょうさんもご存じでしたか…… 」


まさか、自分が 白夜ハクヤに何をされたのかを此処ここに居る皆や日葵ひまり春光しゅんこうも知っているのでは・・・・と睡蓮スイレンの中で 軽く不安がよぎり、彼女は今度は蒼褪めた。

もし、そうなら穴があったら入りたい ――― と言うより、ぐに飛び込んでふたまでしたい勢いだ。



「 リエン国の女性への考え方は知ってる……? ――― 誰かに肌を見せる事ね。 」


「 はい ――― 知りませんでしたが聞きました。 」


「 あなたはどうしたいと思ってるの? その…… 白夜ハクヤとの事なんだけど…… 」


訊ねながら、桔梗ききょうのほうも目をせた。

睡蓮スイレン桔梗ききょうの二人は其々それぞれ 頭の中に 白夜ハクヤの姿を浮かべていた ――― 。



白夜ハクヤさんには感謝しています。感謝してもしきれないです……! ――― 目覚めた後も名前まで考えて頂いて、今もお世話になっておりますし……あの…でも、婚姻こんいんとかそういうのは……桔梗ききょうさんもご存じだと思いますが、私、ここに来る前の記憶が無くて……それどころでは無いと言いますか ――― どなたかと一緒になる前に記憶を取り戻さないと…… 」


睡蓮スイレンの言葉に 桔梗ききょうは少し安心を覚えたが、新たに気になる事がひとつだけ浮かび上がっていた ――― 。


「 あなたの名前…――― 白夜ハクヤが考えたの? 」


「 はい…! 睡蓮の花のようにと この名前を付けて頂きました。」


「 そう…… 」


睡蓮スイレンと言う名は 白夜ハクヤが名付けたものと初めて知った桔梗ききょう睡蓮スイレンに顔を向けたまま目だけを伏せた。

" 睡蓮の花のように ――― " の言葉に白夜ハクヤがどの様な意味を含めているのか知る由も無い桔梗には不安だけが押し寄せて来る ――― 。


「 あ…!髪飾りをお返ししなければ! 付けたままでした……!! 」

――― 桔梗ききょうの髪飾りを取ろうとした睡蓮スイレンの手を桔梗ききょうは手を伸ばして止めた。


「 いいのよ、そのまま あなたにお貸しするから使って? 」


「 え? あ…あの……でも…… 」


秋陽しゅうよう様も 白夜ハクヤも几帳面なようで面倒くさがりな所もあるの。―――二人と居ると、そのうち きっと あなたは雑務に追われて忙しくなるわよ?髪をまとめる機会が増えると思うから持っていたほうが良いわ 」


「 それじゃあ……あの、お言葉に甘えてお借りします…! ――― ありがとうございます…! 」


「 私も なるべく顔を出すから、無理はしないでね! 」



――― 睡蓮スイレン桔梗ききょうは微笑みあった。

睡蓮スイレン桔梗ききょうの優しさを素直に受け取り、桔梗ききょうも心からの言葉を述べていたが ――― 桔梗ききょう睡蓮スイレンに髪飾りを貸したのには もうひとつ理由があった。

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー