「 睡蓮と桔梗 」

 

 

「 そろそろ、洗濯をしないといけないのう? 」


「 え… 何の話!? 」



秋陽しゅうようの言った" 洗濯 " を " 選択 " と聞き間違えた白夜ハクヤは、頭の中に桔梗ききょうの顔と睡蓮スイレンの顔が同時に浮かび、少し焦りを感じた自分に更に焦りを感じ始めていた。


親子は、睡蓮スイレンも加えた三人で白夜ハクヤの作った夕食を囲んでおり、台の上には睡蓮スイレンの機嫌を直そうと白夜ハクヤ何処どこからか持って来た花が花瓶に生けてある。



白夜ハクヤから自身が海で助けられた話を聞いた日から睡蓮スイレンは、白夜とほとんど口を聞いておらず、目も合わせようとはしなくなっていた。

決して、彼に対して怒っているのでは無く、忘れようとしても心から湧き出て来る恥ずかしさをいまだ処理出来ずにいるのだ。



現在の睡蓮スイレンは『 記憶 』と云う『 他の情報 』が自分の中に少ない為なのか、彼女にとっては白夜ハクヤに助けて貰った話が強烈過ぎて、心の中は晦冥カイメイどころでは無くなってしまっている。

余り目にする機会の無い晦冥カイメイよりも、毎日 顔を合わせる白夜ハクヤのほうが睡蓮スイレンの心の中を掻き乱していた。


 


「 ご…ごめんなさい、先生……本当はお世話になってる私がしなければいけないのに……! 」


―――睡蓮スイレンは申し訳無さそうな顔で秋陽しゅうように謝った。

『 洗濯 』の事は理解しているが、何をどう洗えば良いのか『 洗う方法 』は忘れてしまった様で彼女は次に日葵ひまり桔梗ききょうが訪れた時に洗濯を教わろうと心に決めている。



「 洗濯なら俺がやっても良いけど……睡蓮スイレン…… 」


" 睡蓮スイレンころもは洗えない " ――― と、言おうとして白夜ハクヤ睡蓮スイレンの前で " ころも " という単語を言うのを控えた。

睡蓮スイレンに避けられ続けて白夜ハクヤは ちょっとだけ凹んでおり、彼は睡蓮スイレンを刺激しない様に細心の注意を払いながら生活している。


「 良い良い、そろそろ桔梗ききょうが来る筈じゃから頼んでみるかのう? 」

――― 口にはしないが、秋陽しゅうようは息子の恋模様が どうなるのか楽しんでいる。



三者三様、それなりに新しい生活に慣れ始めて来た頃 ――― 秋陽しゅうようの予想通りに桔梗ききょう白夜ハクヤいえを訪れた。

彼女は、白夜ハクヤ達の家移りの件で 未だに父親と揉めているのだが

母親は彼女の味方なので、ようやく父親の目を盗んでコッソリと白夜ハクヤ ――― 彼と睡蓮スイレンの様子を見に来たのだ。





「 ええ、構いませんよ。秋陽しゅうよう様 」


白夜ハクヤいえを訪れて間もなく、秋陽しゅうように洗濯を頼まれた桔梗ききょうは快く引き受けたのだが " 睡蓮スイレンと一緒に " と云う点については彼女は戸惑いを隠せずにいる。

睡蓮スイレンのほうは、桔梗ききょうの心情に微塵も気付いておらず、これでようやく洗濯の方法が覚えられると安堵しつつ、意気込んでいた。



其々それぞれの想いを胸に抱き、特に口を聞かないまま桔梗ききょう睡蓮スイレン白夜ハクヤ達の家の備え付けの水場で洗濯を開始する ――― 。



「 ごめんなさい、桔梗ききょうさん ――― お手を煩わせてしまって…… 」


「 良いわよ、別に。 手伝いをするために来たんだもの。 ――― それよりも、睡蓮スイレンさん ちゃんと覚えて? この布地は繊細だから 余り力を込めては駄目よ? ――― あと……こういう作業をする時は髪をまとめたほうが良いわ。」


桔梗ききょうは濡れた手を石鹸水で洗いなおすと、自身が予備に持っていた髪飾りで睡蓮スイレンの長い髪を束ねた。


髪を触られた時、睡蓮スイレン桔梗ききょうに懐かしさを覚えた。

以前にも、似た様な事があったような気がしたのだ ―――――― 。

相変わらず、れ以上は何も思い出せない ――― 釈然としないままの何とも言えない気持ち悪さを感じながら睡蓮スイレン桔梗ききょうに微笑んだ。

 

「 ありがとうございます! 」

「 さあ、続けましょう 」


睡蓮スイレンが嬉しそうな笑顔を見せたので、思わず桔梗ききょうも微笑んだのだがぐに我に返り、悲し気な表情を浮かべた。

彼女のの様子に気が付いた睡蓮スイレンは、不思議そうな顔で彼女を見つめ続けた ――― 。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人