「 稽古場 」

 

 

――― 桔梗ききょう睡蓮スイレンが洗濯にいそしむ中、白夜ハクヤは宮廷にある稽古場に来ていた。



ハチス 先王の人柄や手腕により、リエン国は異国との交流も盛んで大変上手く行っており、

国内も平和そのものなので医官達同様に武官達も暇を持て余し気味なのだが、情勢はいつ変わるか分からないのでほとんどの者が 常に心身の鍛練たんれんに励んでいる。

白夜ハクヤの様に 毎日 欠かさない者もいれば、あまりの平和に胡坐あぐらをかいて稽古場ではほとんど見かけない者まで様々だ。



の日は、武官達の頭役かしらやく的な存在 ――― 武官長である大柄で筋肉質な身体を持ち、髭を生やした男性『 銀龍ぎんりゅう 』と、白夜ハクヤ同様にハチス 先王の遺言状に名を記されていたリエン国の女性としては珍しく髪が短く、細身で凛とした雰囲気を持つ女性『 佳月カゲツ』も稽古場に来ていた。

ハチス 先王が自ら選んだ白夜ハクヤ佳月カゲツは注目を浴びる事は必至であり、女性である佳月カゲツのほうは男性の多い稽古場の中で一際ひときわ 目立っていた。



「 すごいですね ――― 女性の剣士なんて初めて見ました! 」白夜ハクヤ佳月カゲツの剣技を観察しながら、素直に感心していた。


「 まあ、いない事は無いんだがリエン国では少ないよな。 」

銀龍ぎんりゅう佳月カゲツの腕前が気になる様で、白夜ハクヤとの手合わせを中断して佳月カゲツの動きを観察していた。



白夜ハクヤ殿、銀龍ぎんりゅう殿 ――― 後で手合わせをお願いできますか?」

――― そう尋ねながら、二人のもとに現れたのは白夜ハクヤ佳月カゲツ同様にハチス 先王の遺言状に名を連ねていた『 蒼狼せいろう 』。

両耳に洒落た装身具を付けている美男子で、見た目から斜に構えた人物に思われがちなのだが和を重んじる性格で白夜ハクヤ銀龍ぎんりゅうとは気が合っている。

白夜ハクヤ蒼狼せいろう が手合わせを始めると、稽古場中の武官達が 二人と佳月カゲツ何方どちらを眺めようかと右往左往した。




ハチス 様は、何故わざわざ あいつらを補充したんだろうな……? 」

――― そう銀龍ぎんりゅうに話しかけて来た男の名は「 盈月えいげつ 」。

無駄な脂肪が一切無い、細身で長身の男で銀龍ぎんりゅうとは古い付き合いである。


「 さあな? まだ他にもいるぜ。 」



しばらく 三人の若者の動きを見守ると、盈月えいげつは全く別の話を銀龍ぎんりゅうに切り出した。

「 ―――…お前、蓮葉ハスハとは会えたのか? 」


「 いや、………まあ その程度だったって事だろうな。 」



蓮葉ハスハ 』と云う女性は銀龍ぎんりゅうの想い人なのだが

数日前 ――― 丁度ちょうどハチス 先王が急死した日の辺りに忽然こつぜんと宮廷から姿を消していた。

銀龍ぎんりゅうは他の女官達に彼女に何があったのかと尋ね回ったが

皆、口々に " わからない " と " 知らない " を繰り返すばかりで消息不明なままになっている。


銀龍ぎんりゅうは、ずっと彼女の事を心配し、想いを断ち切れずに過ごしており、どうにかして彼女を探し出したいと考えていた。

何処どこ如何どう探すか、方法はだ思い付いていないが……―――



銀龍ぎんりゅう 殿、次 お願いできますか? 」

「 ああ、いいぜ 」


蒼狼せいろう銀龍ぎんりゅうに声をかけると、銀龍ぎんりゅうは我に返った様子でに剣を抜き、戻って来た白夜ハクヤと擦れ違った ――― 。



 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人