「 花の行方 」

 

 

 

―――――― 目覚めた瞬間、睡蓮スイレンはとても幸せな気分だった。


( 何か夢を見た様な気がする…――― )


どんな内容の夢だったかは忘れてしまっていたが、恐怖で一杯になっていた心の中は落ち着きを取り戻していた。


( ここは、秋陽しゅうよう先生の診療所ね……? )


自分が診療所の寝台に寝ていると気付いた睡蓮スイレンは、ぼんやりと目覚める前に自分が何をしていたかを、ゆっくりと思い出す ――― 。


途中、体を起こそうとした際に 矢の傷の痛みに襲われて

ようやく、自分に矢が刺さった事を思い出した。



「 あ…あれ…? でも、無い……!?」



彼女が胸の辺りを見ると、寝間着の中で真っ白な包帯がぐるぐる巻きになってはいたが

あの黒い矢が姿を消していたので、体に矢が無いのは 秋陽しゅうようの御蔭に違い無いと思い睡蓮スイレンは、 " やっぱり先生が救ってくれた! " ――― と、花の様に笑った。



( あの晦冥カイメイと云うかたも……ここには いないわよね…? 皆さんは ご無事なのかしら…――― ? )


証明できる物は無く、何となくでしか無いのだが

あの黒い矢は晦冥カイメイの仕業の様な気がして、彼の姿を思い返すと急に不安が押し寄せて来て

部屋に独りで居たくなくて、誰か探しに行こうと痛む体を我慢して寝台からり始める ――― 。



以前、目覚めた時と違って外から明るい光が差し込んでいるので

少なくとも、秋陽しゅうよう何処どこかに居る筈だろうと寝台を下りた その瞬間 ―――

胸の傷に激痛が走り、彼女がまま 床にうずくまる様にしゃがみ込んだのを日葵ひまりと交代で睡蓮スイレンの様子を見に来た白夜ハクヤが目にし、彼女のもとに駆け寄った ――― 。



「 傷が痛むのか!? 」


「 す…少し……。 」



睡蓮スイレンの返事を聞くと、白夜ハクヤは彼女を軽々と抱きかかえ、そっと寝台の上に降ろした ――― 。

痛みに耐えて下りた筈なのに、再び寝台の上に戻ってしまった事について

睡蓮スイレンは、ほんの少しだけ 何とも言えないむなしい気持ちになった。


( い…いま、下りたのに…――― ! )




「 待ってて、父さんを呼んで来るから ――― ! 」

「 あ…待って――― !! 」

白夜ハクヤがまたどこかへ行ってしまうと思った瞬間、睡蓮スイレンはとっさに

白夜ハクヤの片腕をしがみつくように引っ張った。



「 ――― 睡蓮スイレン……? 」


「 あ……ご…ごめんなさい! ――― あの…でも、ひとりになりたくなくて……」



白夜ハクヤがよく見ると、睡蓮スイレンの手が震えていたので

白夜ハクヤの脳裏に東雲シノノメから聞いた即位式の睡蓮スイレンの話がよぎる。

確かに、晦冥カイメイは他の者達と違う雰囲気を持つ男だが、睡蓮スイレンを知っている様子も無かったので

彼の何がここまで睡蓮スイレンおびえさせるのか、白夜ハクヤには理由がわからなかった。



「 ……

白夜ハクヤが何か言おうと口を開いた瞬間、秋陽しゅうよう睡蓮スイレン白夜ハクヤのいる部屋に訪れ、

寝台の上に横たわったような姿勢で 白夜ハクヤの腕に絡みついてる睡蓮スイレン

彼女を静かに見つめていた自分の息子の姿を目にし、

秋陽しゅうようは、瞬時に 自分がとんでもない失敗をしてしまったと痛感し、二人に背を向けた。


「 すまん! 出直す…… 」


「 違うから!! 何でも無いから!! ――― ほら、睡蓮スイレンが起きてるだろう!? ちゃんと診ろ!!」



―――――― 室内に白夜ハクヤの叫び声が鳴り響いた。











結局、女性である日葵ひまりがいない事には睡蓮スイレンの身体を診る事は出来無いので

食事に行っていた日葵ひまり睡蓮スイレンの部屋に戻り、白夜ハクヤは新しい住まいに荷物を運びに出て行った。

――― 日葵ひまり達の話から、睡蓮スイレンは即位式から二日経っている事を知る。

 

「 え… 王宮の近くに住むのですか? 」


家移りについて聞かされた睡蓮スイレンは、自分の事も連れて行きたいと申し出た秋陽しゅうようの言葉に目を見開いて驚いた。


「 うむ、白夜ハクヤは そういう決まりがるからなんじゃがわしも おぬしの治療の資料や情報を集めたくてのう。

  宮廷きゅうていには多くの書物が有り、優れた医師達が山の様におるんじゃよ。」

――― と、秋陽しゅうようは張り切った様子で続ける

「 最初は、お主は日葵ひまり達の家にと思ったのじゃが

  診察の度にあの階段を上らせるのは、治るもんも治らんと思ってのう。」


秋陽しゅうようとの話を 横で聞いていた日葵ひまり

睡蓮スイレン、あんたに刺さった あの矢の犯人はまだ捕まってないんだよ……! ――― 王宮近くなら、武官もいっぱいいるからさ!ここよりちょっとは安全だと思うよ? ――― 昼間以外は、同じ家の中にハクちゃんだって いるんだからさ!! 」と、真剣な様子で睡蓮スイレンに告げた。


「 どうかのう?睡蓮スイレン…――― 急な話なのじゃが、一緒にどうじゃ?

  まだ返事は貰っとらんが、桔梗ききょうも来るかもしれぬし、日葵ひまりにも通わせるから女子おなごは お主 ひとりでは無いし、心配はいらぬよ? 」


秋陽しゅうようの言葉を聞き、日葵ひまりは " ついに本格的な減量をおこなう時が来たか・・・ " と悟る ――― 。




「 はい……! 一緒に行くのは構わないのですが…――― 」

晦冥カイメイの姿が睡蓮スイレンの脳裏に浮かぶ ――― 。


花蓮カレン女王の側近そっきんという事は、当然 晦冥カイメイも王宮の何処どこかに居る ――― 。

自ら晦冥カイメイもとへ近づいて行く事に、睡蓮スイレンは不安を感じずには居られ無かった。


しかし、世話になっている身で 自由に選択できる立場に無い事も自覚しているし

今の自分の身体では あの階段を 何度も上り下りする自信も無く ―――

仲睦なかむつまじい日葵ひまり春光しゅんこうの邪魔にもなりたくなかったので、睡蓮スイレンは自分さえ我慢すれば・・・・と、覚悟を決め始めていた。



思い詰めた様な彼女の様子に気付き、秋陽しゅうよう日葵ひまりは少しでも場を和ませようと殊更ことさらに明るく努める。


「 大丈夫じゃ! まだ光昭こうしょう此処ここにおるし、わしらが向こうに移るのは あやつとお主の傷が もう少し癒えてからにするつもりだからのう。 」


ハクちゃん と 紅炎コウエン光昭こうしょうは、昨日から運び屋と一緒に荷物運んでるけどね♪

  片手とは言え、力持ちの光昭こうしょうがいてくれて助かったよ!

  睡蓮スイレン、あんたも彼にお礼言わなくちゃね ――― あいつは矢を抜こうとしてああなったんだから…… 」


日葵ひまり光昭こうしょうの手を思い出して震え上がりながらも

「 そうそう!ハクちゃんにも言っておくんだよ? ――― 最終的に矢を抜いたのは白ちゃんなんだからね!」と、白夜ハクヤの存在を強調した。



「 え…? そうなのですか……? 」


矢を抜こうとした光昭こうしょうがどうなっているのかは分からなかったが、

また白夜ハクヤが自分を救ってくれたと知り、睡蓮スイレンは 自分の心が華やぐのを僅かに感じた ――― 。


( ? ――― 何かしら…? 胸に怪我してるからかな……? )




「 のう、睡蓮スイレン…――― 思い出したく無かったら言わなくても良いのじゃがお主は矢が刺さった時、どう感じた?

  ――― 痛かったとは思うが、熱さは無かったかの?

 矢からあんなに黒煙が出ていて、光昭こうしょう達も火傷を負ったのに

 お主とお主の持っていた鏡は、大した傷にはなっていなかったんじゃ。それが どうしても 不可解でのう…… 」

――― 秋陽しゅうようが首を傾げながら呟く様に睡蓮スイレンに尋ねると、彼女は矢が刺さった瞬間を何とか思い出しながら答えた ――― 。


「 あの……先生、痛みと熱さの違いは よく判らないのですけど

  私、あの矢は あの晦冥カイメイと言う方がはなったような気がしていて…… 」

――― 言いながら、睡蓮スイレンうつむいた。

晦冥カイメイとは目が合っただけなのに、其処迄そこまで決めつけても良い物かと自分の中で葛藤しているのだ。



「 ええっ!? ――― でも、どうやってだい!? 」


「 あやつか…――― しかし、睡蓮スイレン どうしてそう思うのじゃ?

  いくら何でも、あの大勢の中で矢を放てば誰かが目撃しておるぞ!? 」



「 はい…。でも、私 あのかたが恐ろしくて花蓮カレン様に頭を下げるのを忘れていて……

  その時に あの方と目が合って、気が付いたら矢が胸に…――― 」



秋陽しゅうよう日葵ひまりは、うつむ睡蓮スイレンを見ながら 怪訝けげんとした表情で顔を見合わせた ――― 。


二人共、彼女が嘘を言っているとは考えてはいなかったが

仮に 晦冥カイメイが矢が放ったのだとしたら、何も持たず、誰かに指示もせずに

どうやって 矢を放ったのと言うのか・・・・・・。




秋陽しゅうよう日葵ひまりは、睡蓮スイレンがいる部屋の前の廊下に出ると

彼女に聞こえてしまわないように、小声で今後の睡蓮スイレンの居場所について話し合いを始める。



「 先生…もし、もしもだよ? 本当に矢が " 何とか様 " の仕業なら……

  やっぱり睡蓮スイレンは あたし達の所にいたほうが安全じゃない!?

  家移りの文書も直接 届いたんだろ!? なんか、怖いよ! 」


いや、落ち着くのじゃ日葵ひまり ――― 確かに、あの男は怪しいが花蓮カレン様の側近じゃぞ!?

  睡蓮スイレンは ああは言っておるが、まだ 犯人と決まった訳では無い。


  それに、お主達夫婦は共働きで 四六時中 睡蓮スイレンを見守る事はできぬじゃろ?

  春光しゅんこう晦冥カイメイでは、体格的にも体力的にも晦冥カイメイのほうが有利じゃろうし……

  万一の時、今のお主 ひとりでは適切な応急処置が行えるとも思えぬ。」


――― 秋陽しゅうようの言葉を聞き、日葵ひまり春光しゅんこうが黒い矢に刺されて倒れる姿を想像して全身が寒気に襲われた。 

そんな状況で、自分は落ち着いた処置ができるのだろうかと、日葵ひまりは真剣な表情で心の中で自問自答する。



「 その点、儂は一日中 家の中にもおれるし ――― 医者じゃ。

  白夜ハクヤもおるし、桔梗ききょうは来るかは分からんが……あの娘も朝から晩まで睡蓮スイレンそばに居られる。

  まあ、桔梗ききょうは武芸に秀でている訳では無いから、巻き込む事になったら直ぐに家に帰らせるが

  あの娘が居てくれたほうが、白夜ハクヤが本気出すからのう…。

  ――― それに、宮廷に居るほうが 何かあれば花蓮カレン様や医官も頼れるし、晦冥カイメイの動きも掴みやすそうとは思わんか? 」



「 うん…… あたしも 人目が多いほうが良いとは思うね! 」




秋陽しゅうよう日葵ひまりは、顔を見合わせて納得した様子で無言で頷いた。


――― 本当は、葬儀式や即位式やらが落ち着いたら身元不明者を保護した事を宮廷に報告する予定でいたのだが、秋陽しゅうようの報告を もう少し保留にする事にした。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!