「 睡蓮の夢 」

 

 

―――――――――― その夜、睡蓮スイレンは夢を見た。

 

 

 

 

彼女が 世界でたった一人、誰よりも愛している男の夢だ。

 

 

 

 

  

 

男は笑顔で両腕を広げ、睡蓮スイレンも笑顔で その腕の中に飛び込んで行く。

 

 

  

 

 

 

二人の足下には 大きな大きな池があり、たくさんの白い蓮の花が咲き誇っていた。

 

  

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!