「 " 藍玉 " 」


花蓮カレン女王の即位式こと " お披露目式 " は雨をもって終了と成り、女王は王宮へと帰還した。


彼女が風邪など引いてしまわない様に、女官にょかん 達が大急ぎで湯殿ゆどのに入れて着替えの準備を整える。

女官達にころもを脱がされた花蓮カレン女王は、身体の隅々を洗われている中で

初めて宮殿の外に出た事よりも、自分の事を王に相応ふさわしく無いと言い放った

あの 橙色だいだいいろの髪の女の事ばかり考えていた ――― 。

あの少年が 義兄か義弟に当たるのなら、自分は一体どうすれば良いのかと頭を悩ませずにはいられない。



晦冥カイメイは…? 彼はどこにいるの!? これが終わったら彼に会える?」


「 ええ、花蓮カレン様。 晦冥カイメイ様は 後程のちほど花蓮カレン様のお部屋へうかがわれるそうですよ。 」


晦冥カイメイに会えると聞き、花蓮カレンは 湯船の温かさで赤く染まった頬を、更に赤く染まらせて花の様な笑顔を浮かべた。




色々と騒動が重なり、雨で途中終了した今回の即位式そくいしきは、本来ならば " 吉凶の前触れ " 等と言われてしまいそうな所なのだが

女王を外に出したく無かった臣下達にとっては、の方が都合が良く、

しかも、ひょっとすれば 王位継承者が もう一人 帰って来たと云うよろこばしい結果で終わったので

宮中きゅうちゅうの誰も 即位式が失敗などとは思っていなかった。


強いて言うなら、花蓮カレン女王に もう少し 女王らしく振舞って欲しいと誰もが考えていたが

やがて、大人の女性になって行けば解決する問題だろうと 余り気に留めてもいなかった。





宮廷に戻った晦冥カイメイは、雨で濡れた身体を自分専用の浴室で優雅に洗い温め

新しい衣服に身を包むと、少し急いだ様な様子で ある部屋へと足を運んだ ――― 。


の部屋は何も無い殺風景な広間で、武器を手にした 四名の 若くうるわしい 男の武官ぶかん達に見張られながら

ハチス 王 の 側室そくしつと名乗った 橙色だいだいいろの髪の中年女性と、の息子と云う ハチス 先王の子息と云われている少年が立たされていた。




「 御苦労様でした ――― 君達はもう下がると良い。 」


「 はっ!晦冥カイメイ様 」

 

四名の若い武官達は、声と足並みを綺麗に揃えて広間から姿を消して行った ――――――。



「 ふん……あんたか! 随分ずいぶんとあたし達を待たせてくれたもんだね! 」


女は苛立いらだちを隠せない様子で晦冥カイメイを睨みつけたが

少年のほうは、相変わらず 不安そうな瞳で晦冥カイメイの姿を見つめていた。



「 それで?あたしらの部屋の用意はできたのかい?

  まさか、この何も無い部屋で寝泊まりしろって言うんじゃないだろうね!? 」



「 とんでもない……! きちんと用意してありますよ?



 ―――――― 少年・・ 。」



晦冥カイメイが言葉を発したのと同時に、橙色だいだいいろの髪の女性に黒煙を放つ複数の黒い矢が雨のように降り注ぎ、瞬く間に彼女の全身に突き刺さった ―――


「 ぎゃああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!? 」


女が断末魔の叫びを上げ、忽ち倒れ込み 血で赤く染まりながら全身を細かく引くかせるのを見て、

女の隣にいた少年は、衝撃のあまり床に腰を付いて、震えて後退りしながら息絶えて行く女の気道の音を聞いていた ――― 。



貴女方あなたがたは、ハチス が 遺言状を残していた事を御存じ無かった様ですね…?

  彼は自分の愛する女性と子供の名を書き忘れるような馬鹿ではありません。

  ――― つまり、例え 貴女方が本当に情婦と息子であったとしても、

  ハチスにとっては 『 不要な存在 』 でしか無かったと言う事ですよ?」


女の鼓動は既に止まっているのだが、晦冥カイメイは少し声を荒げて語りながらの女 ――― 先程まで女だったの存在に優しく微笑み、彼女の頭を 自身の片足で踏み付けにした。

そんな物・・・・を 我々が 温かく王宮に入れるとお思いですか?

  貴女は、の髪の色の様に 随分と御目出度い方の様だ。 」


女が絶命したのを確認すると、晦冥カイメイはゆっくりと少年のほうに顔を向け

「 すみませんね ――― 今日は少し苛々しておりましたので……彼女の事を 何時いつもより 早く殺してしまいました。 」と、何事も無かった様子で乱れた髪と衣類を整える。


「 あ…あの…僕はっ!! ――― そ…その人に言われただけで……!!

  違うんです!! すみません!!本当にすみませんっ!! 」


矢が何処どこから如何どうやって飛んで来たのかはわからなかったが

少年は自分も晦冥カイメイに殺されると思い、身を庇うような姿勢で必死になって叫んだ。

の様子を見た晦冥カイメイは優しく微笑むと、少年のほうに近づき彼の頬に手を当てた。


「ひっ…――― !!」


「 大丈夫、ちゃんと解っていますよ…? 彼女と違って君は正直な子ですね。――― だから、私の " 特別 " に してあげますよ。 」と、告げながら晦冥カイメイは少年の頬や髪を 優しく撫で回した。

最初から 女の話など信用しておらず、自分好みの顔をした少年の事が手許に欲しくて王宮に連れて来させたのだ。


女への態度から一変した晦冥カイメイの優し気な様子に少年は半信半疑だったが

命が助かりそうな気配から、の場は黙って従い、成り行きに任せる事にして彼に頷いた。



「 君の名前は " 藍玉らんぎょく " にしましょう ――― 良いですね?藍玉らんぎょく

  私の事は 『 晦冥カイメイ 様 』と呼びなさい。」


「 はい…! ――― わ…わかりました。晦冥カイメイ様 」



藍玉らんぎょくの返事を聞くと、晦冥カイメイは最初に部屋にいた四名の武官達を呼び

其の内の二名に 藍玉らんぎょくの世話をまかせ、残った二名は橙色だいだいいろの髪の女の処理を任せた。

女の処理を任された二名は、速やかに遺体を運び出して床に流れた血の掃除を始める。



の女は 民衆の前で陛下に恥をかかせた罪深い女です。

  通常の手順など踏まず、そのまま海にでも捨てなさい。 」


「 はっ!そのように ――― 。 」


後の事を四名に任せ、晦冥カイメイ花蓮カレン女王の部屋へ向かった ―――――― 。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人