「 白夜の妹 」

 

 

「 失礼 ――― 彼女の名は " 睡蓮スイレン " と云うのですか? 」


「 え…? ええ、そうです…けど…… 」


紅炎コウエンそば蒼褪あおざめた顔で茫然ぼうぜんと立ち尽くしていた桔梗ききょうは、の男の突然の問い掛けに奇妙に思いながらも返答した。

彼女に話しかけて来たのは、朱色の布をまとった あの晦冥カイメイと云う名の男である。


桔梗ききょうは、日葵ひまり達から晦冥カイメイの事を 詳しく聞かされてはいなかったが

この騒動の中で " 睡蓮スイレンの名前が気になる "と言うのは、何か違うような気がして

直感的に、晦冥カイメイには関わらないほうが良いと感じていた。



大勢の人々が睡蓮スイレン の為にと布や綿を集めて駆け回っていた中、

晦冥カイメイが充分な大きさのある朱色の布を着飾ったままでいる事も桔梗ききょうには不快に思えてならない。




「 ――― 桔梗ききょう? 晦冥カイメイ様、彼女に何か……?」


紅炎コウエン桔梗ききょうを迎えに来た白夜ハクヤは、桔梗等と共に晦冥カイメイが居るのを不審に思いながらも表情には出さずに晦冥カイメイに敬礼した。


「 君か…――― 一部始終を見ていましたが、先程はお見事でしたね。

  確か、ハチス先王の遺言状に名が記されていた剣士だったかな? 」


「 はい ――― 白夜ハクヤと申します。 」


「 そう、白夜ハクヤ……。 ――― 君の事は良く覚えていますよ。 」


晦冥カイメイ様に そう言って頂けるとは光栄です! 」と、本心からではあったが

白夜ハクヤ敢えて・・・ 桔梗ききょう晦冥カイメイの間に入るように立ち、桔梗から紅炎コウエンの手綱を受け取った。


自分が目を離した隙に、桔梗ききょうに男がまとわりつくのは何時いつもの事なので晦冥カイメイの事も そうなのだろうと思っているのだ。



桔梗ききょう、ありがとう。 ――― あと、これ…君の日傘だろ? 天幕にあったから持って来た。 」


「 ありがとう…! ――― あなた、手は大丈夫なの!? 」


「 うん、軽い火傷だから。」と、桔梗ききょうに傘を渡すと白夜ハクヤ晦冥カイメイのほうに身体からだを向けた。

白夜ハクヤと一回り程は離れた年齢の晦冥カイメイは、彼の心を見透かした様に含み笑いを浮かべながら話を続ける。


「 君が引き抜いたあの矢は何だったのだろうね? 」


「 分かりません…――― でも、彼女を狙って放たれた矢ではないかと。 」


「 ……彼女は何者なのですか? 」


「 彼女は…―――――― 」



――― 睡蓮スイレンの事を何と説明すれば良いのか白夜ハクヤは迷った。


最初は『 記憶を失っている診療所ウチの患者 』 にしようと思ったが、

身体からだを見た罪悪感と責任感から『 未婚妻婚約者 』 にしておいたほうが良いのかとも思い始める。

しかし、れは 桔梗ききょうの前では口が裂けても言えないし、睡蓮スイレンにも確認を取っていない ――― 。

『 拾った女の子 』 にしようかとも思ったが、詳細を聞かれたら説明するのが面倒臭い。


本音を言えば、早く 睡蓮スイレンの容体が知りたいので、晦冥カイメイとの会話をさっさと終わらせたいと考えていた。



「 自分の " 妹 " …――― のようなものです。」



「 " 妹 " …――― ? 」


「 本当の妹と言う訳では無いのですが…… 」


「 …………。 」


白夜ハクヤの妹と聞き、晦冥カイメイは何かを考える様に黙り込み、倒れている睡蓮スイレンのほうに目を向けた。

しかし、睡蓮スイレンは既に診療所へ運び出されており、もう 其処そこにはいなかった ―――。


一方、白夜ハクヤは、桔梗ききょうの前で睡蓮スイレンについて色々聞かれるのは面倒な事になりそうなので

中々なかなか 去ろうとしない晦冥カイメイから逃げ出す準備を始める。


「 申し訳ありません!晦冥カイメイ様。 ――― 自分はこれで失礼いたします。

  桔梗彼女を送ったら持ち場に戻りますので……… 」



「 いや、君も含めて 怪我をした者達はただちに治療を行いなさい。

  ――― どうせ、この雨では行進は続けられない。

  後の事は気にしなくて良いから ゆっくり静養すると良い。

  勿論、そちらのかたをお見送りするのは止めはしないよ?

  後程、君のお父上の診療所に使いの者を送るから、今後の詳しい事はの者に伝達させよう。 」



「 承知致しました!お心遣いありがとうございます。 」


「 では、白夜ハクヤ…――― また宮殿で会えるのを楽しみにしていますね。 」


そう告げると、晦冥カイメイは 霧の様な雨の中へと 消えて行った ――― 。

の背中を、桔梗ききょうは睨む様な瞳で見つめていた。




「 今のかた花蓮カレン様の側近ですってね……?」


「 うん、そう。 ――― あれ?教えたっけ? 晦冥カイメイ様が自分で言ったの? 」


「 あのがあんな目に遭ったのを見ていたのに

  どうして、すぐに 花蓮カレン様を宮殿に戻さなかったのかしら…? 」



「 ……! 」



白夜ハクヤ桔梗ききょうの言葉にハッとしたような表情を浮かべる。

確かに、側近でありながら こんな所で 立ち話してる場合では無い。


「 犯人探しもされないのね……。

  ハチス 様は こんな恐ろしい事件を放置なさる事なんて無かったのに……!」


「 え? ――― 犯人は捕まってないの!? 」


「 そうよ!? ――― 一体、何なのよ? あの弓矢……

  白夜ハクヤ、早く ここを離れましょう!? この手も ちゃんと治療しなくちゃ……! 」


桔梗ききょうは、白夜ハクヤの手に触れると 泣きそう顔で訴えた。

不気味な矢への恐怖と、れが自分の知る人間に突き刺さった恐怖と、白夜ハクヤが矢を掴み取った時の心配疲れから桔梗ききょうの心は破裂寸前だった。


白夜ハクヤは怯える桔梗ききょうの手を取り、辺りを警戒しながら桔梗ききょうを乗せて紅炎コウエンと共に診療所へと向かった ―――。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!