「 蓮の台 - 黒い矢 」(八)

 

「 … ――― どうした? 紅炎コウエン


急に 紅炎コウエンの様子がおかしくなったので、白夜ハクヤは不思議に思い始める。

紅炎コウエンは、自身と白夜ハクヤが居る地点から 少し遠い場所の音を耳にしていた。







――― 時を同じくして、大通りの片隅が騒々しくなっていた。

 

 

 

睡蓮スイレンっ!!!しっかり!!! 」


「 やだよ!!睡蓮スイレン!!! ――― 先生、どうしよう!? 」

「 まだ矢は抜くな!!誰かっ!!わしらを診療所に運んでくれ!! 」

「 で…で…でも!先生 これ 何か変な煙出てるよ!? 」


「 おい!!誰か 馬を ――― !!! 」


日葵ひまりを呼ぶ 秋陽しゅうようの声に気づいて駆けつけた日葵ひまり自身と春光しゅんこう ―― 桔梗ききょう ―― 光昭こうしょう

偶偶たまたま周辺に居合わせた武官達と人々が、目の前を通り過ぎて行く女王達には目もくれず、

黒煙をはなつ矢が刺さったまま倒れ込んだ睡蓮スイレンを囲んでいた ――― 。



花蓮カレン女王に敬礼中だったので、何処どこから矢が飛んで来て、何時いつの間に睡蓮スイレンの胸に刺さったのか目撃していた者は誰もおらず ―――

の場の全員が、一体 何が起きたのか理解出来ずに居た。



睡蓮スイレン!!ごめん ――― 隣に居たのに……!しっかりするんだ!! 」

睡蓮スイレンっ!! 聞こえるかい!? 大丈夫だからね!! 」

―――――― 日葵ひまり東雲シノノメの声は睡蓮スイレンに届いていた。



 (  日葵ひまりさん…と東雲シノノメさ…ん…が心配……なさってる ――― 起き上がら…なきゃ………。

   大…丈夫 ――― この矢は きっと、先生が…何とかして…くださ…る…―――   )


薄れゆく意識の中で、睡蓮スイレンは自分を取り囲む人々のぐ後ろに晦冥カイメイが立ち、

自分のほうを見ている事に気が付く。


(  また…私を……見ている ――― !? 皆さん……逃げて……――― !!  )


晦冥カイメイの事を知らせたかったが、声が出せず ―――

氷の様な冷たい瞳で笑みを浮かべる晦冥カイメイの姿を見つめたまま、睡蓮スイレンは意識を失った…―――。






「 大丈夫!脈はあるよ!! ――― やっぱ、この矢 怖いし 変だよ!?

  そんなに深くは無さそうだから、ここで抜いちまおうよ 先生!!

  診療所に戻ってたら間に合わないかも ――― !? 」


「 ――― うむ、やってみるか……!

  誰か! 布や綿を たくさん持って来てくれ!!できるだけ清潔な物じゃ!!

  それと、東雲シノノメ其処そこに置いとる酒を取ってくれ!! 」


秋陽しゅうようの叫び声と同時に、春光しゅんこう桔梗ききょうが有りっ丈の布や包帯を集め走り、

東雲シノノメも酒を渡すと、使えそうな物を探しに また 天幕の中に戻る。

近くに居合わせた人々も、自分達の天幕や出店の中に止血に使えそうな物が無いか探して駆け回った ――― 。




―――――― 次第に、空に黒い雲が立ち込め 霧雨きりさめが降り始める。


花蓮カレン女王を連れた長い行列は、何時いつの間にか大通りから去っており

女王の姿を目にして満足した民や、雨に濡れたく無い民達も帰り始め ―――

活気に溢れていた先程までの大通りの雰囲気からガラリと変わり、辺りは静けさに包まれていた。





桔梗ききょう! ――― 何があった!? 」


「 えっ…白夜ハクヤ!? ――― あ…あの……睡蓮スイレンさんが……!!」


他所よその天幕などから 布を貰って走り戻っていた桔梗ききょうの後ろから紅炎コウエンに乗った白夜ハクヤ疾風はやてごとく飛び込んで来た ―――。


紅炎コウエンが勝手に走り出し、白夜ハクヤは訳が分からぬまま此処迄ここまで 来たのだが

紅炎コウエン日葵ひまり を 呼ぶ 秋陽しゅうようの声を聞いて、何かが起こったと察知し、白夜ハクヤ此処迄ここまで 連れて来たのだ。









「 ――― よしっ!俺が抜こう!! 任せておけ! 」


光昭こうしょうが 思い切り良く 睡蓮スイレンに刺さる矢を握りめたの瞬間 ―――

彼のてのひらには激痛が走り、直ぐに矢から手を離す―――「  熱っ…―――!!!?  」


「 ちょっと、あんた 何やってんだい!? 良いよ!! あたしが……―――! 」

「 駄目だ!!奥さんっ! 火傷やけどするぞ!!!  」


「 !!? ――― あんた、その手……!?  」



光昭こうしょうの叫びに、矢を抜こうとした手を 咄嗟とっさに引いた日葵ひまりは彼の手を見て愕然がくぜんとする―――。

矢を掴んだ光昭こうしょうの手は 大火傷を負っており、僅かに煙が立ち込め、酷く焼けただれていて、

光昭こうしょうは負傷した の手の手首を もう片方の手で押さえ込み、

歯を食い縛って、必死に痛みを耐えてる様な形相ぎょうそうで地面に片膝を突いた。

 



「  皆、矢にふれるなぁ ――― っ!! その矢は普通の矢じゃ無いぞっ!!!! 」


光昭こうしょうの叫びを耳にし、彼の手を目にした誰もが恐怖でおののき、後退りした様な体勢で の場に立ち尽くした。

音の無い雨が人々を包み覆う様に降り注いで行く ――― 。

 


「 でも、このままじゃ 睡蓮スイレンが…………!! 」


そう言った日葵ひまりと同じ事を秋陽しゅうよう東雲シノノメ も考えていた。

長年の経験から、まま 睡蓮スイレンがいなくなってしまう予感に包まれ、三人は息を呑む ――― 。









「 ――― 父さん!! 何があったんだ!? 」



紅炎コウエンから下馬し、 の場に駆け付けた白夜ハクヤは、皆の輪の中心に倒れる睡蓮スイレンの姿を見て

心臓を何かに突き刺されたかの様な衝撃を受け 一瞬、言葉を失った ――― 。


「 なんで 誰も何もしていないんだ!? ――― 父さん!? 日葵ひまり!?

  紅炎コウエンもいるから、早く 診療所ウチへ…―――!!」


蒼白の表情で叫ぶ白夜ハクヤとは対照的に「 あの黒い矢が抜けぬのが問題なんじゃよ…… 」と秋陽しゅうようは力無い声で呟く。


「 抜いて良いのなら、俺が ――― ! 」

直ぐに地面に膝をついて座り込んだ彼が矢に手を伸ばすと、日葵ひまりが大慌てで

ハクちゃん!!矢に触っちゃ駄目っ!!! その矢 普通じゃ無いんだ!?  」と彼を叫び止めた。


「 " 普通じゃない " って……!? 」



「 その剣…――― お前も剣士だろ? やめとけ、俺みたいになるぞ…… 」


光昭こうしょうは、にっと笑った様な表情で 火傷した手の平を白夜ハクヤに見せた。

 

「!?」


光昭こうしょうの手の、余りの痛々しさに白夜ハクヤは眉をひそめると同時に

そのような恐ろしい矢が睡蓮スイレン身体からだに突き刺さっている事に絶望を感じた。


矢から立ち込める黒煙が、睡蓮スイレンの身体を包み込む様に 彼女にまとわりつき、

白夜ハクヤの瞳には の光景と、黒い布に包まれて海に倒れていた睡蓮スイレンが重なって見えた。



降り続ける細かい霧の様な雨が、辺りを白く煙らせて行く ―――。





「 ―――… 東雲シノノメ、手伝え!! 」


「 !? 」


白夜ハクヤが何を始める気でいるのか 東雲シノノメには見当もつかなかったが、

彼の事は信頼しているので無言で次の行動を待つ事 僅か 一、ニ秒 ―――


白夜ハクヤは自身の剣を抜き放ち、 の白刃でたちまちの内に秋陽しゅうようの天幕の支柱や屋根に被せている布を止めている紐に斬り込みを入れ

東雲シノノメと共に " 天幕 ――― 外側に被せていた白布 " をぎ取った。


天幕は、先程から降っていた雨を 多少 吸い込んでおり、湿って 通常より重くなっていたが

白夜ハクヤはその巨大な白布を睡蓮スイレンに刺さる矢にグルグルと巻き付けると

の布越しに 両手で矢を握り緊める ――― 。

 


「 日葵!睡蓮スイレンの身体を押さえててくれ!! 」

日葵ひまりにそう叫びながら、白夜ハクヤは布で巻いた矢を力を込めて引き抜く ―――

日葵ひまり秋陽しゅうようも急いで睡蓮スイレンの身体に手を乗せて押さえ、光昭こうしょうも片手で白夜ハクヤに手を貸した。


熱さを感じなければ、白夜ハクヤ光昭こうしょうの二人がかりで引っ張った矢など

意図も簡単に抜け、睡蓮スイレンの身体から取り出された矢が放つ黒煙が、忽ちの内に辺りにひろがって行った。




「 っ…!! 」


てのひらに熱い痛みを感じ、白夜ハクヤが布ごと矢を 地面に投げ捨てると

矢を巻いていた布が 一瞬で 煙を上げて焼き焦げ、白かった天幕の布地が黒に染まった ――― 。



「 まだ息はあるよ!!血も少ないみたい!! 診療所に帰るよ!! 」


布を取った為、秋陽しゅうようの天幕は骨組みの部分だけになっており

非常事態とは言え、こんな大勢いる場所で睡蓮スイレンの肌を晒す事には抵抗があったので

日葵ひまりは、取り敢えず睡蓮スイレンの傷口にころもの上から酒をかけ、布を当てる事にした。

その際、矢が刺さっていた所に何か固い、平らな物がある事に彼女は気づく ――― 。



白夜ハクヤ!!光昭こうしょう!!お前達も早く治療をするのじゃ! 」


「 俺は軽い火傷だから最後で良いよ! 二人を先に!! 」



――― 間一髪の所で矢から手を離した白夜ハクヤの手は軽傷で済んでいた。

自分の両手を見ながら、白夜ハクヤも内心 ほっとする。


白夜ハクヤは、あの不気味な矢を調べようと黒焦げになっている布を広げたのだが、

睡蓮スイレンに刺さっていた矢は燃え尽きてしまった様で、跡形も無く消えていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー