「 蓮の台 - 晦冥 」(七)

 

の女の声と同時に、花蓮カレン女王の輿こしの行列の行進は急停止し、

やりを持った 複数の武官が すぐさま 叫んだ女と

の女に連れられて、一緒に道の真ん中に飛び出して来た少年を取り囲んだ。



「 何事だ!? 」 ――― 「 ええい、皆 頭を下げぬか!! 」

「 止まれ止まれ!!! 」 ――― 「 一体、何が起こったの!? 」 ――― 「 なんだ、あの女!? 」


華やかな音楽も次第に消え、女王の護衛達やリエンの人々の様々な声が飛び交った。

ほとんどの人間が 膝まづいたまま動かずにいるので

道の左右の群衆による行列が あまり乱れずにいるのが奇跡的なくらいだ ――― 。




「 いいから 皆、よく聞きな! 」 ――― 先程から 叫んでいる年増の女は、長い 橙色だいだいいろ の髪が あまり手入れされてはおらず、所々 ボサボサと絡まっており、薄汚れた異国風のころもを着ていた。



「 女! 口を慎め!! 」 ――― 先頭に立つ武官が険しい表情で女を威嚇いかくしたが、女はの程度の事ではひるまずに「 あのむすめが 王になるのは 間違ってる!! 」と、増々ますます大きな声で 花蓮カレン女王を指差した。


良く響く、貫禄かんろくのある声をはなの女の一声ひとこえ

人が大勢いるにも関わらず、大通おおどおりは 一瞬で 静まり返る。

女に指差された 花蓮カレン女王の表情はおびえており、何かを探すように目と顔をしきりに動かし始めた。




「 女王様に何て口を…!? ――― 女 死にたいのかっ!! 」


「 あたしは ハチス 様 の 側室そくしつだ!!

そして、ここに居る この子があたしの子!しかも、男の子だ!? 」


女に連れられている少年は十四・五歳程度かと思われ、

少女と言っても通じそうな程に中性的な顔立ちをしており、

堂々とした立ち振る舞いの女とは対照的に、不安そうな表情でたたずんでいる。




「 つまり、王位継承権は この子にもあるって事!!

  あたし達は つい最近まで ハチス 様にお会いしててね。

  あの御方さえ 生きてりゃ、あたしは後妻になっていたんだ!

  わかったら、式は止めて 次の王の決め直しと行こうじゃない!?

  早く、そのやりを引いて あたしたちを王宮に迎えな!!」



「 なっ…!!? でたらめを言うな!!!」 ――― 「 黙って聞いていれば抜け抜けと…!!!! 」 ――― 「 皆の者、静まれ! 静まらぬか!! 」



女から語られた言葉の数々に 誰もがどよめいて、動揺を隠せずにいた。

睡蓮スイレンも騒ぎの中心を静かに見つめてはいたが、心の中はざわついていた。

何故、そのような気持ちになっているのかは自分自身では分かっていないが・・・・。



「 ……先生、ハチス 様 に あんな 大きな隠し子がいると思いますか?」


「 あの ハチス 様 が あのような女にれ込むとは思えん。

  それに、本物の息子ならば 遺言状にも名がしるされると思うがのう…? 」


東雲シノノメ秋陽しゅうようは 会話の内容的に、なんとなく小声でひそひそと会話した。




「 女王陛下、この者達を いかがなさいますか!? 」


「 …に 言………も…… 」


「 えっ? ――― 何でございましょうか!? 」


一人の武官が花蓮カレン女王に指示を仰いだのだが、

小声過ぎて彼女が何を言ったのか誰も聞き取る事が出来なかった。


ハチス 王の時代には、あまり こういった騒動は起きなかった ――― と、言うより

いざこざが起きたとしても、ハチス 王 が 華麗にその場を治めていたので

宮廷に仕えてるとは言え、臣下達は こういった状況の対処に誰も慣れてはいないのだ。


輿こしの行列の先頭部分にいる者達が、あたふたとしていると

突然、朱色しゅいろの布をまとう 長い髪の男が何処どこからともなく姿を現す ――― 。



の二人を宮殿へお連れしなさい。 」


「 あ…晦冥カイメイ 様! よ…宜しいのでしょうか!?」


「 構わない ――― 此処ここでは無く 宮殿あちらで 私が処理しよう。 」



目立つ色を着て、長身で リエン国の男性の髪型には余り見ない、少しうねりのある長髪 ――― と、特徴的で印象に残り易そうな華やかな男にもかかわらず、

ほとんどの人間が今日一日の中で男の姿に見覚えが無く

誰も口にはしなかったが、大勢の人々が 一瞬、晦冥カイメイに違和感を覚えている。

男の姿を目にした途端、睡蓮スイレンの中で戦慄が走る ――― 。



「 赤をまとう男……あやつか。 」老眼のせいでもあるのだが、秋陽しゅうようは現れた晦冥カイメイを凝視した。


東雲シノノメ桔梗ききょうは、日葵ひまり達から 何となくしか晦冥カイメイの話を知らされていなかったが

隣にいる睡蓮スイレンが震えている事に気づいた東雲シノノメは、ただならぬ雰囲気に思わず眉をひそめる。



睡蓮スイレン? ――― 大丈夫…!? 」



睡蓮スイレンは、恐怖で晦冥カイメイの姿から目が離せず、東雲シノノメの問いに答える余裕さえ無かった

――― と、言うよりも 真横に居る東雲シノノメの声さえ 彼女の耳には届いていなかった。

恐怖と緊張で、睡蓮スイレンは口の中がかわいて行く…――― 。




「 ようやく、話のわかる奴が来たようだね? ――― さあ、あんた達 このやりをどけな! 」


「 そのままの状態でお連れしなさい。 ――― 少年のほうは…… 一応、丁重にね。 」


「 承知しました!! 」


晦冥カイメイの指示を受け、数名の武官達が 不満そうに何かをわめいている橙色だいだいいろ の髪の女と少年を連行して行った ――― 。





花蓮カレン様、再開しても宜しいでしょうか? 」――― 晦冥カイメイの問いかけに花蓮カレン女王は静かに二回頷く。



「 さあ、花蓮カレン様を前へ!! 皆の者、頭を下げよ!!」



晦冥カイメイの掛け声と共に、の場の全ての者が 態勢を整え、徐々じょじょに何事も無かったかの様に音楽や行進を再開した。

リエンのたみ達は平穏が戻った事に安堵あんどし、少しずつ笑顔を取り戻し始める。


晦冥カイメイは 微笑んだ様な表情で花蓮カレン女王を見つめながら

少しずつ、後退あとずさりする様に輿こしの下から離れて行き、前へと進んで行く行列を見守った。



――― そして、ゆ っ く り と 睡 蓮スイ レン の ほ う へ ふ り 返 っ た ―――。





「 !! 」



――― 晦冥カイメイと目が合った瞬間、睡蓮スイレンは自分の身体からだに重苦しい痛みと違和感を覚えた。


思わず、自分の胸の辺りに視線を向けると、そこには 禍禍まがまがしい黒煙こくえんはなっている 黒い矢が突き刺さっていた。



 

 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー