「 蓮の台 - 閑話 」(五)



「 先生、睡蓮スイレンに これ飲ませても平気だよね? 桃の味やつなんだけど。」


いぞ、かねは後でな。 」


「 いやだな~、これくらい差し上げますよ? いつもお世話になっていますから。 」と、桔梗ききょうと入れ替わるように 東雲シノノメが買って来た飲み物を秋陽しゅうよう睡蓮スイレンに手渡すと秋陽しゅうようは 貰ったお茶を ごきげんで 飲んでいる。( ※無料タダなので。 )



「 はい、どうぞ!睡蓮スイレン ――― とりあえず、果実の物を選んで来たよ。」


「 ありがとうございます…! 」


” 果実 ” は解るが、" 桃 " と言うのは睡蓮スイレンの記憶には無いようで

睡蓮スイレンは緊張した様子で渡された飲み物を口に運ぶ ――― 。


「 どうかな? 」


「 おいしい…と思います。……飲んだ事あるかもしれません? 」


「 お、いいね~!何か思い出すかもしれないね?

  じゃあ、こっちも行ってみよう。 俺のだけど、まだ飲んでないから一口どうぞ。」


「 これ!東雲シノノメわしは飲ませて良いとは言ったが たわむれろとは言うとらんぞ! 」



「 すみません、先生。

  出かける前に睡蓮スイレンが " 自分が好きな飲み物が わからない " と 言ってたので

  いろいろ 飲み比べてみるのはどうかなと思いまして。 」


「 うむ……そういう事なら……それは良い考えかもしれんのう。

  心では忘れてしまっても、体では覚えてる場合があるそうじゃからのう。

  確かに、睡蓮スイレンは味覚も曖昧あいまいになってるような気がするのう。

  わしが作ったスープも " 不思議な味 " とか言っておったし…… 」


「 いや、先生が作るのは薬みたいで 大半が不味まずいですよ……? 」



――― 突き刺さるような東雲シノノメの言葉は聞かなかった事にして、

秋陽しゅうようは手元にあった紙に睡蓮スイレンの味覚について書きこんだ。

睡蓮スイレンの症状の経過や、覚えていない事などを 記録する事にしたのだ。




睡蓮スイレン? これ本当に飲んでないから 別に汚くは無いよ? 」


「 はい…それは わかっているのですけど…… 」



飲みたくないとか、るいは東雲シノノメが嫌とかでは無く

なんとなく、睡蓮スイレンは人の分まで飲んでしまう事に抵抗を感じていた。

自分はの様な行為をしてはいけない・・・・そんな考えが彼女の頭の中に渦巻いていた。


しかし、東雲シノノメの厚意を無下にしたくも無いので

睡蓮スイレンは 思いきって、手渡された飲み物を 少しだけ口にする ――― 。




「 うっ……! 酸っぱい……!! 」


しかめっ面の睡蓮スイレンの顔を見て、東雲シノノメは " してやったり "と言わんばかりに笑みを浮かべ「 良い顔するね!睡蓮スイレン 」と、表情に乏しい睡蓮スイレンの感情表現を見て微笑む。

白夜ハクヤ同様、東雲シノノメ睡蓮スイレンの事が妹の様に思え、彼なりに楽しんでもいるのだ。



「 ねえねえ、シノちゃん! 今、三人で話してたんだけど

  あんた、ハチス 様の葬儀の時に花蓮カレン姫にはお会いしなかったのかい? 」


その日葵ひまりの質問に、その場にいた全員が 興味津々で東雲シノノメの回答に耳を研ぎ澄ませた。


「 うん、会ったよ? ――― 布越ぬのご しにだけど。 」


「 お顔は見てないのかい? 」


「 うん、今日になるまで人前に出られないからって理由で

  謁見えっけんする時は、花蓮カレン様の周りを厚い布が囲んでたんだ。

  影は 少し透けてたけど、顔まではわかんなかったなぁ……


  本当は墓守俺達と会う予定は無かったんだけど、

  ハチス様の葬儀の件で、どうしても 直接 お礼が言いたかったんだって。 」


「 へぇ~ すごいじゃないか!! シノちゃん! 」


「 ふむ……その話を聞く限りでは、ハチス 様の印象と重なるのう。 」


「 あ、はい。 俺もその時は そう思ったんですけど…―――――― 」



東雲シノノメの話の途中で、花蓮カレン姫がリエン国の新しい国王になったと告げる宮殿の鐘や鈴の高く長い音が大きく鳴り響いた。


朝や夕刻に鳴らされる時鐘の響きとは違い、水面に波紋が広がって行くように

澄んだ音が、新しい王の誕生を喜んでいるかのように いつまでも鳴り響く ――― 。



「 式が終わったみたいだね!? いよいよ花蓮カレン様がやって来るよー!!!♪」



「 あ!待って、日葵ひまり!!あの階段だよ? すぐには いらっしゃらないよ!? 」


――― 天幕を飛び出して行った日葵ひまり春光しゅんこうが追うと、

桔梗ききょうは手鏡を見て簡単に身支度し、 隅に置いていた日傘を 再び手にした。

秋陽しゅうよう睡蓮スイレンに関する記録の書きこみを中断し、念の為に薬品などの確認を始める。

東雲シノノメ睡蓮スイレンは、二人して鐘の音の中に浸り続けていた。


ふと、東雲シノノメは " あの階段じゃ、御輿おこしかつぐ人は大変だろうな " と、輿が階段から下りてくる様子を想像して 思わず吹き出した。

――― 如何どう考えても、かなりの重労働である。



「 あの、東雲シノノメさん…… 」


「 ん? 何? 」東雲シノノメは、自身の想像に笑いを堪えながら睡蓮スイレンのほうを見た ――― 。


「 先程、何を言いかけていらっしゃったのですか?」


「 ああ! そうだね 、そうだった! ――― いやハチス 様の葬儀の時は わざわざお礼を言われた花蓮カレン様が

昨日のハチス 様の法要では 全く 姿をお見せになられなかったから、なんていうか……ちょっと違和感を感じたんだよね。」


「 今日のお式の準備でお忙しかったのでしょうか? 白夜ハクヤさんもそうですし。 」


「 まあ たぶん、そんなところだろうね? 」



睡蓮スイレン東雲シノノメが、なかなか 天幕から出ようとしないので秋陽しゅうようが ゆっくりとした歩みで二人に近づき「 ほれ、ここにはわしが残るから、お前達も花蓮カレン様を出迎えに行って良いぞ? 」と、花蓮カレン女王を出迎える様に促し始める。


「 わしゃ、先が短いが お前達は これからも長い間 花蓮カレン様と共に生きるのだから、きちんと御挨拶しておきなさい。 」


「 先生、さっきの俺の話 忘れましたか? ご挨拶はもう……――― 」


「 口答えはせんで良い!!

  お主は睡蓮スイレンに付き添っていれば それで良いんじゃよ。 」


「 でも、睡蓮スイレン 行ける……? 」


「 ………。」


東雲シノノメ睡蓮スイレンの体調の事を心配しているのだが、睡蓮スイレン晦冥カイメイに遭遇したくなくて迷っていた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人