「 蓮の台」(四)

 

「 ――― はて? ハチス 様の側近には、のような名の者はいなかったような気がするが……? 」

 

" 晦冥カイメイ " に 対する 秋陽しゅうようの素朴な疑問に春光しゅんこうも同意した。

――― 武官ぶかんの男は、詳しい事は何も知らないらしい。



「 詳しい事は自分もわからんのですけど、色々と代替わりがあったようですよ?

  自分も、つい最近まで晦冥カイメイ 様のような いろんな意味で目立つ方が

  宮廷にいらっしゃったなんて、知りもしませんでした。 」



「 その人は 何故、睡蓮スイレンさんを見ていたのだろうね? 」と、全員が疑問に思っていた事を、誰よりも早く 春光しゅんこうが口にした。


「 さあ…? 自分には見当もつきませんが、あの方が興味を持たれる位だからお嬢さんには官人の素質がある……とか? 」


武官の男の の言葉に日葵ひまりは呆れたように溜息を吐くと  

「 馬鹿だねぇ、あんた。そこは " 睡蓮スイレンが可愛いから " だろう!? ――― その " 何とか様 " は 男なんだろ? だったら、答えはひとつだろっ!」と得意げに言い放った。

――― 日葵ひまりは、何でも 食べ物と恋の話にり替えてしまう癖がある。



「 あっ!そっか…そうですね!! 確かに、その可能性が 一番 高いかも!?

  自分も、こんな可愛らしいかたは初めて目にしました! ―――


 


 ・・・・・・あ、奥さんも素敵ですよ? 」



「 ちょっと!? なんか、取ってつけたような言い方だね!?

  あんた差別主義者なのかい!? 太ってるからって、なめんじゃないよ!? 」


「 どういう事なんだ? 君は僕の妻を侮辱する気なのか!? 」


「 いやいや、自分はそんなつもりは……!――― も…申し訳ありませんっ!!」


つい、一秒前まで温厚そうだった春光しゅんこうの物凄いいかりを見て、武官の男は思わず土下座する勢いで謝った。






――― 日葵ひまりと武官の男が自分の事をめてくれたのは嬉しかったが、

睡蓮スイレン晦冥カイメイと云う男が、睡蓮自分に関心があったとは如何どうしても思えなかった。



( あの 突き刺さるような視線 ――― 。

  あんな瞳をするかたなんて、目覚めてから他に見た事が無いわ……


  女王様の側近…?

  どうして、そのようなかたが あんな風に 私の事を見ていたの…―――!? )



――― と、其処そこ東雲シノノメ桔梗ききょうが飲み物を持って帰って来た。



「 ただいま~ 遅くなってごめん! もう、すごい人でさ……

  ……あれ? 皆 どうしたの? 睡蓮スイレンに何か……あ、お客さんか。」


東雲シノノメは決して、武官の男の事を殺してしまおうなどと 考えた訳では無いが、

職業柄、" この大きさの男をひつぎに入れるのは大変そうだな " と武官の男を見て 率直に思っていた。

桔梗ききょうのほうは 結局、日傘を手放さなかったので 一瓶ひとつ(自分の分)しか手に持っていない。




「 なんと、美しい……!! 」



武官の男は桔梗ききょうを見るなり ――― 突然 椅子から立ち上がり、口を開けたまま彼女の花の様な美貌に見惚みとれた。

桔梗ききょうを前にした男がの様な状態におちいる事は珍しい事では無く、日常茶飯事だ。



「 初めまして! ――― 自分の名は光昭こうしょう と 言います!! 」


光昭こうしょうが 大きな身体でズカズカと桔梗ききょうの前まで歩いて来て、

聞いてもいない名前を大声で名乗ったので、東雲シノノメが さり気無く ――― 桔梗ききょうの前に出て、得意のニコニコとした笑顔で光昭こうしょうに挨拶した。


「 はじめまして ――― 光昭こうしょう、俺は東雲シノノメです。 」


「 お…おう!?よろしく頼む! ――― それで、そちらの女性のお名前は…!? 」




「 ……桔梗ききょうと申します。」


「 おお ――― !お名前も なんとお美しい…! 」



桔梗ききょうは 嫌々 答えたのだが、舞い上がっている光昭こうしょうが 彼女のの様子に 気づく事は無く、すぐさま 質問攻めを開始した。

桔梗ききょうが 質問に真面まともに答える訳も無く、合間合間で光昭こうしょうを止めようと 東雲シノノメ日葵ひまりも割って入ったが ――― 光昭こうしょうの勢いはとどまる事を知らなかった。




「 よ~し!解散じゃ!!

  睡蓮スイレンは まだ本調子じゃ無いんじゃ、早くわしに容体を確認させるんじゃ!

  光昭こうしょうとやら、世話になったな ――― お主も仕事に戻って良いぞ? 」



見兼ねた秋陽しゅうようが、有無を言わせず光昭こうしょうを天幕の外に押し出した。

勤務中だった事をようやく思い出し、光昭こうしょうは渋々と名残惜しそうに持ち場に戻って行った ――― 。





「 あの…秋陽しゅうよう様、ありがとうございます。 」


「 ん?何の事かの 桔梗ききょう? ――― さて、睡蓮スイレン! お主は 今度は何があったんじゃ? 」



何も無かった様な秋陽しゅうようの態度に 日葵ひまり春光しゅんこうは顔を見合わせて微笑み、

東雲シノノメ桔梗ききょうも嬉しそうな笑みを浮かべた。

―――睡蓮スイレンも、感動で瞳を輝かせている。



「 お見事ですね、先生……! 」


睡蓮スイレン、お主まで、そのような事を……! ―――…まあな、あんな ひよっ子 朝飯前じゃよ。 」



秋陽しゅうよう が 得意気な笑顔を見せたので睡蓮スイレンも微笑んだ。

睡蓮スイレンは、一瞬 " 今と似たような状況 " が以前にもあったような気がした。

秋陽しゅうようと重なったのは誰なのか・・・・―――。







「 そうじゃ、桔梗ききょう。後で お主に相談したい事があるんじゃが良いかのう? 」


「 は…はい、では、後ほど……? 」



桔梗ききょうは不思議そうな顔で秋陽しゅうように頭を下げて、日葵ひまり春光しゅんこうがいるほうへ駆け寄って行った ――― 。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人