「 蓮の台」(三)







(  ――― まだ見てる………!  )




の男は顔を隠す様に、胸の所まである朱色しゅいろの布を頭から被るように羽織っていた。


男の前を大勢の人間が行き来しているので、顔や表情はハッキリとは見えないが

女性にも見間違えそうな程に 長く、少し巻きが入った美しい髪を布の中から覗かせていた。




( どうしてだろう……? あのかたは なんだか……



    ―――――― " あまり 良くない 存在・・・・ ・・ " のような気がする…… )




睡蓮スイレンは、の男に 底知れぬ恐怖を感じて 足がすくんだ。

緊張のあまり最早もはや、自身の鼓動の音以外は何も聞こえてはいない。




「 …睡蓮スイレンさん、どうかしたの? 」――― 睡蓮スイレンの様子に 逸早いちはやく 気づいたのは桔梗ききょうだった。


桔梗ききょうは睡蓮の視線の先を見てみたが、特におかしな物は見当たらないので

不審に思いながらも、再び、睡蓮スイレンのほうに顔を向ける。



「 あなた 真っ青よ…!? 大丈夫なの? 」


「 あ…あの、あのかたがこちらを―――……!? 」


ほんの一瞬、睡蓮スイレン桔梗ききょうのほうに顔を向けた間に

長髪の赤布の男は 何時いつの間にか姿を消しており、ただの人混みになっていた。



(  いない……!? どこへ………  )




「 わわわ!!! 睡蓮スイレン、すごい顔じゃないか!!あんたはここに座ってな! 」と、慌てながら日葵ひまりは睡蓮の腕を引っ張り、天幕の中に置いていた簡易的な椅子に彼女を座らせる。

東雲シノノメも心配して、睡蓮スイレンの様子を見つめた。



「 俺、飲み物でも買って来ようか? 皆 何が良い?

  あー…でも、六人分は 一人じゃ持てないから桔梗ききょうも手伝ってよ?」


「 良いけど……傘があるから、私  片手しか使えないわよ? 」


「 ……うん。まあ とりあえず、それで行ってみようか? 」




――― 東雲シノノメ桔梗ききょうが天幕の外へ出て行ってからしばらくして、

秋陽しゅうよう春光しゅんこうが戻って来たので、日葵ひまりは二人に睡蓮スイレンを任せて

近くに居た武官ぶかんの中で、一番 目立って見えた 大柄の男を引っ張って戻って来た。


巨漢きょかん 過ぎて、正直、天幕の中で邪魔になったが

睡蓮スイレンから聞いた不審者の特徴を、本人の口から報告させるために彼女の近くに座らせた。



白夜ハクヤ以上に体格の良過ぎる の大男に

睡蓮スイレンは驚きおびえながらも、少しずつ長髪の男の特徴を話し始めた ――― 。





「 ――― 赤……ですか? 」


「 はい…… 」




「 赤なんて王族が着る色みたいなもんで、今日みたいな日は 一般人はあまり着ない色なんだから

  その辺に居たら目立つだろ!? はやく 捕まえてよ!! 」


―――責め立てるような日葵ひまりの言葉に秋陽しゅうよう春光しゅんこう相槌あいづちを打つ。


「 確かに、男が好む衣類の色では無いな。わしからすれば血の色じゃぞ? 着んわ! 」


「 そうですね、リエンで その色を着ている男性はあまり見ないかな。 」


赤色の衣装に対する三人の言い分に、武官の男も同意するようにうなづいたが

男は 心の中で確信した事を睡蓮スイレンに尋ねてみる事にした。



「 その男は、もしや うねりのある髪で 細身で長身だったのでは……? 」


「 は…はい!そうです。――― 何と言うか…こう、少し ふわふわっとした髪で……」


「 やはり、そうか ――― 」と、武官の男が 一人で納得したようにうなづくのを見て、日葵ひまりたまらず会話に割り込んだ。


「 もしかして、あんた そいつの事 知ってんの!?

  なんで、必死になって探さないんだよ!!もうすぐ、花蓮カレン様も ここを通るんだろ!? 」


「 いやいや、奥さん 落ち着いてください!そのかたなら問題ありませんよ。 」


「 はあ~!? どういう事だい? 」


日葵ひまり、落ち着いて? 」―――日葵ひまりが武官に殴り掛かりそうな勢いだったので春光しゅんこうが止めに入った。

彼女は情に厚い女性なので、彼が彼女を止めなければ喧嘩になっていたかもしれない ――― 。




「 お嬢さん、あなたが見かけたのは、おそらく 晦冥カイメイ様です。」


晦冥カイメイ……? ――― あなたは あのかたをご存じなのですか!? 」


「 はい、晦冥カイメイ様 は 花蓮カレン様の側近そっきんで、本日の我々の指揮官でもあります。

  今日は赤い布を羽織っておられたので間違い無いと思います。

  あなたがたの言う通り、リエンでは滅多に目にしない色なんで……」



「  ええっ!? 花蓮カレン様の側近 だって!? 」


不審者だとばかり思っていた の男が花蓮カレン姫の側近だと聞き、

日葵ひまりを始め、の場にいた全員が驚きを隠せなかった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!