「 蓮の台 」(二)

 

―――― 花蓮カレン姫の即位式そくいしき ――――



本日のリエン国は、ハチス 王の葬儀式ぶりにざわめき立っている。

中でも、王都は 人がごった返しており、昨日、 睡蓮スイレン日葵ひまりが掃除した花茎通りには

沢山の人間が集まっており、客入りを見越して出店なども並んでいた。



うろついてる ほとんどの人間が花蓮カレン姫を乗せた輿こしが通るのを今か今かと待ちびており、

相変わらず 様々な意見はあるものの、ほとんどの者達が 新しい王の姿 ――――

名君・ハチス 王 の 愛娘まなむすめ の 顔を一目 見てみたいと思っていた。




の人だかりの中で花蓮カレン姫の即位式を無事に終わらせるため

白夜ハクヤ武官ぶかんを始めとする臣下達が総出で 護衛と警護に当たる事になっており、

秋陽しゅうよう達の天幕の周辺にも何名かの武官の姿がった。



平和なリエン国とえども、たった一人だけの王位継承者が

命を狙ってくれと言わんばかりの輿こしに乗って、王都の中心部を通過するなど

中止の声は 当然、上がっていたが、顔見世をおこなっていない花蓮カレン姫が

民衆の前に出ないまま即位すると言う事も、仕来たりを重んじるがゆえに難しいものがあった。



結局、即位式さえ終えれば、しばらくの間は女王が民の前に姿を晒す機会は無いので

の一回だけ乗り切れれば良いだろうと言う意見にまとまり、今日を迎えている。

ため、宮廷につかえている者達は 全員が神経をとがらせていた。




――― そんな中、睡蓮スイレンは 初めて見る(?)人の多さに圧倒されていた。



「 すごい 人ですね……! 昨日の大通りの雰囲気とは全然違います! 」


ハクちゃんは、この辺にはいないみたいだねぇ? 」


「 おや?東雲シノノメくんが来たようだよ。」と、東雲シノノメの姿を 逸早いちはやく見つけた男の名は『 春光 しゅんこう 』。


日葵ひまりの夫で、日葵ひまりとは大恋愛の末に一緒になり、今では " 愛妻家 " と呼ばれる事が板についている

物腰柔らかく、線の細い 何処どこから如何どう見ても美青年と呼ぶに相応ふさわしい男だ。

今日は、即位式で 鍵師かぎしの仕事が休みなので、秋陽しゅうようの手伝いに来ている。




日葵ひまり春光 しゅんこう さん、お待たせしました。 ――― 睡蓮スイレンも! また会えたね。 」


「 はい…!おはようございます、東雲シノノメさん。」


「 うん、おはよう! ――― あれ?先生は……? 」


「 包帯と傷薬を忘れたそうで 取りに帰られました。」


「 ……なんで、そんな 一番 必要そうな物を忘れたんだろうね? 」

――― さすが先生、うっかり度が違うな・・・と、真顔で思いながら、東雲シノノメはそのまま 睡蓮スイレン達の輪の中に加わった。



「 それにしても、秋陽しゅうよう先生 遅いね? ――― 日葵ひまり、僕が様子を見てくるよ。」


「 うん、お願い! 」


春光 しゅんこう は、爽やかに笑うと診療所へと向かって軽やかに走って行った ―――。

日葵ひまりも、そんな彼の姿を 恋する少女のような眼差まなざしで見送る ――― ・・・・この二人は毎度こんな感じなのだ。

入れ替わるように、日傘を差した桔梗ききょうが天幕に訪れる。



(  あ…!桔梗ききょうさん  ) ――― 桔梗ききょうとの再会に睡蓮スイレンは心が弾んだ。


今日も彼女は美しく、その立ち姿に憧れずにはいられない。

東雲シノノメも、安心した様に微笑みながら桔梗ききょうそばに駆け寄った。


「 おはよう、桔梗ききょう ――― ちゃんと 来たんだね。 」


「 ――― 約束を破るのは嫌いなの。 」


「 君のその律儀りちぎな所が、俺も白夜ハクヤも 昔から好きだよ。 」



にこやかに笑う東雲シノノメに、桔梗ききょうは照れくさそうにしながら

少し考えたかのような間を置き、睡蓮スイレンにも挨拶した。



「 ……おはよう。」


「 あ…はい! おはようございます、桔梗ききょうさん 」


――― それ以上、二人の会話が続く事は無かったが 睡蓮スイレンは満足していた。





きぃちゃん……、あんた こんな人が うようよしてる場所に、そんな大きな傘なんて広げて…… 」


「 だって、焼けたくないもの。」


「 そういや、あんた達のお母さん達は来てるの? 挨拶に行かなきゃね。 」


「 ウチは二人とも向こうのほうにいるわ。

  わざわざ 行かなくても、会ったらで良いわよ。 」


「 俺の所は仕事が終わったら来るかも? ――― 今日も一件、葬儀が入ってるんだ。」




日葵ひまり達の何気ない日常の会話を見聞きしながら、睡蓮スイレンは自分の家族の事を考えていた。



( 当たり前なのだろうけど、皆さん ご家族がいらっしゃるのね……。

私の家族はどうしているのだろう…? 私の事を探しているのかしら……? )



考えながら、睡蓮スイレンは なんとなく、自分の家族を探す様な気持ちで周囲を見渡した。

見渡す限り 人の海だったが、見覚えのある人物は見当たらない。





―――――― と、そう思った矢先に 一人の男が自分を見ている事に気づく。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人