「 蓮の台《 はちすのうてな 》」(一)

 

――――― 即位式の前日 ―――――

 

 

 

少女は宮殿の玉座の間に ひとりたたずんでいた。




名は " 花蓮カレン " ・・・・・



明日、正式にリエン国の新国王となる花蓮カレン姫だ。

 

 

 

 

 






いよいよ、明日には目の前の王の椅子に

自分が座るのかと思うと緊張せずにはいられない。

 

 

  

 











明日からの自分を想像すると、思わず 笑みがこぼれた ――― 。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!