■第一章 『 一蓮托生 』

「 睡る花のような少女 」(一)

 




―――――― ハチス王の葬儀から明けて早朝。



リエン国に暮らす青年・白夜ハクヤは、愛馬の紅炎コウエンと共に日課である朝の鍛練たんれんに出かけた。



よわい二十五歳のこの青年は、父親の医者家業を継ぐかと思われていたが

半年前におこなわれた国の剣術大会に ふらっと参加したにもかかわらず、

勝ち残ってしまってから たまにでは無く、毎日 剣の腕をみがいている。

腕を磨く理由のひとつは、ハチス王から いずれは宮廷入りするように誘いを掛けられていたからでもあった。



ハチス王は、白夜ハクヤの腕前はもちろん、武術をたしなむ者としてその恵まれた体格と

華やかさのある容姿の割に、生真面目さを持つ性格である所が非常に気に入っていた。

白夜ハクヤ自身は、何が理由でハチス王が自分を気に入っていたのかは知らなかったが、

王が目を掛けてくれた事は彼の誇りでもあった。



ハチス王が亡くなった今でも、王宮が自分を必要とするかはわからないが

例え、王宮に呼ばれなくても自分自身を高めるために、 白夜ハクヤは、この鍛練を続けるつもりでいる。


今朝は ハチス王へのとむらいの気持ちも重なり、つるぎを持つ手に一層 力がこもった。




白夜ハクヤが早朝に鍛練に励むのは、努力する姿を人に見せたくない性格からでもあるが朝日が昇る瞬間の海を眺めるのが好きだからでもあった。



もともと海が好きなのだが、が昇り始める空と海面の色の組み合わせが

なんだか、神聖な景色に見えて 気に入っていた。

夕日が沈む瞬間も美しいが、陽が昇って行くほうが希望を感じて好きなのだ。



いつものように、上機嫌で 砂浜を歩いていた白夜ハクヤだったが

この日の朝は、太陽でも海でも無く、全く 別のものに 目を奪われてしまった ――― 。



波打ち際に人が倒れていたのだ。



彼は、この海には 何年も足を運んでいるが人が倒れているのを見つけたのは初めての事だった。

 


ぐに駆け寄り、声をかけて倒れていた人物の身体をおおっている黒い布をめくってみると、

倒れていたのは十代と思われる若い女性 ――― 髪の長い、華奢きゃしゃな体をした小柄の女の子だった。



布は海水で濡れてしまっているので、もし、まだ 生きているのなら

これ以上 体を冷やさないために取ってしまったほうが良いのかもしれないが

少女はその布以外は何も身に着けておらず、それに気づいた白夜ハクヤ

咄嗟とっさに 黒い布を また彼女の身体からだかぶせた。



少しだけ見てしまった その体には、傷のような物は見当たらなかったが

全身が蒼白くなっており、打撲だぼくしたあとのようなものが 所々ところどころに見えた。



一応、少女の脈を確認してみた所 、彼女がまだ生きていたので

てっきり、水死体だろうと思って悠長ゆうちょうにしていた白夜ハクヤ

慌てて少女を抱きかかえて波打ち際から移動し、少女を仰向あおむけに寝かせると

思いきって、少女を覆う黒布をぎ取った ―――――― 。



少女のなまめかしい身体からだあらわになったが、一秒の遅れでも命取りになる中、

その身体を女性の身体として眺める気持ちなど白夜ハクヤには無かった。



溺れたのか、あの場で倒れたのかわからなかったが 少女は呼吸をしておらず

白夜ハクヤは父親から教わっていた心肺蘇生法しんぱいそせいほうこころみる事にする。



蘇生そせいをおこなう相手の胸部きょうぶを手を使って圧迫させるのだが、

あまり力を込め過ぎると少女の華奢で柔らかな体を壊してしまいそうで

滅多に恐怖心を感じない白夜ハクヤでも、それには少しだけおののき、力 加減に気を遣う。





やがて、白夜ハクヤは少女に口づけをした――― 。



少女の呼吸を回復させるためなのだが、上下する少女のつややかな身体が

まるでちぎりをわしているかのようなあやしさで

惹き込まれて行くかのように、何度も何度も白夜ハクヤは少女に唇を重ねた。

 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー