「 蓮の国の姫君 」( 二 )


花蓮カレンの父であるハチス 国王の死は突然だった。



余りにも突然で、王宮に仕える人間だけでなく国中が少なからず動揺していた。

じかせっする機会の無かった国民の中にまで泣き崩れる者もいた。

それだけ、ハチス王は 多くの民達から愛されていたのだ。



ハチス王の盛大な葬儀が終わったその夜、

花蓮カレン姫は自室の寝台の上に座りこみ 静かに泣いていた。



父親だけじゃなく、母親もすでに にはいない。


まだ幼さが残る少女には、その孤独と 父を継いで一国のあるじになるという

二つの運命の重圧を受け止める事などできなかった。




――― 本来、リエン国では 王の息子・娘は 十六歳になるまでは、あまり人前に出る事が無く過ごす。



れは、リエン国 王家の独特の仕来しきたりで

子供達は十六歳を迎えて、はじめて 国民や他国の王族などにお披露目される。



十六歳を迎えるまでの間は、自身の親である王と王妃と

身の回りの世話をする臣下しんか達と顔を合わせる程度で、基本的に王宮の中に引き籠ったように過ごしている。



兄弟姉妹がいる場合は、母親が同じであれば幼少の時から交流する事もあるが

そうじゃない場合は、十六歳になるまでは ほとんど顔を合わせる事はない。



れは、まだ幼いうちから跡目争あとめあらそいや 敵国などによって

大事な次期国王候補者達が暗殺されたりしないための対策でもあった。




ハチス王は側室そくしつを持たなかったので、此度こたびは母親達とその子供達によるみにくい 後継者争いは避けられそうだが

花蓮カレン姫は、まだ十五歳になったばかりだった。



ハチスの一人娘なので、次の国王には花蓮カレン姫しかいないのだが

十六歳になる際の顔見世・・・簡単に言えば ” 御披露目の儀式 ”をおこなっていない者が

王位を継承した事例はこれまでに無かった。



そのため花蓮カレン姫は まだ 王位を継ぐのに相応ふさわしくないと云う意見も少なからずあった。

事実、花蓮カレン姫には 国王に必要な知識や作法など 全て 欠けている状態である。



しかし、一年近くも 国王不在にする事もできない。

そんな事をすれば、ぐにどこかの国が攻め込んで来るだろう。



例え、十五の少女でも 誰もいないよりかは 幾分いくぶんかマシなのだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人