第23話『きっかけの話』

 玲二さんと親父からもらった勇気を無駄にしないためにも、千堂さんと普通に接して行こう。相手がどうでも、関係ない。


 そう決意して、眠りについた翌日の朝。


 俺は、どうしてもその日のことが忘れられない。

 朝食を摂る為、そしてコミュニケーションを取る為に、鈴本家はみんなで食卓を囲んでいる。


 家族といえど、話し合うことをサボらない、というのが玲二さんと美香さんの教育方針であり、特別な事情がない限り、みんなでご飯を食べるのが常。


 そんな食卓は、いつも姉妹が中心となって華やかだ。


 秋菜が喋り、姉さんがそれに続き、玲二さんと美香さんが微笑んで頷く。俺は秋菜に話を振られたときだけしか口を開かないが、こういう団欒はとても楽しい。


 今日も、そうなるはずだったのに。


 なぜか、姉妹が口を開かないのである。


『夏樹くん、心当たりは』


 と、俺と玲二さんは、秘密のサインを使ってさりげなくやりとりをする。


 我が家ではどうしても女性の地位が強いので、男はいろいろと気を使う場面が多く、そういう時にこのサインが非常に役立つ。


 役立つんだけど、玲二さん……スパイ映画の見すぎですよ。


『ないです』


『そっかぁ。とっておきのスイーツでも食べちゃった?それとも、秋菜ちゃんお気に入りの服を汚したとか』


『俺が姉妹を怒らせるようなこと、すると思います?』


『……僕かなぁ』


 玲二さん、もうちょっと自分に自信持ってくださいよ……。

 気弱な表情で腹を擦る玲二さんは、ストレスにとても弱いのである。

 新人の頃は「お腹痛い、会社休む」と泣きながら言い、美香さんがなんとか励まして送り出していたのは、夫婦だけの秘密らしい。美香さんは笑いながら俺に教えてくれたけど。


『と、とにかく。こういうのは、触らぬ娘に叩かれない。だよ、夏樹くん。不機嫌の原因がわからないんだったら、触れないに限るよ』


『了解です』


 こっそり頷いて、俺は美香さんが作ってくれた味噌汁を啜った。パクチーが入っていて、結構びっくりしたが、案外美味しい。


「夏樹くん、どう?お味噌汁、美味しい?」


 と、美香さんが微笑みながら小首を傾げる。


「えぇ、美味しいです。でも、味噌汁にパクチーって、またなんで」

「前にタイカレー作ったときのあまり。傷みそうだったから使っちゃわないとね」


 なるほど。冷蔵庫にある傷みそうな食材がメインでレシピ考えてるのか。

 ちなみに、このときの会話が、一人暮らし時代にとても役立ったのだが、それはまた別の話。


「……ごちそうさま」


 秋菜が箸を置いて、立ち上がろうとする。

 ご飯は半分くらい残っていて、明らかに食欲が無さそうだった。


「あら。秋菜ちゃん、もういいの?」


 美香さんの言葉に、秋菜は力なく頷いた。


「食欲ない」

「秋菜ちゃん、具合でも悪いの?学校、お休みする?」

「大丈夫」

「そうは見えないけど……ねえ、ほんとに無理しなくてもいいのよ?」

「大丈夫だってば!ほっといてよ!」


 苛立った表情の秋菜は、そう怒鳴って、テーブルに腕を叩きつけた。

 俺も、そんな秋菜の態度に腹が立ってしまい、ゆっくり箸を置いて、秋菜を睨んだ。


「おい、秋菜。美香さんに当たるなよ。機嫌が悪くなる時は誰にでもあるけど、その原因じゃない人に当たったって、なんにもならないだろ」

「……うるさいッ! お兄ちゃんに――夏樹に言われたくない!」


 秋菜の、夏樹呼びに、俺は一瞬頭が真っ白になってしまった。

 家族だったから、お兄ちゃんと呼んでくれていたはずで、今までずっとそうだったのに。なんでここに来て、呼び方が夏樹になってしまったのか、さっぱりわからないからだ。


「……俺に言われたくないのは、別にいいさ」


 あぁ、元々血が繋がっていたわけじゃない。俺と秋菜は他人だ。でも、だからこそ、ちゃんと兄でいられるよう、気をつけてきたはずなのに。


「でもな、血の繋がった家族だろ。美香さんを悲しませるような事だけは、絶対するな」

「ナツくん。やめてあげて」


 なぜか、姉さんが秋菜をかばう。

 なんでだよ。俺じゃないはずだ。今悪いのは、秋菜のほうだろ。


「アキちゃんだって、わかってるの。でも、誰にだって、自分を嫌なやつに追い込みたくなるほど、機嫌が悪い時ってあるでしょ。私も、今、そうだから」

「だからって、何があったか知らないけど、それをこの場に持ち出すのがおかしいって――」


「夏樹」


 まるで水をぶっかけられたみたいに驚いた。姉さんのとても冷たい、しかし、奥にたぎるような感情が込められた、呼び捨てられた名前。


「ごめんなさい。私達、あなたとこれ以上、家族ではいられないって気持ちなの」

「春華。それは、どういう意味かな?」


 なにも言えずにいた俺に変わって、玲二さんが口を開いた。


「そこまで言われることを、夏樹くんがしたのかい? 違うよね。僕達は家族だ。お互いの間に何かトラブルがあるのなら、それはみんなで話し合って解決していくべきだ。ちゃんと話してくれないか?」


 思い当たることは、正直なかった。

 俺が姉さんと秋菜にそこまで言われるほど、ひどいことをした覚えはない。


「……ほら、みんなやめましょう? 喧嘩しながらご飯食べないで。夏樹ちゃん、ちょっと」


 そう言って、なぜか俺だけが呼び出され、美香さんと共に、廊下に出た。

 微笑む美香さんは、怒っているという雰囲気ではなく、どちらかと言えば申し訳なさそうだ。


「……どうしたんですか、美香さん」

「ありがとね、夏樹ちゃん。私の為に怒ってくれて」

「いや、別に、そんなんじゃ……」


 美香さんは俺の頬に両手を添えて、にっこりと微笑む。


「二人は別に、夏樹ちゃんのことが嫌いになったわけじゃないの」

「じゃあ、あの態度はなんなんですか。別に、嫌うなら嫌ってくれてもいいですけど」

「夏樹ちゃん」


 と、さっきの姉さんを思わせるような、美香さんの声に、思わず固まってしまう。


「それ、二度と言っちゃダメよ。私、泣いちゃうからね」

「……すいません」


 ふてくされて、ヤケ気味に言った言葉を注意されてしまい、俺は心底から申し訳ない気持ちになった。


「嫌いになったわけじゃない。むしろ、あの二人は夏樹ちゃんが大好きなの。でもね、だからこそ、ああなるってこともある」


 何を言われているのかが、さっぱりわからなかった。

 好きならどうしてああなる? 家族だと思っているのに、どうしてあんな態度を?


「夏樹ちゃんは、玲二さんに似たのね。ほんと、自分には鈍感なんだから」

「……はぁ」

「私からは何も言えない。でもね、信じてあげて。あの二人を」


 そう言われたけれど、俺は、正直どうしようか迷っていた。

 俺が姉妹を嫌いになるということはありえない。恩義ある家の娘だし、どんな扱いを受けようと、大事にしていくつもりがある。


 けれど、そばにいることを嫌がられたら、話は別だ。


 俺は二人から離れた方がいい。


 大学に入るまで、一人暮らしの資金を貯めてバイトするつもりだったけれど、これなら高校入学と同時の方がいいだろう。


 これが、一人暮らしを早めたきっかけであり、俺と姉妹の長い疎遠のきっかけだ。

 もう、二年も昔になる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます