第8話『好物の話』

 そんな、改めて考えるとちょっとこっ恥ずかしいやり取りを終え、学校を出る。

 向かうのは、雉蔵酒店がある商店街だ。あそこにはスーパーがあるし、他の店もいろいろある。


 ちょっと寄り道したい、なんて言っていたが、どうせ、寄る場所なんてあそこしかない。

 たいやき屋『ぴんぽんぱん』

 ここらでたい焼きを出す店はここしかない。正統派から変わり種のメニューまで、その種類は豊富だ。


 商店街の一画で、窓際に置かれたたい焼き機で、一心不乱にたい焼きを焼いているおじいさんがいて、ほんと、四六時中焼いているのだ。お客さんがいなくても。


 ……無駄になってないのかな、って、常に思うが。

 長年潰れてないんだから、多分大丈夫なんだろう。


「秋菜、食べるのはいいけど、晩ごはん食べられるのか?」

「大丈夫。晩ごはん、あっさりめにするから」


 晩ごはんより間食の方が大事なの?


 俺は、店主のおじいさんに「カスタードクリームとチーズクリームたい焼きください」と頼む。

 痩せこけた、白いタンクトップを着たおじいさんは、ゆっくりと頷いて、たい焼きを温め直してくれる。


「はいよ」


 紙に包まれた二つのたい焼きをもらい、三百円払い、秋菜の元に戻る。

 店の前に『食べてない人座るのお断り』とペンキで書かれているベンチがあって、そこに座って秋菜は待っていた。


「あ、お兄ちゃん、これ」


 と、店の横に置かれていた自販機から買ったのだろう、缶コーヒーを俺に放り投げて渡してくれる。

 交換で、俺もたい焼きを放り投げ、秋菜の隣に座った。


「飲み物代、いくらだ?」

「いいよ別に。たい焼き代おごってくれたお礼」


 ほぼトントンじゃないか?

 ……まあいいや。


「いっただっきまーす」

「いただきます」


 俺達は二人揃ってたい焼きの頭をかじる。

 じわりと甘みが広がってきて、美味しい。美味しい、んだけど、間違えた。


「お兄ちゃんっ! こっちチーズクリームじゃん!」

「悪い、間違えた」


 かじったたい焼きを交換して、改めてかじった。

 甘いのがそんなに得意じゃないから、チーズクリームにしたが、これ結構うまいな。


 がっつり目だけど、俺は結構食べる方だし、これくらいなら晩ごはんは全然入る。


「でも、結構チーズクリームも美味しいね。今度はチーズクリームにしようかな」

「そう言いながら、結局次もカスタードだろ?」

「お兄ちゃんが買ってきてくれたらいいんだよ、二つ」


 おごれってか。

 別にたい焼きくらいいいけど。


「はぁー……」


 秋菜は、一口レモンティーを飲んで、何か風呂にでも入ったようなため息を吐いた。


「ため息をつくと幸せ逃げるぞ」

「そんな薄い幸せならいらない」


 なんでそんなちょっとかっこいい事言うんだよ。笑いそうになっちゃうだろ。


「いや、そういえば、言わなきゃいけないこと、一個あったなって」


 尻を浮かせて、俺に向き直って、秋菜は俺に頭を下げた。

 一体なんだ、と驚いて、俺も秋菜に胸を向けた。


「今まで、お兄ちゃんのこと避けててごめんなさい」


 ……自覚あったのか。

 年齢的なもんだと思っていたが、そうじゃないのかな。


「いいって別に。どんだけ避けられて嫌われても、俺にはあんまり関係ないから」

「か、関係ないって?」


 予想外の反応だったのだろうか。

 秋菜は、目を丸くして、俺の目を覗き込んでいた。


「鈴本家の子供で、唯一の男だからな。嫌われようが避けられようが、俺は二人を守る義務があるんだよ」


 鈴本家にもらわれたその理由は、きっと姉さんと秋菜を守る為だ。

 家を出たのも、二人に俺がいらないと言われている様な気がしたから。それなら、俺は二人から離れるだけだ。


「頼もしいお兄ちゃんだね」

「あったりまえだろ。玲二さん、美香さんの恩義に応える為、秋菜と姉さんが好きな男を作るまで、俺が守らなくっちゃな」


 それが俺の、当面の生きる意味だ。


「好きな男、ね……」


 秋菜はそう呟くと、残っていたたい焼きを頬張り、何故か俺のたい焼きにまでかぶりついた。


「うおぉッ!? なんでだ!」

「ふんっ! お兄ちゃんのそういうとこだけは、本気で嫌い!」


 えぇ……。

 どういうところだ? ちょっとセリフくさすぎたか?


「嫌いでもいいって。ほら、ゴミ貸して。捨ててくるから」

「ありがと!」


 不機嫌そうなお礼を言いながら、飲みきった小さいペットボトルと紙ゴミを俺に渡す秋菜。

 ベンチから立って、ぴんぽんぱんの横にあるゴミ箱にゴミを放って、秋菜の元に戻る。


 うーん……。秋菜に恋愛話ってタブーなのかな?

 そういえば、松永は「鈴本姉妹は浮いた話がない」みたいなこと言ってたけど、本当なのかな?


 誰にも秘密の恋だとすると、非常にやばい相手との恋愛なんじゃないかって心配が。


「秋菜って、彼氏いないのか?」

「はぁ?」


 ロシアの吹雪みたいに冷たい視線が飛んできた。

 体感したことがないので、もっと冷たいのかもしれないが、俺が浴びてきた視線の中で一番冷たいのは間違いない。


「いやぁ、高校生だろ? そろそろ、彼氏だの好きな人だの、一人くらいいないのか?」


 秋菜が舌打ちをしたので、俺は「なんてデリケートなんだ。モテない男子高校生かよ」と思ってしまった。


「いーなーいっ! もうその話やめてよ。いろんな人から言われて、うんざりしてるの。お姉ちゃんもだと思うよ」


 ほお、そうなのか。

 でも確かに、俺から見ても、みんな鈴本姉妹の動向を気にしてるもんな。友達からも聞かれたりしているんだろう。


「わかったよ。でも、好きな男ができたら、ちゃんと俺に言うんだぞ?」


 どんな相手だろうと、できるだけ応援するし、協力するからさ。


「……大丈夫。まず最初に、お兄ちゃんに言うから」

「そか」


 俺もある程度信用されてるみたいで、ちょっと安心した。

 安心したら、腹が減ってきた。たい焼き程度で高校生の空腹は抑えられないからな。


「ところで、秋菜。今日の晩ごはんなに?」

「結構大事な話してたんだけど。……まあいいや、今日は何がいい?」

「さばの味噌煮とかがいいな」


 時間かかるなぁ、と、めんどくさそうに頭を掻く秋菜。

 え、作れるんだ、と感心した俺には気づいていない様子だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます