11 僕たちは、人類のためにこの翼をささげる

 

 人型迎撃戦闘機――


『ガンツァー』は、人類が『巨人』に対抗する唯一の対抗手段であり切り札。

 

 その迎撃方法は――いたって単純であり、簡単なもの。

 

『新横浜基地』に設置された『マスドライバー』から、地球の静止軌道上に『ガンツァー』を打ち上げ、『巨人』が大気圏に突入するまでの間に『ガンツァー』で『巨人』を破壊する。


 これが、『巨人』迎撃の『第一フェーズ』。


 その後、宇宙空間で破壊されて大気圏に突入した『巨人』の破片を、熱圏から成層圏の間で確固撃破する。


 これが、『第二フェーズ』。


『第二フェーズ』からは迎撃支援用の『ガンツァー』や、従来の人類兵器――航空戦闘機、艦隊、ミサイルなども投入し、『巨人』の欠片を全て撃破するための総力戦となる。爆破されて破片となった『巨人』は、『重珪素』の性質である時間と空間への干渉能力が弱まるため、これまでの人類兵器でも確固撃破の成功率が上がる。


 この『巨人』迎撃作戦――『ギガント・マキアー』において、一番重要なのは、肝心要は『第一フェーズ』の『巨人』の直接破壊。そしてそれを行うには、汎用はんよう性の高い迎撃オプションを装備することができる人型の『ガンツァー』の存在が必要不可欠だった。


 第一第二『巨人』迎撃には、従来の人類兵器――航空戦闘機などを無理やり宇宙空間に打ち上げて迎撃を行ったが、その結果は無残なものだったと言う。


 人類の力を結集した総戦力は――

 

 文字通り全滅した。


『ガンツァー』が『巨人』迎撃の唯一の対抗手段であり、切り札足りえたのは――『ガンツァー』を製造するための素材に、重珪素『ギガニウム』が使用されている点と、『マキア』の存在が大きかった。


 操縦席周りの素材と機体の装甲材に『ギガニウム』を使用することで、『ガンツァー』は『巨人』接近時でもレーダーの使用を可能とし、通信の切断や乱れを防ぐことに成功し――そして、編成された部隊による迎撃活動を可能にした唯一の兵器となった。


『ギガニウム』を使用した従来型の航空戦闘機なども製造されたが、巨人に接近して破壊する上では、人型の利点と汎用性は計り知れず、こちらの生産ラインは少しずつ縮小していった。


 そして、『巨人』迎撃に不可欠なもう一つの存在――


『マキア』。


『ガンツァー』の操縦に特化するように遺伝子操作を行い、生まれながらの戦闘機乗り――『ガンツァー・ヘッド』である子供たち。

 

 彼らは、生まれながらにインプラントされている『iリンク』よって、それを肉体や感覚の一部として、何の違和感もなく使用することができる。思考、通信、検索、その他の拡張機能の全てを、十全に使いこなすことができる。

 その結果、『マキア』と『ガンツァー』とを『iリンク』で同期させ、肉体の操縦だけに頼らない思考による操縦方法の開発に成功した。


 それが――


『iコントロール』。


 これにより、自分の四肢のように精密かつ柔軟に『ガンツァー』を操縦することが可能となり、人型のメリットを十全に発揮することが可能となった。


 そして、人類はついに『巨人』の迎撃をついに成功させた。

 初の迎撃成功は――


 第四『巨人』。


 これの迎撃成功により、『巨人』迎撃作戦――『ギガント・マキアー』は、少しずつその形を洗練させ、達成可能な作戦へと昇華していった。

 

 しかし、一見達成可能で単純な作戦に見えたとしても、『巨人』迎撃によって出る犠牲者の数は凄まじい。

 直接前線に出る『マキア』はもちろん、迎撃に任務に携わる多くの人類――迎撃支援・援護の『ガンツァー・ヘッド』、航空戦闘機、護衛艦隊など、それらに搭乗する多くの人類が犠牲となる。

 迎撃し損ねた『巨人』の欠片が一つでも地上に衝突すれば、もちろんその被害も甚大だ。人類の大半が暮らす『地下都市』にまで被害が及ばないとしても――『国家救済機関』が見捨てた多くの人類がまだ地上では暮らし、彼らは常に死の危険と隣り合わせで生活をしている。


 旧中華街の子供たちのように。


 そして、僕の知らない国や土地にも、たくさんの地上で暮らす人類が――子供たちがいる。

 

 だからこそ、僕たちは一つの欠片も撃ち漏らすことなく、『巨人』を破壊しつくさなければならない。


 僕たちに、失敗は許されない。

 僕たちは、常に多くの人類の命を背負って空を飛ぶ。

 何度でも、

 何度でも。


 僕たちは、人類のためにこの翼をささげる。

 もう一度、人類が空を見上げてその先に思いを馳せ――


 手を伸ばせるようになるために。



 ――空に。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます