/4 faint.


 賞金稼ぎとして以上にFPライダーとして将来を有望視される<七人の小人>は、エルとマリアージュ=ディルマが引き取って育てている孤児たちだ。この時代においてさして珍しくもない。その幼さの中に確かに窺える走空の才知はふたりが見出したのか、それとも偶然を七つ連続で引き当てたのか定かではない。


 <四子>ファーリンと<五子>ソルディは同い年で、あの森の奥の隠れ家にやって来た時期も近く、七人の中でもことさら仲が良いきょうだいのような二人だった。


 二人は駆動すれば『動く密室』と化すエレベータの『R』……屋上行きのボタンを押すエルを見ながら、同じ感想を二つの口に分けて言った。


「エルってさ」「ブッ飛んでるよね」


「そうか?」


 表情は無いまま揺らした黒髪。どうやら自覚のないらしい父親代わりの青年に対し、今度はエレベータが二人の気分を代弁して閉口する。


 ――重量オーバーには程遠く。状況を考えれば当たり前だが、屋上へ辿り着くまでに各階で停止することを義務付けられたはこはゆっくりと上昇を始めた。



 /


わたくしたちは、楽な時期にカラーズになったものですわね?」


 押し込み強盗のような突入から数分。エルがエレベータのボタンを押した頃合で、階段を昇った先に立ち塞がる隔壁を<末子>シルヴィの仕掛けた爆弾が破壊。口元を手で覆いながらマリアージュ=ディルマはそんな感想を口にした。


 <朱雪姫しらゆきひめ>が火薬臭い煙を纏って躍り出る。感想は全く正しい。武装した賞金首が手に持った軽機関銃を向けるよりもはやく距離を埋める。突然の先行に<小人>たちが反応し、続くよりも早く。


 ぱしん、ぱしん、と二回。リズミカルに鳴り響く音。


「い゛ッ」


「あ゛ッ!?」


 二人の少年はたったそれだけで動きを封殺された。ふぅ、と退な溜息を一回、渦中に行うだけの余裕さえ生まれている。その後でもうワンセット。


「……【二番】があの方たちの椅子になってから、ですものね。の持つ武装なんて、高が知れているのだもの」


 胎児のようにうずくまる二人の獲物――それでも意思が折れずに見上げる視線――を見下ろしながら、彼女は自身の得物をひゅん、と一度だけ振り下ろした。


 ――素振りのソレに、を想起させられた二人の賞金首は、そこで心を折られた。


【大強盗】OZが起こした最初の『事件』。それにより席を奪われた【鉄と火薬の魔女】の、表舞台からの撤退は人々の認識よりも遥かに影響を与えている。


 かつては発注さえあれば『地球の裏側』にだってあらゆる武器を届けた死の商人の事実上の引退で、一番の打撃を受けた勢力はどれか――言うまでも無く、世の犯罪者たちである。


 妙な言い方だが、彼らは犯罪行為に利用するための武装を、【魔女】のサービス無しで都合しなければならなくなった。それをマリアージュ=ディルマは楽だと言い。


 また、そんな物騒な物に頼らなくてもヒトは止められる、と証明するかのような彼女自身の武装だった。


 ――西暦の最先端、二千年台にあってなお、人類は根本的なソレに抗えない。生態系の頂点に立つ霊長であってなお、人類もまた『動物』であると文字通り痛感させる武装。


 彼女の持つに、直接的な殺傷能力は無い。ただ、これで打たれると痛い。のだ。


 ……一度でもしつけで頭を叩かれた犬が、次から振り上がる人間の手に怯えてしまうように。動物である限り、その打擲ちょうちゃくに抵抗できない。一度目で武器を取り落とし、二度目で蹲る。三度目が到来する未来を、受け入れられない。


 そうして鮮やかに無力化した賞金首を追いついた<小人>が拘束する。


 その奥で、エレベータが停止し、ドアが開かれた。



 /


 屋上行きのエレベータが二階で停止する。ドアが開くと同時に、銃弾の雨が出迎えた。当然だ、一階は制圧されているのだから味方が現れるはずがない。


 銃声の中で金属音だけが乱反射する。異常はすぐに見て取れた。


「……な、」


 壁にしこたま銃痕を刻まれたエレベータはだった。


 やられた、と思った時にはもう遅い。後方から転がってくるボールが煙を吹き始める。催涙弾に咳き込む中、今度は<朱雪姫>に先んじて駆け込んだ二人……<三子>ミカエルと<六子>ラインは両手にしっかり握った拳銃でタン、タン、タンと撃ち抜いた。


 振り向き様にくずおれる賞金首たちが見たのは、お揃いの赤いジャンパーでガスマスクを着けた、自分達よりも幼いであろうFPライダーでもある賞金稼ぎ。その後ろで、二階でのリアクションがないため、無人のまま次の階へと上昇を再開されるエレベータの、若干不満そうな軋みが響いた。


「敵影ないよぉ~。二階制圧かなぁ~」


「では次へ。それにしても……あらあら。お兄様も人が悪いですわね」


 無人のエレベータ。兄の立案に付き合うファーリンとソルディに同情するように、マリアージュ=ディルマはそっと苦笑した。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます