#5 Traumend(R)


 ≪Pi。マイスター。ミス・レンゲジからメールです≫


「読み上げて。……レオが一番近いか。レオ、聞こえる? トトはたぶん、次の角を右に曲がると思う。レオはそのまま直進すれば先の十字路で噛み合う……うまくいけばだけど。ドロシー、アリスを任せて大丈夫?」


 ≪Pi。『お師匠様を見つけたら何でも良いので合図を』以上です≫


『了解。だけどよ坊、どうしてトトが曲がるって読めンだ? ……だあぁッ! 付いて来ンじゃねえよクソ帽子屋! お呼びじゃねェにも程があンだろッ!』


『言われなくても相手するけど! ……で、なんなのアリス。また性懲りもなくカカシを狙うって? 良い度胸してるじゃない』


「レイチェル、ハイネに返信を。『了解、ありがとう』って。スズは……うん? んだ……なら任せよう。えーっとそれから、トトか。――レオ、トトが進路を僕の予想通りに行くとビーフシチューのお店があるんだ。それで、


『OK把握した。食い意地張ってることを願うぜ、っと――』


 最上空から場を俯瞰ふかんしていた飛行艇の顎が上がり、更に高く舞い上がる――太陽の光にその姿が飲み込まれると、かつて【翼】の面々でさえ舌を巻いたロールバック。機体は地上を睨み、急降下をしながら……友人の指定通りに、見つけた『標的』に向けて……ヴ――と空転音の後、ヴダダダダダダダ、と低く響くガトリング砲を掃射した。


「――――ッ!」


 瞬間的に目の前に乱立する土柱にたたらを踏んだチャイルド=リカーは即座の判断でテナントの軒下に身を潜ませた。うぉん、と空気を振るわせて赤い飛行艇の影が小さくなる。


「……おれの相手はあの坊主リーダーか? 対空戦はそんなに自信があるわけじゃあ、ないんだがな」


 どうしたものか、と煙草を吸いながら一考する。喧騒に紛れて幾つかの空を切る音――FPの駆動音が聞こえる。それから散発的だが箇所を変えながら届く、派手な銃声……移動している。


「……ま、己の狙いはそっちだよなあ、順当に考えるならば。だが立場上、アレも捨て置けん。やれやれ」


 定めた標的レオの元に行くべきだ、と思いながらも別の連絡――サクライ警部からは『警部補がスズと会敵した』と受けている。現場の指揮権はその警部補にあり、よほどのヘマを仕出かさない限りは彼を中心として包囲を完成させる段取りであろうが――


「若造にはちと荷が重い、か。……スズがまだのが不気味っちゃあ不気味だが……さて。己の弟子はどうカードを切ったかね」


 電話を手に取る。


「……人気者っつーのも困りもんだ、そうだろう? ポイント1588から1600付近だ。今回はそっちを手前様に譲るよ、


『オーライ。あんま羽目を外すなよ!』


「そりゃ手前様の方だろうが。今回の狩りは正式じゃあないんだ。【七番】入りの再来みてえな馬鹿騒ぎすんじゃねえぞ」


『ハイハイ。生徒のがどんなもんか、せいぜい見させてもらいますよっと』


 地面に穿たれた弾痕を見、硝煙も消え失せた頃にチャイルド=リカーは再び日の下に踏み出した。思考の片隅に置いておいたは今度は到来せず――


 どのタイミングで明暗を分けたのだろうか、と。


「……ク。そうかい。それが手前様の切り札ジョーカーか、ハイネ」



 歩道の先で、まるで自分を待っていたかのように立つ――真実その通りだろう、障害の姿を認め、喉で笑いを噛み殺した。


「喜ばしいと思いましたの。偶然の運びというのは。そうでしょう? チャイルド=リカー。たまたま今日、この街に来ていたから、わたくしはあの子の力になれる」


 差した日傘の下で、マリアージュ=ディルマはそっと微笑んだ。


「ウチの弟子が順調に人脈構築していってるようで何よりだぜ、ディルマ。それで? 手前様が己を止めるっつーならまぁ、少しは遊べそうだ。兄貴はどうした?」


「あらあらまあまあ。怖いお顔。わたくし、常々思っていたのですよね。ハイネちゃんは貴方みたいなひとのもとにいては駄目だって。お兄様なら――」


 リカーが言葉を遮るように真横に跳ねる。寸でのところで、元いた場所を通過する光の粉。動かなければ銀色の大十字とそれに乗った黒衣の男。


「いま到着しましたわ? 残念、外してしまいましたわね、お兄様」


「この己に、チャイルド=リカーに不意打ちかますとはよくもまあ思い上がったもんだ。なあ? エル」


「そうだな、少し思い上がっていたと認めよう。完全に見切られるとは……いや、ここは流石、と言うべきだな、<最強>」


 マリアージュ=ディルマの横に降り立ち、十字架を模したFPボードを肩に乗せたエルは、奇襲を卑怯と羞じるでもなく頷いた。


「ふーっ……」


 最後に紫煙を吐いて煙草を落とし、チャイルド=リカーは自らの行く手を阻む同業者に、あらためて問いただす。


「……んで? その<最速>も地上では分が悪いと承知で己の前に立つ理由はなんだ、クリムゾンスノウ。【大強盗】を捕まえたいっつーんなら、分け前は折半になるが」


「嫌ですわチャイルド=リカー? あの方々はハイネちゃんの、未来の獲物なのでしょう。わたくしたちが今追い詰めるというのは、その、大人げないでしょう? 今日は完全に私情ですの。先にも言ったとおり、ハイネちゃんの助力です」


「現状、シナリオとしてはミリオンダラーを巡って、色つきのカラーズが少々揉めた、で済む。まあ私はマリアの我侭に付き合わされているわけだが」


「そうかい。貧乏くじだなエル。同情するぜ」


「それに、私怨も少々入ってますの。ですからどうか、ここでわたくしたちにこてんぱんにされてくださいましね? チャイルド=リカー」


「……ぁン?」


 この二人が蓮花寺灰音の個人的な友人で、同業者――カラーズながら自分の足止めをする理由はもう良しとした。が、リカーとしてはこの二人――もといマリアージュ=ディルマに恨みを買う理由が見当たらなかった。


「ハイネちゃんから聞きましたわ?」


 笑顔の中に、ふつふつと憎しみを沸かしながらマリアージュ=ディルマはリカーの罪状を告げる。


「――あの子に似合う服を。着せ替え人形みたいにだなんて、!」


「……あぁ?」


わたくしがしたかった。わたくしの方がずっと良く着飾れた。チャイルド=リカー。この罪は計り知れませんわ」


「おいエル。手前様の妹、大丈夫か?」


「マリアはいつもの通りだ。苦労をかけるが付き合ってくれ」


「駄目だこいつ。まともなこと言ってるように見えて妹と同じレベルだわ」


「……そういうわけで、わたくしたちが勝ったらハイネちゃんを貰い受けます」


「凄ェな。出したつもりも無ェのに弟子が抵当にかかってやがる」


「代わりに、なんじが我々に勝てば妹を『マリア』と呼ぶ権利をやろう」


「お兄様! それはあんまりですわ!?」


「凄ェな。なにひとつ割りに合わねェ」


 ともあれ、こちらのテンションは下がり、向こうは俄然やる気になったようだ。そこまで込みの采配で【赤】を自分にぶつけたというのなら、弟子は充分に、と褒めてやるのもやぶさかではない、とリカーは思ったが、


「……いや、これは予想してなかっただろうなあ。終わったら、ちと真面目に友人の選び方をレクチャーするべきか」


 ため息をひとつ。チャイルド=リカーは首を鳴らすと、


「良いぜ。茶番に付き合ってやる。己は遊ぶが――手前様たちは本気で踊れよ、クリムゾンスノウ」


 どんな理由であれ、自分の前に立つのならば蹴散らす、と前に踏み出した。


「まあ怖い。――鏡よ鏡よ鏡さん。悪い女王の末路を知っていて?」


「それは悲惨なものだった。赤く焼けた靴を履かされて、まるで踊るように苦しんだ」


「そう、その通り。よ、チャイルド=リカー」


 とくん、と跳ねる心臓。自分たちを『敵』と認めた<最強>。それだけで衰えそうになった戦意を、芝居がかった遣り取りで燃え上がらせる。


 朱雪姫しらゆきひめと魔法の鏡は、童話の一切をぶち壊すような埒外を迎え撃たんと、同じく前に踏み出した。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます