防衛機甲 エクスレイガ

作者 比良坂

54

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

エクス!エクス!
エクスレイガー!

エクス!エクス!
エクスレイガー!

ディフェンダーパンツァー!
エクスレイガー!

無限の宇宙の彼方から
あいつが俺を待っているのさ

誇りと勇気、胸に灯して
熱き魂、胸に感じて

全てを賭けて君を守るよ
鋼の誓い

悪を穿てよ
ルリリアリウムリボルバー!

闇を切り裂け
ルリリアリウムブレード!

エクス!エクス!
エクスレイガー!

惑うな!憂うな!恐れるな!

エクス!エクス!
エクスレイガー!

ディフェンダーパンツァー!
エクスレイガー!

★★★ Excellent!!!

宇宙より訪れる侵略者――

世界を脅かす脅威を屠るは、いつの時代も鋼の巨人であり
強き思いを宿す若者。

相手がどの様な思惑を張り巡らせていようとも、鋼の拳は
弱き者へ不穏を運ぶ者を許しはしない。

正統派――王道――若者の思いと共に巨人が立つ!

熱き巨人の戦いを応援させて頂きます!

★★★ Excellent!!!

 誇り高き異星人達はある日突然、地球防衛軍に「正々堂々」の戦争を挑む。その圧倒的な武力に防衛軍の兵器は悉く破られ、ついには市民が異星人達を支持するようにまでなっていた。
 そんな中、彼らに対抗し得る最後の希望である巨大ロボット「エクスレイガ」が、遂に起動する。だが、そのパイロットとしてエクスレイガ自身に選ばれたのは……戦うことを望まれていなかったはずの、1人の少年であった。
 それでも少年は自ら志願し、エクスレイガのパイロットとして異星人達に挑んで行く。困っている人を助ける――ただ、それだけのために。

 熱く迸るロボットアクション活劇、ここに開幕!

★★★ Excellent!!!

異星から侵略者がやって来た。唯一彼らに対抗できる巨大ロボット「エクスレイガ」は、どうしたわけか民間人の少年を専属パイロットとして認証してしまい……という王道ロボットアクションそのものの導入。エクスレイガに秘められた謎、主人公を取り巻く人間模様、どこか憎めない侵略者たちのキャラクターと魅力にあふれており、これからの展開に期待を持たせてくれます。

★★★ Excellent!!!

 ユニークな異星人と異文化による、滑稽な侵略戦争…しかし、やってる方は大真面目。ついでに言えば、慌てふためく地球人勢力の「やっぱりなあ」と思えてしまうていたらく。そうした中で、主人公の戦いは始まるのです。この異星人、絵に描いたような「悪い宇宙人」として侵略してくるのですが、その心意気や精神構造、なにより彼等彼女等の言う「戦争」とは…!?百聞は一見にしかず、注目作です!オススメ!