第149話 それは流行らないだろ…

 半年ぶりに『彼女』に逢った。

 たまたま和三盆のキャラメルを貰ったので、『彼女』に食べてもらおうと思った。

 ただ逢いたいだけの口実なのかもしれない。


 相変わらずの鼻にかかった声が、懐かしい。


 コンビニで、やたらと買い込む、車の中で溢しながら食べる。

 変わらない。

 タバコも止めれないようだ。

 事前に予想していたので、車を洗車に出した際に車内は後日にしておいた。

 どうせ溢す。

 タバコも吸うだろうから、オゾン脱臭器も買った。


 相変わらず細い身体、思わず抱きしめたくなる…

 それはしないと、事前に約束したのだ。


「なんか懐かしいね」

 彼女が笑う。

(嫌いになれれば…どれほど楽か…)


 コロコロと変わる会話も変わってない。


「地元は祭りだよ」

「うん、今日はヒマかな?」

「どうだろうね、天気が崩れそうだから、多少は混むんじゃない」

「そうかな~」

「あぁ、祭りに行った人から聞いたけど、今年はタピオカの屋台が目立って多いそうだよ」

「あぁ…アレ…なんで人気なんだろうね?」

「さぁ? 見た目気持ち悪いし、僕は飲まないけどね」

「ね~カエルの卵だよね」

「見た目がね、気持ち悪いね」

「……見た目?」

「うん目玉に見えるね」

「あ~解る」

「ゼラチンかと思ったら、芋なんだって」

「芋…なの?」

「うん、そうみたい芋の一種なんじゃないの」

「カエルの卵じゃないんだ…」

「……えっ? カエルの卵だと思ってたの?」

「うん…だから気持ち悪いと思ってたよね…」

「うん…カエルの卵だとしたら…あんなに周期的にブームにならないんじゃないかな…ゲテモノ扱いだろうし」

「だよね…不思議だったんだよね…」



 相変わらずだった…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

BEYOND THE TIME 桜雪 @sakurayuki

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ