第144話 知らないの?

 仕事中にスマホが鳴る……鳴りやまない…しつこい。

 仕事が終わり、スマホを見ると

『通』からである。


(薄々…そう思ってたけどね…)


 掛け直すのを躊躇った…

 また「まだ痛い…」とか聞くのが苦痛だったから。

 完全に仮病なのに。


 家に帰ると、また電話…もちろん『通』だ。

(出たくない…)


 切れて、しばらく…メールで返した。

「今、残業中だからメール入れといて」

 派遣先に残業はほとんどない、当然、嘘だ。

 声を聴きたくないのだ。


 すぐにメールが帰ってきた。

「自動写真機ってどこにあるか聞きたいだけなんだけど」

(自動写真?)

 少し考えた…

「あっ…証明写真のことか」

 一言だけ返した。

「本屋」


 僕の周りでは、大体、本屋とセットになっている…ような気がする。

 そもそも、ショッピングセンターとか、割と目にするとは思うのだが…


「早いな、ヒマだし、明日、本屋行ってみる」


 46歳にもなって、証明写真をどこで撮るのか知らないのか?

 そもそも証明写真を自動写真って…


 何度目の無職だよ…今までどうしてたんだよ…オマエ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます