第135話 冷奴の価値?

 久しぶりに『彼女』さんと食事に出かけた。

「何を頼んだの?」

「忘れた」

「何時に予約したの?」

「忘れた…なんか予約した時点で、満足するんだよ」

(そのままキャンセルしても案外大丈夫なんじゃないだろうか…)


 基本、寿司屋だけあって、魚が美味しい。

 正直、かっぱ巻きを美味しいなと思ったのは初めてのような気がした。

「フグのから揚げ美味しいね」

 珍しく一口食べた彼女、確かに美味しい。

「あの~すいません、冷奴を温めてもらえますか?」

(冷奴を温める? また変な事言い出したぞ…)

「レンジでチンでいいんで」

「……ちょっと確認してきます」

「冷奴、温めるの?」

「うん…あったかいのがいい」

「湯豆腐じゃダメなの?」

「時間掛かりそうだし…メニューにない」

「そう…」

 とりあえず冷奴をチンした豆腐は無事に運ばれ

「美味しい」

 彼女は満足なようで、おかわりしていた。


 ノドグロの塩焼き、カニの握り、それなりのお値段のお店だけあって美味しい。

(パックの寿司とはレベルが違う…)


 一通り食べ終えてメニューを眺める彼女

「あのさ、このカワブタってさ…」

「フグね、河豚と書いてフグ」

「あっ…フグなんだ…河豚で…また(小説に)書かれそう…」


(河豚より…冷奴のチンのほうが僕的には…)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます